「和菓子」タグアーカイブ

お茶はやっぱり、まず飲むところから〜日本茶インストラクター協会大阪府支部のイベント「茶遊招福」〜

昨日は、日本茶インストラクター協会大阪府支部のイベント「茶遊招福」でした!

場所は、大正駅と芦原橋駅の中間くらいの川辺。

入り口は、こんな感じでした。

受付のすぐ後ろの控えの間では、三種類の暖かいお茶をご用意。
加賀棒茶、ベルガモット緑茶、日本茶AWARD受賞のほうじ茶。

会場がどの駅からも少し離れた場所なので、まずあったまっていただけますように…

開始時間になると、各ブースをひとつづつ巡っていただくスタイル。
三つのブースがあって、和菓子の州浜づくり、お茶クイズ、マイ大福茶づくり。

州浜って、きな粉のお菓子の造形の凝ったので、実は筆者はめっちゃ好きなんです。

でもスタッフなので、楽しそうに作っているのを眺めてました(笑)

お茶クイズは、講義というか講座形式で、意外と知っているようで知らない知らないお茶にまつわるクイズを出題されていて。
硬水、軟水、お水の違いを見せるのに、ガラスの急須を使われていて、見てておしゃれやな〜と思いました。

筆者がスタッフで参加したマイ大福茶は、こんな感じ〜。

締め昆布、梅干し、金箔のトラディショナルなトッピングをアレンジして12種類の入れるものをご用意して、ご自身だけのマイ大福茶を作成していただくというもの。

いわゆる女子力たかいブース。

でもスタッフは全員、男性(^^;;

ちなみに、えべっさんの熊手も飾ってありました(^^)

ところで、筆者は今年度から、つまり2017年2月くらいから準備を含めて、役員でやってます。
なので、大阪府支部のイベントがあると、極力スタッフで参加してます。

日本茶インストラクターの大阪府支部では、今後も楽しい企画を計画してます。
フェイスブックの日本茶インストラクター協会大阪府支部を「いいね!」か「フォロー」かしていただけると、情報キャッチできるはず〜

州浜とお煎茶。黄色はノーマル、茶色は香ばしいほうじ茶、濃い緑はお抹茶味。種ノ箱にて。

最後の写真は、昨日のスタッフみやげ、州浜。
宇治ツアー企画のお土産、宇治木幡の松北園さんのお煎茶。
宇治ツアー企画で訪問した朝日焼さんの湯飲み。

おいしく、たのしく、飲んでいただきましたっ!
ごちそうさま(*^^*)

では、また〜

餡は、どっちにします?小倉こし餡と黄味餡。お茶は、どうしよかな〜(^^) #お茶の時間 #饅頭 #和菓子 #おいしい #たのしい (Instagram)

餡は、どっちにします?小倉こし餡と黄味餡。お茶は、どうしよかな〜(^^) #お茶の時間 #饅頭 #和菓子 #おいしい #たのしい (Instagram)

和菓子にふれて、見立てて、たのしむ

9月に入って、朝晩は涼しくなってきました。
種ノ箱にいて出窓を開けていると、露地から気持ちのいい風が吹き込んできます。

秋ですね〜

秋と言えば、なにを思い浮かべますか?

食欲、芸術、スポーツ、レジャー、、でしょうか。

先日、イベントで和菓子を取り上げたのですけれど、上菓子(生菓子の意匠凝ったの)は、いろんな形とか色とかひねりとかあって、見てて楽しいですよね。

白いお饅頭の真ん中にへこみがあって、そこに赤い点が打たれているお菓子をえくぼって言ったりして。

お月さんをみたからかもしれないし、おいしいもんを食べたいと思ったからかも知れないし、両方という気もしなくもないんですけれど。

白い丸い素焼きのほうろくで、炒り立てほうじ茶を。

お茶のおいしくなる季節がやってきましたよ〜♪
皆様、ほどほどにお楽しみください(^^)

では、また〜

よかったら、「うん、お茶のイメージって様々だな~♪」はいかがでしょうか。

和菓子を食べて、名前を当てられますか?

小さな集落で、人の名前を覚えるのは、たいへんじゃなさそうです。
だけど、都会の小さな町だったりしても、そこに住んでる人の名前を全員覚えるのは、たいへんそう。

さて、昨夜はまちライブラリー@もりのみやキューズモールで、木曜日にお茶を飲もう♪というお茶のゆるいイベントをやってました。
毎月一回どこかの木曜日に、お茶にまつわるテーマを設定して、お茶を飲みながら、おしゃべりしようというもの。

さて、ここでおさらいです。
まちライブラリーは、本を通して人と知り合うがテーマの私設図書館の取り組み。
まちライブラリー@もりのみやキューズモールは、まちライブラリーの一つで、もりのみやキューズモールBASEという商業施設の中にある、まちライブラリーです。
筆者はイベントがやりやすいのと、お茶の機会を少し見えるようにしたいので、定期的にまちライブラリー@もりのみやキューズモールで「木曜日にお茶を飲もう♪」を開催してます。

今回のテーマは、和菓子とお茶でした。

和菓子、みなさん好きですか?
筆者は、大好きです。

お気に入りのお店とか、あったりしません?
カステラだったら、この店とか。
羊羹だったら、この店とか。

和菓子の歴史の本に、江戸時代に武士の中で、お菓子を贈る風習があったそうで、鈴木なんたらさんの羊羹が上等でとっても評判だったそうです。
贈り物の定番だったとか。
ある武士が鈴木なんたらさんより安いところのを贈ったら、贈り先から、なんたることか!これは鈴木なんたらさんのと違うではないか!という感じでお叱りを受けたそうな。

お菓子の味にうるさい話として、紹介されてたんですけど、これって、そうとう羊羹食べてて味を覚えてるってことですよね。

実は、というか多分想像つくと思うのですけれど、お茶のたくさんあります。
その中から、どこの誰々さんがわかるのは、手練ですよね。

たぶん、どこの世界にも手練はいて、カテゴリーの中をたくさんの種類の違いがわかるくらい回数を経験してる。

そんなことを思いました。

本でも、そうなんでしょう。
たぶん。

では、また〜

場所に似合うってこと

もう随分前になっていて、あんまり実感がなくなっているのですが、今って大学受験シーズンなんですね。

昨日、まちライブラリー@OIC(立命館大学茨木キャンパス)に本を返しに行ったら、こんな看板が立っていました。

IMG_4697.JPG

福袋で借りた本が、フィンランド高校留学した方の本「青い光が見えたから」で。高校に入るまでから高校を出るまでの内容、つまり最後らへんは大学受験に関する内容もあったりして、えらくタイムリーで。
昨日の受験生たちの中で、もし、このキャンパスに来ることになったのなら手にしてほしい本かもしれないなぁ。
(あ、でも本当は中学生にお勧めの本かも。。。)

種ノ箱は、長屋を改装した建物の中にある畳のある和室の空間。
うーんとやっぱり、日本茶と和菓子が似合うんやろうか?

そんなことを考えてしまいました。

ところで、種ノ箱から歩いて10分くらい北のところにあるまちライブラリー@もりのみやキューズモールでは、もりのヤミーブックスという企画をされています。
福袋の発展版みたいなもので、どんな本が入っているかわからない、少しだけヒントの紙が添えられています。

IMG_5288.JPG

良かったら、見てみて下さい。
2月のテーマは「あまい・にがい」。
お茶好きさんの視点で言えば、これってお茶のこと?とか思っちゃいました。

それではまた~

よかったら、しぶみって、にがてはいかがでしょうか。
にがいにふれた実は、知らなかったりする、お抹茶のふるいも、どうぞ。

お茶を軸に、お菓子を軸に

お茶好きさんは、お茶を軸に、お菓子とかフードの組合せを考えて。
スイーツラバーは、お菓子を軸に、お茶の取り合わせを考える。

たぶん、どっちもありで、どっちかしかないわけじゃないけれど…

洋菓子も、和菓子も大好きなので、そっから紅茶、日本茶に興味を持ってお茶淹れるようになった処があるんです。
でも、お菓子ばっかりじゃ楽しくなくて、お茶の香味そのものに興味が出てきて、どんどん知りたい種類が増えていきました。

このお茶だったら、このお菓子似合うだろうな〜♪
このお菓子だったら、あのお茶絶対似合いそう!(^^)!

そんなことを考えたのは、トーストにブルーベリージャムを塗って、アッサムティーを濃いめに淹れてミルクティーにして、トースト食べた後にボルボローネとミルクティーで食べてたら、このお菓子あのお茶と合いそう!と思ったから。

719a7db7-82d4-4bed-ad24-4cb051a918f4

アッサムティーを飲みたいからブルーベリージャムのトーストにして、ボルボローネをおいしく食べたいから、別のお茶を淹れる。

ぐるぐるぐるぐる、止めなきゃ止まんないだろうなぁ。

と、変なことを考えたのは今朝です。

ところで、イチジクは、地元の名産なんです。わたくし、羽曳野市出身です。

すてきな一日でありますように〜♪

よかったら、木曜日にお茶を飲もう♪(アッサムティー)を振り返ってをどうぞ。
朝食の飲み物もいかがでしょうか。

久々に実家で、お茶いれ

お茶するのに、なにも大変なことは無いはず…
と思っていました。

でも、落ち着かないことがたくさんあったら、実家でお茶いれることもしばらくなくて。

これは、なんとなく少し落ちついてお茶したくなったから、淹れたお茶と、昔から何かあると買う地元の和菓子屋さんのわらび餅。

bc70793d-a094-49c4-b203-9cba9707cde7

蜜をかけすぎて、「蜜に溺れるわらび餅」になってしまってる。

美味しくいただきました。

こういう時間が持てるようになるのは、美味しくお茶を淹れられるようになった効能かも知れませんね〜(^^;)

では、また!

start、はじまり、始

そもそものキッカケって、なんだろう?

お茶を淹れ始めたキッカケは?
ミルクティーの方が好きなキッカケは?
ハーブティーを飲むキッカケは?

ひとつひとつ紐解くと、お茶を淹れ始めたキッカケは、お菓子がスキで、ケーキがスキで、洋菓子和菓子問わずスキで。でも、甘いものばかり食べられないから、お茶もやってみようと思ったわけで。
コーヒーでなかったのは、当時コーヒーは苦手だったから。
今は飲めるけれど。

ミルクティーの方が好きなキッカケは、やっぱり飲み物といったら、牛乳しか飲んでいない時期が結構長かったからじゃないかな。
ミルクを入れない紅茶はストレートティーというのだけれど、それよりミルク(牛乳)の入ってる方が好みなのは。

ハーブティーを飲むキッカケは、たぶんお茶色々あるって思って、どんな飲み物?どれくらい味の幅があるもの?と思ったはず。
一時期、とりあえず手当たり次第試してたから。

f782863d-ea48-40b4-8d40-8d014e22b48d
かんじクッキー「始」と、ローズヒップ&ハイビスカスのハーブティーとミルクティー。 #かんじクッキー #ことばをたべるカフェ #みずうみ

はい、「始」という漢字クッキーを食べるのをキッカケに、ふと湧いた疑問を書き出してみました。

「大きな石を、みんなで動かしてみる。」

はじまりは、ひとつキッカケだけではなく、周りの影響もふんだんに受けていると思います。
上で書いた僕の記憶は自分一人だけに留まっているけれども、書いていないところで周辺の人から多大な影響を受けてる。

そんなことを想ったのでした。

美味いチョコケーキに飽き足らず、きな粉のよもぎ餅に手を出す。美味しいからシアワセ(*^^*) #お茶の時間 #和菓子 #よもぎ餅 #深蒸し #煎茶 #鹿児島 産 from Instagram

美味いチョコケーキに飽き足らず、きな粉のよもぎ餅に手を出す。美味しいからシアワセ(*^^*) #お茶の時間 #和菓子 #よもぎ餅 #深蒸し #煎茶 #鹿児島 産 (from Instagram)

妹が店名を当てた和菓子と僕が道で当てた日本茶屋さん本店のお茶。 #お茶の時間 #和菓子isshin #京都瑞松園 from Instagram

妹が店名を当てた和菓子と僕が道で当てた日本茶屋さん本店のお茶。 #お茶の時間 #和菓子isshin #京都瑞松園 (from Instagram)