「形状」タグアーカイブ

テクノロジーがすすんだら

突然ですが、質問です。
皆さんのご近所で、公衆電話みかけますか?

実家のある郊外だと、ほとんど公衆電話見かけなくなっていました。
ところが、大阪市内天王寺区の玉造エリアには公衆電話が結構あるんです!

昔は電話というと固定電話で、指で回す丸いダイヤル式でした。
それが、数字の書いたボタンを押すプッシュ式になり、留守番電話機能の付いたのとかが出てきて。

今じゃ、携帯電話が普及して、その次の携帯電話にパソコンの機能が追加されたスマートフォンがほとんど。
固定電話があんまり必要なくなって、公衆電話自体が減りましたよね。

さて、古くからあるお茶であっても、テクノロジーの発展の影響を受けてるなぁと、そんなことを感じます。

昔は携帯するなら水筒にいれるぐらいしかなかったのが、今は自動販売機やコンビニ、スーパーなどでペットボトルで簡単に手に入れることができます。

そうすると、お茶を飲んだことがあっても、乾燥したお茶の葉っぱを見たことがないというのは、案外普通のことかも知れないのですね。

そういえば、紅茶をお茶っ葉からいれる前は、どんな形状をしているのか、確かに知りませんでした。

紅茶の製造方法の一種CTC製法だと、お茶っ葉は小さく丸い形状をしています。

今となっては、たくさんのお茶っ葉を見てしまっているから、お茶っ葉の袋を開けても、驚いたり感動したりするのは減ったなぁ、とそんなことを思いました。

ん、そうすると、知らない人の方が得な場合もあるのかも知れませんね。
なんとなく、そんな妙なことを考えちゃいました…

でもたぶん、おいしいお茶に出会いたい気持ちは、知ってても知らなくても、同じだと思います(^^)

取り留めがなくなってきたので、この辺で。
それでは、またー



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

この子、どんな子?

飲んだことのないお茶をいれるとき、どういうことをするかというと。

袋に鼻を近づけて、今までに飲んだことのありそうな香りか、確かめて。
袋からお茶っ葉を出してみて、どんな色や形状をしているかを見て。
お茶の種類に見当を付けて、茶器を準備して、実際にお茶をいれてみる。
液体になったお茶の色を見て、飲んでみて、香りや味などを感じる。

お茶の性格、キャラクターを調べてる。
子供だって、色んな性格してるし、大人に至っても同じで、より年齢が上でもたぶん同じ。
お茶の特徴を、人にたとえる人もいたりする。「かわいいアイドル」とか。

この子、どんな子がわかっても、ちょっともう少し考えないといけないことがあって、隣にどんなパートナーがくるかで、見え方も違ったり。
パートナーは、お菓子だったり、ご飯だったり、景色だったりするのかも。

それに、お湯の温度とかお湯を注いでから器に注ぐまでの待ち時間の、ちょっとした機嫌みたいなので、かわったりするところがあるから困りもんかも。

繊細なのとか、おおざっぱなのんとか、色々あります。
そういう目で、お茶をみると、ちょっと笑えてくる世界だと思いませんか〜

おいしく楽しいお茶に出会えますように(^^)

では、またー



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

なにが、ちがうかな?

前回の「お茶を淹れる」では、味を調節して注ぐようになるには、練習がいると思うと書きました。

あくまで自分がやったことは、たぶん比較して違いを探したんだと思います。

同じお茶でも、前回と味や香りが違うな。
どういうところを変えた?
お湯の温度?、注ぐまでの時間?、お茶の葉っぱの量?、お湯の量?、使ってる急須?、湯飲みやコップの形状、注いでから飲むまでの時間?、などなど。

書き出してみたものの、最初は一種類のお茶しか手元にありませんでした。
紅茶でした。
お湯の温度はグツグツの100℃ぐらい。
使ってるのはティーマグ。

そうなると、味や香りが変わるのは、ほとんどお茶の葉っぱの量のような気がします。。
自分の好みのお茶っ葉の量は、どれくらいだろう。
増やしたり減らしたり。
ミルクティーにするのが好きだったので、ミルクの量も自分好みを探しました。

そんなことをやって、自分が好む味を探していったような気がします。

なので、ちょっとした着眼点が、美味しく飲むキッカケになるのかも。

この話がヒントにして、自分のお家で出来そうな工夫をやってみてください。
意外にいつもより美味しくいただけるかも知れません。

そうなったら、うれしいですね。
なんとなく希望を持ってもらえたらいいなぁと思います。

今回は、この辺で。
では、また~!

TeaMeeting in 種ノ箱 Vol.2を開催しました!!

紅茶の人、やすえさんが不定期に開催されているTeaMeeting(ざっくりいうと紅茶を飲んでおしゃべりしましょう♪)を種ノ箱でやる会です。
今回で、二回目になります。

朝11:00から始まり、19:00(20:00完全終了)という予定。

前回は、午後のおやつ時ぐらいからピークで最後までなかなか濃ゆい会でした。

今回は、最初から参加者の方がいらっしゃって、お盆だからかなぁと、やすえさん。

一つ目は、奈良月ヶ瀬健康茶園のべにふうきです。

奈良月ヶ瀬健康茶園さんのパッケージ、イラスト、いいですよね。

べにふうきがストレート向きな感じだったので、お次はミルクティー向きなムジカティーのサバラガムワ。

ここで、ミルクピッチャーに牛乳いれて、テーブルに置きました。
サバラガムワは、やすえさんのされているあべのbase240のTEASPOTでも置いてるそうです。スケジュールはこちら

そんな感じで、おしゃべりしつつ、二種類飲んだところで、特殊なルートで入手されたらしいダージリンファーストフラッシュ。
紅茶にしては青い葉っぱで、形状もOP(大きな形)。
いいお茶でしたね~。

そんな感じでスタートして、お菓子の差し入れもあったり。

やわらかめで飲みやすいインドのニルギリ(ムジカティー)。

それならと、ムジカティーのセレブレーションブレンドで、ちょっと華やかに。

ずっと、着香の紅茶がなかったので、変化を付けましょ!で、犬猫紅茶店のアールグレイブレンド(ティーバッグ)。
パッケージのイラストがかわいいよねっという声いただきました。

ふわっと甘い香りのミルクティーにするとおいしいラトナプラ。
丸い缶が、存在感ありますよね。

お次は、ムジカティーのオータムナルダージリン。
ダージリンは、今年紛争が起きてるので、茶畑荒れてるそうな。

シルバーポットのウヴァ。参加者の方の紅茶です。


この会は、紅茶の持ち込みも、お菓子の差し入れも大歓迎です(^^)

ちょっと一休憩的に、日常茶のムジカティー、堂島ブレックファーストを。
丁度、金時まんじゅうの差し入れもあり、ええ感じでした♪

大人も子供も真ん中にちゃぶ台をひとまとめにして集まってるので、なんかくつろいで色んなおしゃべりしてて、いい感じ。

ウヴァももう一つということで、ムジカティーのビンテージウヴァ、アイスラビイ茶園。

ここらで日本の紅茶も、いかが?
ということで、奈良の大和高原、都祁の羽間農園の紅茶を。品種はさやまかおりです。


おいしい(*^^*)、香りがいいねという声ありました。

自分の知っている限りでは、関西スーパーでしか見かけたことのない日東紅茶のロイヤルミルクティーブレンド。今回いれた紅茶の中で、これだけがCTCですね。

そして、ラストは先日届いた手摘みの特製、京都南山城紅茶!!

 

合計14種類。
改めて、紅茶って色んな種類あるんですね。。

ざっと、紅茶だけの紹介記事みたいになっちゃいましたが、参加者の皆さん、とっても銘々色んなおしゃべりされてました。
情報交換あり、これからのイベントの相談事あり、将来は?という流れから最新のプリキュアの設定に感心したり驚いたりやらあり、ほんといろんな話題がありました。

こういう機会もたまには、いいなぁと思います。

当日届いたばかり、出来立てほやほやの紅茶のフリーペーパー「TEASPOT通信Vol.4」もチラシコーナーに配置しました。

次回は、10月14日の予定です。
よろしければ、ご都合合えば、ご参加いただければと思います。

では~

保存

実は、地元で気軽なお茶の勉強会を続けてます。

少人数で、固定メンバーがあるものの、都合が付けば新しい方も参加されます。
先日で、5回目か6回目になりました。

毎回、ゆるくテーマはあるものの、基本的にその場でやりたくなったことをします。

質問があれば、その都度答えたり、
お試しでやってみたいことがあればやったり、
準備が必要なものは、次回まわしにしたり。

この勉強会の一番最初のお茶は、参加された方が持ってこられた炭火焙煎の番茶でした。
炭火焙煎が珍しい点、番茶がどういうお茶かを解説。
乾燥したお茶っ葉を広げて形状も見せて説明…とそんな感じで、
どのお茶についても参加された方の興味の範囲に収まる程度の説明をしてます。

前回は、お抹茶(お薄)と他2種類くらいだったと思います。
時間が経つと記憶が曖昧になるので、記録に残そうと、今回は写真を撮りました。

今回使ったお茶は、この三種類。

IMG_8994.JPG

最初に、左の深蒸し煎茶。
材質の違いを体感して貰おうと思い、萬古焼と釉薬が塗られた一般的な土瓶タイプの急須で、同じお茶を飲み比べました。
その結果、萬古焼の方が、渋みが抑えられて、美味しかったです。
二煎目までいただきました。

次に、お菓子として熟成バナナが出て。
そうすると、お菓子の組み合わせからは紅茶がいいな…
ということで、ティーバッグの話も出来ると踏んでアールグレイの一種、トワイニングのレディグレイに。
飲んでみて分かったのですが、ティーバッグはカップの上と下で濃度が変わってしまうんですね。
最初、カップの上の方を飲んでいたら、香料やレモンなどの香りはするのだけれども、紅茶の味がほとんどしない。
飲み進めていると、だんだんと紅茶の味がしてきて。
そう言えば、ティーバッグのパッケージにひも付きのティーバッグを回すように書いてあるのを見かけました。
要は、混ぜないと濃さがカップの上と下で変わっちゃうんですね…

次は。
参加された方が、前回話題に出た阿波ばん茶をもってこらえたので、作り方をたっぷりお話しました。
なんといっても、現地で体験してる強みです。
徳島県の上勝町で見た、茶の木から緑の茶の枝をはぎ取って、ゴミとり、釜の茹で、舟形の揉み機での揉み、桶に入れてのぴっちり空気を除く漬け込み、棕櫚(だったはず…)と蓋で蓋をして、煮汁を注ぐ。
乾燥は天日干しで、筵に葉っぱ一枚一枚を広げて、ひっくり返してを3日連続でして。
ホント熱を込めて話してしまいまいました。

結構、バラエティーに富んだ勉強会だと思います。
参加された方とお話して、内容を決めていく勉強会はスリリングで面白い♪

まぁ、ネタ切れしないように僕も勉強続けなきゃって、改めて思いました。

では、また〜

スープスプーンで煎茶と玉露のエキスを頂きました。茶の形状、色、香りが分かりやすく、量が少ない分、意識せずとも、感覚が澄んでいく感じ。 #お茶の時間 #teatime from Instagram

スープスプーンで煎茶と玉露のエキスを頂きました。茶の形状、色、香りが分かりやすく、量が少ない分、意識せずとも、感覚が澄んでいく感じ。 #お茶の時間 #teatime (from Instagram)

茶葉が広がる世界を見せるには

お茶を淹れるのが楽しい、お茶の葉っぱが開く(広がる)のを見るのが好き!というような、そんなお茶好きが高じて、お店を開かれる場合もあるんじゃないかな?と、お茶のお店の店主さんとお話ししていて思いました。

で、で、そういう場合、どういう風に茶葉(「ちゃば」っていったり、「ちゃよう」っていったり)が広がるのを見せようって、お茶の提供方法を考えます。

たぶん、一番贅沢な方法は、お客さん一人ひとりに同じテーブルなどに面と向かって、お茶の葉っぱの形状から、産地や特徴などを話をしながら、会話をして、ゆっくり丁寧に淹れるのじゃないかと思います。

その次は、カウンターで、見たい人は見える状態で、お茶を淹れて提供する。

たぶん、一番見えにくいのは、奥でお茶を茶碗に淹れて、茶碗だけお客様に出す。急須が見えない状態で提供する方法かなと思いました。
急須を使っている人は、お茶の温かさや香りや味などから、想像を巡らせる事はできるとは思いますが、それでも茶葉の広がる様子までは分かりません。
というのも、元々の乾燥茶葉の形状と広がった茶葉の形状を知らないといけませんから。

さて、茶道や煎茶道などのお手前を見るというのは、面と向かって、お茶を淹れているのに近そうと思いました。
また、点てだしというのは、奥でお茶を茶碗に淹れて、お客様に出すようです。

ところで、先日京都の”日本茶”ティースタンドの「tea chaanel」さんでお茶しました。
面白かったのは、乾燥茶葉が広がる世界の見せ方。

通りに面して、グレー(ステンレスだったかも…)のフレームの棚を前面に、茶葉とお湯の入ったガラスの急須を置く。
そうすると、通りを通った人は、少し足を止めれば、茶葉が広がる様子が見える。
実は、お茶をオーダーした人は茶葉が広がる様子が見え難いので、勿体ないなぁと思うんですけれど。

ふと、これって、お客様の前で点てて出す、表水屋のようなもんなのかなぁ~と思いました。
「tea chaanel」さんについては、他にも見所があったんですが、せっかくの新しいお店なので、是非訪問して確かめてほしいとも思うので、ごちゃごちゃ書くのは止すことにします。

IMG_0864.JPG
表水屋の話は、福寿園京都本店で開催された佐々木一穂先生の煎茶会で伺ったお話を参考にさせて頂きました。ありがとうございます。ティーチャンネルさんのショップカードとともに。

 

と言うわけで、今回の記事を書くにあたってのBGMはthe pillowsのベストアルバム「Fool on the planet」。
収録曲に「確かめに行こう」があります。
好きな曲の一つ。

最後のおまけの[Secret Track]が流れてます。
これで、おしまい。
最後まで、読んでいただき、ありがとうございました!

中国の方を意識した黒い漆の器で、ダージリン紅茶を頂きました

先日、久々に大阪難波の高島屋の福寿園に行きました。
目的は、棗(なつめ)シリーズが豊富なので今どんなのがあるのかを知りたかったのと、量り売りのラインナップを見ておきたかったので。

売場の全体を行ったり来たりすると、以前と何かが変わっているみたい?
ブースが大きくなった?

左側にも商品が置かれているので、店員さんに尋ねたところ、中国では、少し前から旧正月だそうで、中国からの観光客を意識した商品を並べている。いつもは別のお店の商品が置かれているところをお借りした特設コーナーとのこと。

見回すと、確かに中国語と思われる簡略化した漢字で書かれているパネルがありました。

抹茶や関連商品が並んでいる中で、手頃な価格の漆のゆがみ椀、赤と黒が並んでいたのが、気になって、黒を頂きました。

IMG_5466.JPG
気分は中国風ダージリン紅茶セット。

 

全体をシックな色合いのセットにして、中国、台湾を意識して、そちらで使われていそうな茶こしを使い、ダージリン紅茶を淹れました。

お茶請けは、器と同じ福寿園の「さくら抹茶クランチチョコレート」。

ところで、茶こしに注目すると、茶殻が茶色いので、発酵していることがわかります。

今まで紅茶を黒い漆の器で飲んだことは、ありませんでした。
今回やってみたら、お椀をおぼんに置いた状態では、見た目で水が入っているのか紅茶が入っているのかが分かりませんでした。
お椀を手にとって、口に近づけると、光が透明な紅茶を通って、底で反射して綺麗な茶色が見えました。
たぶん、緑茶だとキラっと光る薄い緑が見えるんだと思います。

さくらのチョコも、シックな今回の組み合わせに合いました。
甘すぎず適度な歯ごたえ。

折角なので、お椀と茶こし以外のポイントを書いておきます。

全体にシックにする意図から、ポットのマットもコジーも控えめな柄に。
でも、ちょっと光琳菊は、軽くアクセントのあるユーモラスな感じ。

ミルク・ジャグは、牛乳が入っていることが分かる形状。
液切れが悪く、ミルクをお椀に加えた後で、ミルクが垂れてしまって、お盆で白いのが見えるのが苦手。
なので、小皿の上に御懐紙を畳んだものをシートにして敷きました。

三杯目は、濃くなったので、ミルクを加えてミルクティーにしました。
ストレートでは、透明で見えなかった紅茶が、ミルクを加えることで浮かび上がりました。見ていて楽しかったです。

ごちそうさま♪

昨日チャイにしたケニア紅茶をストレートで飲む

ここのところ続けて書いているブログの内容は、過去の紅茶の淹れ進めた流れを「実際にやって」、今感じることを書いています。

昨日、煮出し紅茶にしたケニア紅茶「アフリカン・ジョイ」をミルクなしのストレートで飲みました。

お茶請けは、バター風味を塗ったトースト。

IMG_5456.JPG

ストレートだと、香りがかなりシッカリします。
僕のイメージだと赤い香りがすると思うんですけれど、うまく表現できません。

この紅茶は、CTC製法なので、茶殻を見てもらうと分かりますが、形状は丸いです。
紅茶の事典を眺めていて、CTC製法が「軽萎凋」と記載されていることに気が付きました。
CTC製法で、軽萎凋にすると茶汁が付いたままで、抽出時間を短くできるとのこと。

トーストの味に負けない香りとシッカリした心地よい渋みがあります。
お肉などの脂っこい食べ物との相性も良さそうです。紅茶を飲みながら、トーストを食べたら、紅茶が半分くらいになりました。

ティーマグの中を覗くと、小さな茶葉が模様のようになっていたので、閃いて、こんな写真を撮りました。

ごちそうさまでした〜♪

「すり身に親しむ」から「日本茶に親しむ」を考える。

地元のまちゼミで、蒲鉾屋さんのゼミに参加しました。
大阪のお店なので、白身の魚を仕入れて、自分のところで捌いて、すり身にして蒲鉾にしたり、練り天ぷらにしたり、変わったところでは、すり身を餃子の皮代わりにした餃子天ぷらを作ったりされています。
そのご主人が言われるには「すり身に親しんで欲しい」とのこと。

で、自分の関心に置き換えてみると、なんとなく日本人で今まで一度も、日本茶を全く飲んだことがないという人は、かなり少ないような気がします。
ということは、日本茶に全く親しんでいない人の方が少なそうです。

昨日のトークイベント
では、前で話していた人が司会を含めて、6人いらっしゃったのですが、本という切り口では、スタンダードブックストアの代表の中川さんと、奈良県立図書情報館の乾さんがいらっしゃいました。

中川さんは、「本業界を面白くしたい」「本がなくならないようにするにはどうすればいいか」を考えていると、おっしゃられていました。
それで、今されていることは本と雑貨を一緒に売るお店です。

乾さんは、図書館で、企画や展覧会、広報を担当して、人の居場所を作るフォーラムをされているようです。
(僕は、乾さんが絡むイベントに参加したことがないんです)

ザクッと、両者の切り口をまとめていうと、本と何かを組合わせて面白くしようとされていると言えると思います。

もしかしたら、日本茶も他の何かと組合わせれば、今よりもっと面白く興味を持ってもらえるかも知れないと思ったのでした。

IMG_5362.JPG
すり身の中に入れたトッピングの具たち。うどんの出汁を使ったお鍋で美味しく頂きました。