意外に発見のある、普段はあまり見ない裏ラベルについて

お勉強のために、リプトンのイエローラベル ティーバッグを買いました。
これまでパッケージを見かけたことはあったけれど、たぶん買ったの初めてです。

IMG_4954.JPG

ところで、紅茶を買ったら、裏のラベルを確認してみて下さい。
原産国名が記載されています。
イエローラベルの場合は、「ケニア、スリランカ、他」と記載されていました。
この表記から、複数の国の紅茶をブレンドしているのが分かります。
量についても、記載順のケニアの紅茶の割合が一番多くて、その次がスリランカ。

ちなみに、Wikipediaによると紅茶の生産量、国別だと、一位がインド、二位がスリランカ、三位がケニアだそうです。中国は茶種別の統計がないそうで、おそらくインドとスリランカの間にはいるそうな。

いつも飲んでる紅茶がどのくにで作られたものかを知りたくなったら、裏ラベルを見て下さいね。
新たな発見があるかも知れませんよ。

では、また〜

よかったら、同じと思ってたら、それぞれ個性ってあるんですね!をどうぞ。
ブレンドについて書いたお茶の名前…自分の場合もいかがでしょうか。

筆者個人のイベント予定 筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定