「日本茶」タグアーカイブ

雨だから

「アイニクの雨だから、残念ですね…」
雨降りの日に、はじめて訪ねた地区の日本茶屋さんで、お茶を買ったときにかけられた言葉。

訪問目的は達せられなかったけれど、近くではお祭りをやっていて、催しは終わっているけれど、のぞいてみればって勧めてもらった。

お祭りの時にしかできない雰囲気。
雨であっても、こういう光景を見るのは好きだな。

屋台がならんで、たぶん夜は近所の子供たちが、わー!って感じで屋台の食べ物やゲームや水を張ったプールなんかをのぞき込んでる。

雨が降ったから、あがったときは気持ちいいのかも知れないな。

晴れは晴れで気持ちよいんだけど。

晴れたり降ったり。
なんかいいことないかなの心を忘れずに。

秋が深まっていきますね〜(*^^*)
では、またー



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

新しい道具がやってきた!

もともと、お茶をあんまり飲まない家庭で育ちました。
なので、お茶をいれる道具は、お茶をいれることに関心を持ってから、自分でそろえ始めて。

でも日本茶の急須、そういえばあんまり購入していないんです。
というのも、体験イベントや講座などに参加して、おみやげでいただいたものがたくさんあって。
普段使いにちょうどよいので、それでいろんなお茶をいれてみて、どのお茶がどの急須に似合いそうか使ってみて雰囲気をつかんでいきました。

とはいうものの、お茶をいれる時間がたつにつれ、自分好みの急須もほしくなります。
サイズ、色や形、手触り、重量感など、好みがあるんですよね。

この写真は、宇治の朝日焼の宝瓶、湯飲み、湯冷まし。

新しい急須がくると、試してみるんです。
今までと、どう違うのかを確かめたくて。

写真を撮るにしても、様になるなとか思ったり。
同じお茶なのに、口当たりが変わるなぁとか。

自分で選んで買ったモノの方が、使い込まなきゃ損してる気分になるから、どうやったらもっと楽しめるかなぁと思うような気がします。

新しいお茶の道具を買い足しちゃう方、そんなことありませんか?

今は持っていない方、折角だから、ちょっとやってみませんか?
きっと生活に新しい空気が入ってくると思いますよ!

なんとなしに、新しいお茶の道具がきたときのことを書いてみました(^-^)
それでは、また〜!



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

サイズを変えてみたら…

お茶を飲むとき、どんな器でお茶を飲みますか?

手のひらより、大きいのですか?
小さいのですか?
同じくらいというのもありそうですね。。

器の大小で、お茶が入る量が変わります。

いつも使っている湯飲みとかコップを、小さいのや大きいの、サイズを変えるだけでも、感じ方が違って、満足感も変わったりします。

さて、日本茶専門店で、小さな湯飲みを見かけられたことがあるでしょうか?

高級な緑茶になるほど、小さな器で少量、濃い目のお茶を戴きます。
小さな器で頂くから、ほんのちょっと喉を潤すだけ。

それでも、ちょっとずつお茶を、舌の上で転がすように、味や香りや風味を楽しむ飲み方をすれば、味わいが深くなり、満足度が少し上がるような気がします。

ということは、大きな器で飲むときの飲み方と、小さな器で飲むときの飲み方が違うのかも。

大きな器だとグビグビ、小さな器だとチョビチョビ。
たぶん、そんな飲み方、お茶マニアになる前はしてなかった飲み方を今ならしてるような気がします。

今回は小さな器中心で書いてみました。
頭の中で、なぜか大き目のマグでチャイが飲みたいなぁ、早く涼しい季節にならんかなぁとか思ってます。

湯飲みとかコップの大きさを変えるというのは、ちょっとしたことなんだけど、意外に面白い要素が含まれているのかも知れませんね~

では、またー

手前味噌ですけど…

このブログでは、お茶の楽しみ方を、あーだ、こーだと書こうとしてるんです。
なんというか、別に関心高くなくても結果的に、楽しみ方を覚えちゃう場合もあるんやなと、ふと、今日気付いちゃいました。

手前味噌ですけど、家族です。
妹です。

ある時期、実家で毎週一回、紅茶か日本茶を夕飯の後、お菓子とともに出してました。

それで美味しく飲む方法を覚えちゃったようです。
こういう紅茶はミルクなしのストレート、濃くなったらミルク入れて、飲むと美味しいですよね〜♪って、こっちが何も言わなくても、美味しく飲んでるようでした。

写真はイメージです。今日の会では、紅茶を入れましたけれども、ケーキは出てません。

お茶を飲む機会を押し付けでも、やってたら、こうなるんやなと。

本日は、種ノ箱で、妹と一緒に「今の自分に合ったお茶とお灸をみつける会 Vol.5 」を開催しました。

次回は、少し先で11/5日曜日の予定です。
よかったら、お越しください。

では、またー

冷茶からムジカティー

一昨日は、日本茶インストラクター協会大阪府支部のイベントでした。
スタッフをしてました。

ac039c27-e076-48b2-b026-a162524208b7

冷茶総選挙と銘打って、冷たい色んな日本茶をガラスのボトルタイプの容れ物に入れて、10種類。
なかなか見てるだけで壮観です。

658283ea-e401-437e-9c39-4c4ed3835e03

役員が変わったので、このメンバーでやる初めてのイベントです。
会議で企画を話し合いながら、みんなで作っていって、実際に実施すると結構楽しかったです。
(今更ですけど、一人ではできない企画だなぁ〜と、しみじみ感じてしまいました)

参加された方に、お好みのお茶へ投票していただきました。
結果は、こちらです。なかなか興味深い結果でした。

さて、会場が自分にとって久々の場所で、かつムジカティーの関係の深い日本茶屋さんの隣だったので、社長さんにご挨拶にいったら、堂島ムジカの面影がたくさん残る棚の写真がバーン!と張ってありました。

0e76dfd3-cd04-422f-a08a-3c4422bccbb7
そのものの写真を撮り忘れ。左下ぐらいに日本茶屋さんの本店の写真が張ってありました。

日本茶屋さんの本店の改装の際に、堂島ムジカの棚を引き取られたそうです。見ていて懐かしくなりました。

と言うわけで。。。
次の日は、もっと久々の芦屋のムジカティーに。

1041fde0-7960-4bef-8306-164e2fe30fbd

お店の中を見回すと、やっぱり堂島ムジカにあった物に、目が留まってしまって、
「あっ、これは、あそこにあったのや」とか
「あぁ、サーメット(野外湯沸かし器)こんなとこにおいてあるんや」とか。

2d0ce5cf-420c-4217-8f7e-da948cf34687
堂島ムジカの窓側にあった椅子。
68d8ecdc-4f32-48e6-be3f-9d5e8bde3816
うす緑の円柱がサーメット。

 

f8b63c16-7c7e-4066-89c5-aa54562d231d
先頃、スリランカに行かれてたそうです!

気になった紅茶を買ってきたので、なんかお茶会やると思います。
よかったら、種ノ箱にお越しください。

まだまだ暑い日が続くので、体調にはお気をつけくださいませ。

では〜

足取りかるく、宇治散策

ちょいと前に、久々に宇治いってきました。

IMG_8091.JPG

といっても、平日の水曜日でお休みもままあったり。
日本茶インストラクター京都支部の方がスタッフをされてる匠の館は、お休みで。

IMG_8092.JPG

でもせっかくだから、宇治茶手もみ製法の看板をパシャリ。

IMG_8093.JPG

お隣のここも内部が改装されたので入って見たいなぁ。

IMG_8094.JPG

最大の目的は、ここ新しくギャラリー&ショップを開店された朝日焼さん。
川のすぐとなりで、とっても素敵なところでした。

IMG_8095.JPG

柴船を模した湯冷ましを頂いてきました(^^)v
急須(宝瓶)、茶碗、湯冷まし、結局、一つ一つ違う場所で購入したことになっちゃいました。

IMG_8265.JPG

宇治は、お茶好きさんには見所たくさんあるので、ぜひ訪ねて楽しんでみて下さい〜

IMG_8096.JPG

では!

続々々関心⇄楽しむ(シェアしてみたら)

前回は「続々関心⇄楽しむ(関心の続く環境)」で、関心が続く機会があるのが大切。だから環境って大事だよね、ということを取り上げました。

環境というと、たいそうな感じがするかもしれません。

今、こんなことにハマってるねん!ということを話す相手がいるだけで、いい環境のような気がします。

顔見知りの人に話してみる。
そうすると、話がつながっていく場合も。

自分が日本茶に興味を持ち始めた時です。
たまたま季節は春で茶摘みの時期より早く、でもお茶の製造に近い人が去年の冷凍保存されている生葉で、手揉み緑茶体験を企画してくれて、参加しました。

b09c2507-ca47-40d8-a86b-8db303857feb
手揉み緑茶体験の時は、この赤いテーブルの上にホットプレートを置いて、紙を敷いて、その上で揉んで。写真は、焙烙(ほうろく)で、ほうじ茶を炒ったあと。2012.3.3撮影

場所は大阪市内、地下鉄今里筋線と長堀鶴見緑地線の交わる蒲生四丁目近くの日本茶屋さん。
たまたま京都の中世のお茶の歴史研究者の方が参加されてて。
手揉み体験をしたら、むくむくと関心が高くなって、茶摘みしてみたいんです!と言ったら、後日、歴史研究者さんがメールでいろいろ教えて下さりました。

70befe36-aba6-44a9-9427-22b6cdef60b6
はじめて訪ねた時の旧田山小学校の入り口。イルミネーションの準備されてました。南山城紅茶を作ってると聞いて、知りたくて行ったのです。2012.2.18撮影。

と、そんなこんなが続いて、先日の南山城村の「茶摘みと、紅茶工場見学と、かぶせ茶と、ぼた餅!」に繋がっています。

5a72ac05-7990-4f08-89fd-a4c8382cc738
初めて肉眼で見た南山城紅茶のパッケージ。CAFEねこぱん、にて。2012.2.18撮影。

今の時代、シェアっていう言葉が定着してる感じがします。
でも、関心のあることを周りに話してみるっていう、昔からあるシェア(シェアというより、オープンに近いかも)の方法で広がることもあるんですよ。

保存

続々関心⇄楽しむ(関心の続く環境)

前回は「続関心⇄楽しむ(機会に恵まれる)」で、関心が楽しみに変わるのに、機会が大切じゃないかな?ということを取り上げました。

自分はどうだっんだろう?を考えていたら、関心を持ち続けていく環境があったなぁ、と思いました。

まず、お茶については、紅茶に関心を持ったので、本屋でムック本「お茶の店」を手に入れました。
この本は、使い勝手が良くて一通りの紅茶の道具やお店を眺めることが出来ました。
今、こういう一揃えに纏まった最新情報の雑誌って、見かけないです。
ちょうど、自分の気持ちと発売タイミングが良かったんだなと。

IMG_8359.JPG

ムック本に載っているお店をいくつか訪ねて、なんとなく自分の興味を広げてくれるお店に居着くようになりました。
老舗紅茶屋さんのティーハウスムジカ堂島店です。

紅茶を淹れるのに関心が高かったので、最初にリーズナブルな日常茶を選択したら、好い選択ですね!と誉められて、気を良くして。
たくさんありすぎて迷うくらいだったけれど、種類が豊富で、クォリティーシーズンものもあって。
ムジカはとっても、紅茶を学ぶのには適した環境だったんだなと、今ではそう思います。
(あくまで、自分とっては…です)

5253B193-B330-456B-A490-0ED0E894FA44.jpg

人によっては、紅茶教室のようなものだったり、日本茶インストラクターのような資格だったり、定期的な勉強会だったり。
お茶好きな友達だったりするのかもしれません。

関心を持ったなら、関心を持ち続ける機会が続くこと、環境って大切だなと思いました。

可笑しな お菓子な お茶の日 Vol.2。2017年6月11日、ひらきます。

中国茶、日本茶、紅茶、とお菓子のコラボ。ちょっとフードも。

ちいさく、しっかり、かっちり、たのしむ。

可笑しな お菓子な お茶の日 Vol.2

週末、日曜日です。

2017年6月11日(日)
可笑的花でお茶とお菓子を広げてピクニック!!

茶会
・清流(10:30-11:30)
釜炒り、清香、お菓子

・コバラ(12:00-12:45, 13:00-13:45)
番茶2種(日本茶)とタルティーヌ

・天の流れ(14:45-15:45)、満員御礼!
日本茶3種、お菓子

・夕焼け(16:30-17:30)
可笑的花と種ノ箱セレクトの夕焼けをイメージしたお茶2種、お菓子

通しチケット 10,000円(清流、コバラ、天の流れ、夕焼け)。
各回 2,800円。

スタンディングCHA
(12:00-16:00、冷茶ワンコイン500円)

お菓子
(10:15-18:00)
定期開催している可笑的花文学部で好評な、お茶菓子担当のjoyaux d’ a ジョワイヨ ダー。
今回のイベントでは、多種多様なお茶と共に定番の焼き菓子や、自家製酵母のカンパーニュで作るタルティーヌなどをご用意させていただきます。

お茶の淹れ手
くどうかずみ(可笑的花)
秋保強(種ノ箱)
水野弘恵(日本茶インストラクター)

会場
salon de thé okashinaohana ~可笑的花~
大阪市中央区玉造2丁目18-1
(http://uxtutori.exblog.jp/i3/)

申し込み、お問い合わせ
Tel&Fax 06-7161-1378
okashinaohana@gmail.com
まれにgmailの返信が届かない場合がございます。
24時間以内に返信がない場合はお電話下さい。

いれ方と好み、どっちが楽?

ふと、思ったことがあります。

たぶん、お茶を飲む習慣を身につけるとしたら、いれ方をしっかり学ぼうとするより、好みのお茶を見つける方が簡単じゃないかって。

というのも、実家での話。

ある時、突然に
「玄米茶を飲みたいから、なんか適当なん選んできてっ!」
という指令が実家の母からありました。

それで、複数のお店の玄米茶を選んで、確か三つくらい実家に持って行きました。

次の週。
「これが美味しかったから、今度からこれを買ってきてっ!」
という指令が。。。(笑)

実家での玄米茶のいれ方は、通常の日本茶インストラクターの常識からいったら、相当眉をひそめるいれ方(苦笑)。(ここにその方法を詳しく書いてます。)
筆者が日本茶インストラクターになる前からで、実家では、これで、生活の中にお茶(玄米茶)が溶け込むようになりました。
なので、まぁええよなって思ってます。

玄米茶を選んでくるように言われてから、もうたぶん5,6年は経ったと思います。

先日、実家の父と電話してると、
父「あ、そうそう。あれ、もうないぞ。」
私「あれって、玄米茶?」
父「おう、あと一袋」
っていう会話があったりして。
大阪市内でないと入手しにくいので買って帰りました。

あ、すんません。
本題に戻すと、いれ方をしっかり学ぶより、たぶん好みのお茶を見つける方が楽だという実例のご紹介でした!

IMG_6935.JPG
なんとなく実家をイメージして、この設え。

ここから宣伝なのですけど、今、種ノ箱では、飲み比べを中心にゆるいセミナーっぽい会をやってます。
よかったら、のぞいてみてくださいね〜!

では〜