「器」タグアーカイブ

器から誘発されるモノ

とある居酒屋で、白ワインをオーダーしたら、焼酎の水割りに使われそうなグラスで出てきて、ズレてるなぁと思ったのが、最近。

ちょっと前に日本茶インストラクター大阪府支部の宇治ツアーの時に訪ねた朝日焼さん。
そこで、黒光りのする小さな湯飲みを入手して。
やっと使ってみてみたら。

不思議な感じがするんですよね。
煎茶を飲んでるのに、少し洋風な。

形が煎茶でよく使われる形じゃなくて、何となく小さなワイングラスのような手触りがあって。

日本茶の世界にも、海外のデザイナーさんが関わったりすることで、こういう新しい風がもたらされるのかも。
何となく、そんなことを思ったのでした。

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

とって

お家の扉は、ノブですか?
引き戸ですか?
自動というのもあるんでしょうか。

扉と手の近さが、開け方によって違うよなぁなんて思います。
なんとなく引き戸の方が、ダイレクトというか繊細というか。

お茶を容れる器の湯飲みやコップ、取っ手のないの、取っ手のあるのがあります。
材質にもよるんだけど、温度の伝わり方がジワッとくるのと、全くこないのと、熱ってなるのと。

持ち方を工夫したらオッケーな時もあります。
猫舌だからか、熱いもの持つのも苦手なんですよね。

あったかいお茶が少しずつ美味しくなる季節です。

ちょっとのんびり、お茶でもすすりたいかも。
ゆるゆる出来るのもお茶のいいところ。

では、また!

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

この子、どんな子?

飲んだことのないお茶をいれるとき、どういうことをするかというと。

袋に鼻を近づけて、今までに飲んだことのありそうな香りか、確かめて。
袋からお茶っ葉を出してみて、どんな色や形状をしているかを見て。
お茶の種類に見当を付けて、茶器を準備して、実際にお茶をいれてみる。
液体になったお茶の色を見て、飲んでみて、香りや味などを感じる。

お茶の性格、キャラクターを調べてる。
子供だって、色んな性格してるし、大人に至っても同じで、より年齢が上でもたぶん同じ。
お茶の特徴を、人にたとえる人もいたりする。「かわいいアイドル」とか。

この子、どんな子がわかっても、ちょっともう少し考えないといけないことがあって、隣にどんなパートナーがくるかで、見え方も違ったり。
パートナーは、お菓子だったり、ご飯だったり、景色だったりするのかも。

それに、お湯の温度とかお湯を注いでから器に注ぐまでの待ち時間の、ちょっとした機嫌みたいなので、かわったりするところがあるから困りもんかも。

繊細なのとか、おおざっぱなのんとか、色々あります。
そういう目で、お茶をみると、ちょっと笑えてくる世界だと思いませんか〜

おいしく楽しいお茶に出会えますように(^^)

では、またー

一つ、二つ、三つ、たくさん

前回は、飲む時に使う器の大きさ話を書きました。
言い方を変えると、一杯分をどのくらいの区切りで飲むかという話。

一杯だけで十分という時もあります。
また、時間に余裕があるしもっとゆっくりしたいというときもあるから、もっと飲みたいもあるんじゃないかと思います。

一杯分の準備と二杯分準備と三杯以上の準備は違うから、たぶんお茶を淹れる前に、どういう準備をしようというのが変わってきます。

何杯飲む分からない時は、ややこしくなるから、何煎も飲める煎の効くお茶を初めから選んでおくというのも一つの方法だと思います。

半発酵茶は、煎が効くことが多いので、そういうときに選んでます。

ご参考までに(^^)

では、また〜

サイズを変えてみたら…

お茶を飲むとき、どんな器でお茶を飲みますか?

手のひらより、大きいのですか?
小さいのですか?
同じくらいというのもありそうですね。。

器の大小で、お茶が入る量が変わります。

いつも使っている湯飲みとかコップを、小さいのや大きいの、サイズを変えるだけでも、感じ方が違って、満足感も変わったりします。

さて、日本茶専門店で、小さな湯飲みを見かけられたことがあるでしょうか?

高級な緑茶になるほど、小さな器で少量、濃い目のお茶を戴きます。
小さな器で頂くから、ほんのちょっと喉を潤すだけ。

それでも、ちょっとずつお茶を、舌の上で転がすように、味や香りや風味を楽しむ飲み方をすれば、味わいが深くなり、満足度が少し上がるような気がします。

ということは、大きな器で飲むときの飲み方と、小さな器で飲むときの飲み方が違うのかも。

大きな器だとグビグビ、小さな器だとチョビチョビ。
たぶん、そんな飲み方、お茶マニアになる前はしてなかった飲み方を今ならしてるような気がします。

今回は小さな器中心で書いてみました。
頭の中で、なぜか大き目のマグでチャイが飲みたいなぁ、早く涼しい季節にならんかなぁとか思ってます。

湯飲みとかコップの大きさを変えるというのは、ちょっとしたことなんだけど、意外に面白い要素が含まれているのかも知れませんね~

では、またー

冷茶からムジカティー

一昨日は、日本茶インストラクター協会大阪府支部のイベントでした。
スタッフをしてました。

ac039c27-e076-48b2-b026-a162524208b7

冷茶総選挙と銘打って、冷たい色んな日本茶をガラスのボトルタイプの容れ物に入れて、10種類。
なかなか見てるだけで壮観です。

658283ea-e401-437e-9c39-4c4ed3835e03

役員が変わったので、このメンバーでやる初めてのイベントです。
会議で企画を話し合いながら、みんなで作っていって、実際に実施すると結構楽しかったです。
(今更ですけど、一人ではできない企画だなぁ〜と、しみじみ感じてしまいました)

参加された方に、お好みのお茶へ投票していただきました。
結果は、こちらです。なかなか興味深い結果でした。

さて、会場が自分にとって久々の場所で、かつムジカティーの関係の深い日本茶屋さんの隣だったので、社長さんにご挨拶にいったら、堂島ムジカの面影がたくさん残る棚の写真がバーン!と張ってありました。

0e76dfd3-cd04-422f-a08a-3c4422bccbb7
そのものの写真を撮り忘れ。左下ぐらいに日本茶屋さんの本店の写真が張ってありました。

日本茶屋さんの本店の改装の際に、堂島ムジカの棚を引き取られたそうです。見ていて懐かしくなりました。

と言うわけで。。。
次の日は、もっと久々の芦屋のムジカティーに。

1041fde0-7960-4bef-8306-164e2fe30fbd

お店の中を見回すと、やっぱり堂島ムジカにあった物に、目が留まってしまって、
「あっ、これは、あそこにあったのや」とか
「あぁ、サーメット(野外湯沸かし器)こんなとこにおいてあるんや」とか。

2d0ce5cf-420c-4217-8f7e-da948cf34687
堂島ムジカの窓側にあった椅子。
68d8ecdc-4f32-48e6-be3f-9d5e8bde3816
うす緑の円柱がサーメット。

 

f8b63c16-7c7e-4066-89c5-aa54562d231d
先頃、スリランカに行かれてたそうです!

気になった紅茶を買ってきたので、なんかお茶会やると思います。
よかったら、種ノ箱にお越しください。

まだまだ暑い日が続くので、体調にはお気をつけくださいませ。

では〜

関心⇄楽しむ(受け身。主体的。)

お茶に関心があるとお茶を楽しむのは、たぶん違うと思う。。

関心は受け身っぽい。
楽しむは攻めてる感じ。こっちの方が、主体的。

受け取るものが多ければ、主体的にできるんじゃないかな。
例えば、お茶の種類こんなにあるんだよ!とか、お茶いれるのこう変えたらどうかな…とか、器の取り合わせで気分が変わったり香りも味も変わったり、季節の楽しみ方もあったり、などなど。

IMG_6836.JPG

これがええねん!となったら、楽しんでるんじゃないかな。

そんなぼんやりしたこと、考えたので、書き留めておきます。

お茶の楽しみ方を発見する旅に出る「ちがえて学ぶ、ゆうたり茶の間」、はじめます

先日、地元の知り合いと始めたお茶の勉強会を終えました。
ひと月に一回、全部で12回。つまり一年間。

それぞれが持ち寄ったお茶を僕が解説をしながら、淹れてゆく会。

自分が用意するお茶だけではなくて、他人が持ってきてくれるお茶やお菓子。
それぞれ人の色が混ざり合って。ずっと、そんな感じで続けていきました。

一つやれば、新しい関心だったり、お伝えしたいことが出てきて。
12回やって、他にもできるネタはあったんだろうけれど、集まった人たちの関心の高い内容だけやっていったから、ある程度やり切った感があります。

終わってから、何度も振り返っていました。
何があったんだろう、どういうことがこれでやれて、次に何ができるんだろう?と。

そうやっていたら、見えてくる景色というか、ぼやけていた自分のやり方が輪郭を持ち始めました。
お茶に対して色んな実験というか、試みを行って、違いを見て、覚えていくという学び方で、お茶の楽しみ方を発見する旅をしたんだなと。

お茶の勉強会では、基本的に飲んで、どう感じますか?というそれぞれの感じ方を問うことから始めて、香味の解説をやっていくようにしました。

急須の素材の違いもやりました。飲む器の違いもやりました。もちろん、お茶の種類の違いも。

たくさんの違いを体験してもらうことで積み重なった経験が、勉強会に参加してもらった人のお茶ライフを楽しく、結果的に幸せな生活に結び付くといいなぁと思っています。

どれだけやっても、ネタが尽きなかったので、普通に講座というか勉強会というか寄合というか、そんな内容でできる自信を持てたので、種ノ箱で「ちがえて学ぶ、ゆうたり茶の間」をはじめます。

ちなみに、地元の知り合いと始めたお茶の勉強会の最終回は、和紅茶(国産紅茶、日本で栽培された茶の木から製造した紅茶)の飲みくらべを行いました。

03303cc5-0de6-49f9-9d03-6a905261b8ae
最終回は、ちょっと特別。いつものように、お菓子を持ってきていただいて、お茶が珍しく僕が用意したものだけで。
IMG_2443.JPG
ポットから一杯目の紅茶。
IMG_2444.JPG
ポットから2杯目の紅茶。色が濃くなっているので、お茶としても濃くなっているのがわかる。

正直に言って、和紅茶というものがこういうものです。というのが、非常に難しいです。
12回目にやって、なんとなくお見せできたんじゃないかというくらいに。

どのテーマの会から参加しても、来られた人に合わせて内容を変えてゆきます。
なので、一回として同じことにはならない。

一期一会なんでしょうか。それも、僕のやり方。

宜しければ、ご参加いただけると嬉しいです。

みつど、こいあわい、つよいよわい

濃淡と強弱と。

イベントとかで対面で直接お話しする場合とは違い、ブログではお茶の印象を強くしないように書いていました。でも自分で作ったサイトなので、たまには濃ゆく書いてみてもよいかな。

お味噌汁を作るのに、お味噌をたくさん入れれば濃くなって塩辛くなってしまいます。少なければ薄くなって、味がないなぁと思ったり。
ざっくり分析すると、塩の味を感じる口の中のセンサーがたくさん塩を感じるか、そうでないかによってます。

お茶の話に置き換えてみます。
お茶っ葉の量と抽出時間とお湯の量とお湯の温度で、濃淡が左右されます。

う~~ん、お味噌汁のお味噌よりお茶は、めっさ要素が多いですねぇ。
ここはばっさり、濃いか薄いかで考えてみます。

お茶が濃い場合は、含まれる成分がたくさんお茶の液体の中に溶けている状態。
濃ければ濃いほど、口の中のセンサーが成分をたくさん感じてる。

さて、ここで質問です。
「心地よく感じる濃さって、どういう状態って?」

大きな湯呑みで一度にたくさんの量を飲む場合と、
小さな湯呑みで少ない量をちびちび飲む場合と同じ濃さだったりしたら。

結論から書くと、たくさんの量を飲む場合を想定した濃さで、小さな湯呑みで飲んでも美味しくないです。
逆も同じで、少ない量をちびちび飲む場合を想定した濃さのを、大きな湯呑みで一度にたくさんの量を飲んでも、濃すぎて美味しくない。

器の大きさとお茶の濃淡の関係を書いてみました。

お茶の細かい濃ゆい話を書いてみたのですけれど、後味はどうでしたでしょうか(^-^;)

5f8a720a-d3e8-4258-969c-53155bf4b249

写真は、同じお茶を小さな湯呑みと大きな湯呑みにそれぞれの大きさに似合う濃さでいれたもの。飲んでみて、どちらも美味しくはいったので自分としては嬉しい♪

[使い方紹介] わたくし宝(たから)の瓶(びん)と書いて、宝瓶(ほうひん)と申します

日本茶の代表的なお茶、煎茶をいれる場合に一般的に知られていない専門の急須を使います。

宝の瓶と書いて、宝瓶(ほうひん)と読みます。

よく知られている蓋の上にツルの付いた土瓶タイプの急須とは異なり、ツルがありません。

宝瓶の特徴を挙げてみると。

・少量のお湯を注ぐ
・上等な煎茶をいれるのに使う
・お茶を注ぐときに調整しやすい
・茶葉の広がりもしっかり見える
・蓋の口が広いので、茶殻も捨てやすく、洗いやすい
・お茶を注いでいる動作が、見た目で綺麗

上から見たイラストを含めて、こんな風に使います。
蓋をはずして、お茶っ葉をいれ、お湯を注ぎ、蓋をする。
305862cb-e0ab-496f-883f-aa75966968e0

お茶を茶碗に注いでいる動作はこんな感じ。

69626588-1f85-4312-b160-344b765efda7

注いだ後のお茶っ葉が膨らんでいることが分かりますでしょうか。
膨らんだ状態を、お茶がひらくと専門用語で言ったりします。

9ef6e1f9-422b-4321-ba2e-b4155ee050ca

今日、日本茶のイベントに参加して、宝瓶が初めてという方に出会ったので、以前に撮っておいた写真を加工して、少し解説してみました。

昔、茶器があまりなく少しずつお茶の道具をそろえていきました。
茶器が増えてゆく楽しみがありました。

宝瓶を入手したときも、はじめは不器用で。
お店でどんな風に扱われていたかをまねて、本当に、ぎこちない動作でした。

それが、何度も使っている内に、スムーズに扱えるようになっていって。
こうなってくると、お茶をいれるのがすっごく楽しくなってくるんですよね。
お茶を飲むより、いれるのが楽しくなるという。

イベントで使われたお茶も買ったし、自分ちの宝瓶を使ったら、どう変わるかなぁ~と、やってみたくなりました。

おしまい。