「お湯」タグアーカイブ

ポットが風邪をひかないように

寒さが増してくる今日この頃。
お茶ライフ楽しまれてますか~

紅茶を淹れるときの小道具として、ティーコジーというのがあります。
ポットの帽子とか、お布団とかいう人もチラホラ。

ポットが冷えないようにする道具です。

紅茶は、ぐつぐつの沸騰したてのお湯を使っていれる方がおいしいと言われます。
なので、予めポットにお湯を入れて、ポットを温めて。
そのお湯を捨てて、そのあとに紅茶のお茶っ葉をいれた後に、沸騰したてのお湯をいれて。

冬だと室温が低いので、ポットが冷めないようにティーコジーして。
夏だとクーラーの風で、ポットが冷めないようにティーコジーして。

筆者は、紅茶を淹れるとき、沸騰したてのお湯をポットに入れたら、常にティーコジーをします。

お茶っ葉からおいしい香りや味の成分が出てくるまでの数分、ポットが冷めておいしい成分が出にくくならないように。おいしくなーれ!って感じでしょうか。

そう言えば、どこで聞いたんだか
「ポットが風邪をひかないように、ポットにティーコジーをしてあげましょう」
という言葉がありますね。

テーブルが華やかになったり、彩を添える小道具なので、上手に使いたいですよね。

では、またっ!

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

飲み頃という、たのしみ

日が沈むのが早くなって、暗くなるの早くなってます。
寒い日が増えてきて、木々の紅葉も進んでますね。

暑い夏が過ぎ、涼しい秋、そして寒い冬が来る。
おいしいと感じる食べ物や飲み物も、季節が変わると旬が変わってゆきます。

いろいろあるお茶でも、淹れた後すぐに口にしておいしいモノもあれば、少し間をおいておいしいモノだってあります。

比較的上等な煎茶というのは、湯冷ましというお湯の温度を下げる操作をして、時間をかけて淹れます。

深蒸し茶。湯冷ましを使って淹れました。

お湯呑みに淹れた段階では、猫舌の人だと、ほんのちょっと熱めくらい。
だから、猫舌の人は警戒して冷めるのを待ったりしますけど、待ちすぎると飲み頃を過ぎてしまって。。
一番おいしいタイミングを逃してしまうことも。

外ぱりっ、中ふわっのタコ焼きとウーロン茶。

おいしいモノはおいしいときに戴きたいモノですね!

白いビールとフライドチキン。配布が始まったばかりの谷町六丁目駅周辺のお店めぐりマップ「からほりらへん」と一緒に。

ビールを含めたお酒もしかり、食べ物との組み合わせも、そして友人とだったり、一人の時だったり、そのときそのときでしっかり楽しめるといいなぁ♪と思います。

ちょっと珍しく連日ビールを飲んだので、さくっと、お茶の飲み頃について書いてみました。

では、またー

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

やわらかい、やさしい、心地

ずいぶん冷え込む日が増えてきました。
もう冬は間近ですね。

ふと冬のお茶って、どんなのだろうと疑問が浮かんで。
冬に飲むとたのしい手持ちのお茶から探そうと思いつきました。

なんとなく、ほうじ茶かな。
そしたら、お茶の供はお餅かな。

ほうじ茶でも、ラテはどうだろう?
沸騰したお湯にお茶っ葉を入れて、少し煮出した後に、ミルクを入れて。
やわらかい、やさしいお味でした。

紅茶で作る煮出し紅茶のミルク割りのチャイより、やさしい感じ。
癒し系というところかな。
より癒されたかったので、干し梅でも。ええ感じでした(^^)

ぜんざいと嬉野茶というのも、善き哉よきかな〜

よかったら、皆さんも冬のお茶探してみませんかー♪

しぶみって、にがて

とあるアンケートで紅茶の苦手なとこ、第一位に渋いことがあげられたそうです。

紅茶のいいイメージは、香りがよい、華やかということでしょうか。

とある老舗紅茶屋のマスターは
「(赤)ワインがいい。紅茶とワインにはタンニンが入っているからね」
とおっしゃられていました。タンニンは渋みの成分ですね。

赤ワインにチーズは、イメージしやすそう。
でも、紅茶にチーズは、イメージしにくいかな。

紅茶だって、渋いのあったり、あまいのあったり、香ばしいのあったり。
何となくシチュエーションにあったのを選べないといいイメージを持ってもらえないような気がします。

沸かしたてのお湯とポットで淹れる紅茶。鍋で軽く煮出した紅茶。
同じ茶っ葉でも渋みは違って、一方はケーキに似合いそうな、もう一方は食事時に似合いそうな。

なんだか、一言で言えない世界だと思うんですよね。

うだうだと書いてますけど、単純にオイシけりゃ、それでいいやん。

とあるクラフトビール屋さんから持ち帰った黒糖スタウトとウインナー。適度な苦味がよかったです。

お茶を淹れる人としては、美味しいと感じてもらえるように出せればよいなぁと思います。

「お茶って、どういう淹れ方してもあまくなるのあるのよ」

お茶をそんなにたくさんの種類を飲んでいないときに聞いて、
<なんじゃ、そりゃー!>
と思ったものです。

よかったら機会があれば、いろんなお茶飲んでみてください。
たぶん、知らなかった面が見えてくると思いますよ。

単純なのに一通りじゃない

紅茶をいれる準備をしてます。
いつもは、ポットを使ってするところを気分を変えたいから、手鍋にお湯を沸かして。

グツグツ、グツグツ。
音のなる鍋に、細かいお茶っ葉のプライドオブスリランカをバサッと投入。

10秒ほど、火をつけたままにして、火を消して。
茶こしをポットの上にセットして、鍋の紅茶をポットに。

インド産の茶こしに、茶葉の山盛りができて、なかなか見ごたえがありました。
山を間違って崩しちゃうと、ポットの中に茶葉が入るので、くずさないように、くずさないように。

そんなこんなをして、やっとティータイム。
ゆるゆるする前の下ごしらえ。

ポットでするときとは、手順が違うし、濃さもどうかなぁと思ったんだけど。
まぁまぁ、いい感じでした。

たまには、違ったやり方で淹れるのも、悪くないです(^^)
では、また~

ほうじ茶、煎り煎り

緑茶を煎るとほうじ茶になるって、知ってました?
そういえば昔は、ほうじ茶って、そもそも飲まないので、どんなものかを知らなかったような。

ここんとこ、ちょっとしたキッカケでほぼ毎日、ほうろくで緑茶を煎ってます。

茶香炉も出してきて、緑茶を二種類載せてみたら、香りが違うことに気づいたんですよね。

じゃぁ、手持ちの緑茶をざっくりいろんな種類を煎って、どういう香りになるのか、お湯を注いで、お茶にしたらどんな味になるのかを楽しんでるんです。

ほうろくっていうたった一つの道具だけれど、ちょっと新鮮な気分にさせてくれます(^^)

あ、ちょっと古くなったお茶は、ほうじ茶まで煎らなくても、軽くあぶるくらいでも香りが少し復活するんですよ!
ほうろくなくても、フライパンでも火加減うまくやれば試せるので、気が向いたら、どうぞ。

では、また〜

どうやってさがす

あなたは、何かに興味を持ちました。
どうやって調べますか?

知っている人に聞く。
図書館で調べる。
本屋で関連書籍を見てみる。
ネットで検索する。

とかが浮かびそうです。他にもありそう。

自分がお茶に興味を抱いた時にやったのは、歴史の深そうな店や地域に行く。
マニアックな情報が集まる場所に行く。

2013.2.2、京都府宇治市宇治茶会館にて。

茶の木がみれるところに行く。

京都府相楽郡南山城村、農産物直売所裏らへん。

自分でも、何かやってみる。

お湯とお茶っ葉と急須で淹れたお茶と、村人刻印のほうじ茶どら焼き、バックは茶の木で。

たぶん、そんなところだったと思います。
自分にとって向き不向きがあるだろうし、時間やお金と相談の部分もありますよね。

難しいなぁ、よりこれなら出来そうかな、を進めていくと着く先が変わってゆくかも知れませんね。

ゆらゆらと書いてみました。

では、また〜

美味しいのんが入るとうれしい

お茶は、毎日何かしらをたいてい淹れます。
試しで淹れるときもあるし、普段使いのものもあるし、実家にしか置いてないものというときもある。

特定の場所で、このお茶飲むと美味しいなぁと思うときもあり。
お茶っ葉の種類や、使うポット、お湯を入れてから抽出するまでの時間がだいたい同じでも、場所によって味の感じ方が違う気がする。

頭の中に何かそういう仕組みが入ってるんでしょうか?

実家で久々に、自分一人のために実家に置いてる紅茶淹れて飲みました。
おいしかった(^^)v

では、また〜

時が過ぎれば、、

お茶を買う。
どんなお茶か、袋を開けて、中をのぞく。
お茶っ葉を出して色や形が香りを確かめる。
ポットや急須を使って、実際にお湯を使っていれてみる。

お茶は、封を切ったら空気に触れるから、香りが袋から逃げはじめる。
封を開けると入ってくるのに、湿気がある。
お茶は乾燥しているから、湿気を吸ってしまう。
香りの強い物が近くにあると、その香りも吸ってしまう。

さぁ、ということは、封を切って、時が過ぎてゆけば、最初とほんの少しずつ変わってきて、もっと時が過ぎれば、ずいぶん封を切った直後と違ってても可笑しくない。

だから、早く飲んでね!とか、香りの強い物の近くにおかないでね!とか、温度が高くて湿気てるところはさけてね!とか、そういう趣旨が袋に書いてある。たいていは裏に。

時たま、お茶の袋、見てみてくださいな。
たぶん、発見あると思いますよ。

では、またー