「茶こし」タグアーカイブ

地元のお茶の勉強会、6月。結果的に和な会に。

地元で月一回、継続している少人数のお茶の勉強会。
何をするかは、前回リクエストを聞いていても、忘れたり、その時になると参加者の気分とか持ってきているお茶の都合で、変わってしまったり。

でも、そんなやり方でもみんながそれぞれ新しいことを学んでいるからか、楽しく続けています。

今回は、つい先日、大阪の中崎町から10分弱のアートギャラリー兼カフェで入手した童仙房在来ほうじ茶から始めました。

e3156021-a9ef-4d5c-ac4a-056cdfe027e2

童仙房は、京都府唯一の村「南山城村」の一番高い地区になります。陶芸家の清水さんが自分で土鍋で煎茶を炒っています。パッケージの文字も清水さんが一つ一つ書いています。奥さんが小さなギャラリーをされてます。
僕は、このほうじ茶は、見つけたら基本的に毎年買ってます。

みたいなことを話しながら、ほうじ茶をいれて。

ちょっと都合で遅れて来られた参加者の方が、お酒を使った上等な近江のカステラを持ってきてくださって、盛り上がり。今回はお菓子が充実してました!

448ab2ac-c501-4536-b067-7938655937a8

「今日、抹茶やりたいんやけど」

「?!、茶筅持ってきてません…。口の広い水筒ありませんか?これくらいの(自分の手で大きさを表現して)。それで、氷と水があれば、冷たいお抹茶できるんですけど」

直前に、給茶スポットのキャンペーンが始まることを見ていたので、それをキッカケにシャカシャカ抹茶ができることを思い出して。

氷をたっぷり、半分以上に入れた状態のガラスのボトルタイプの水筒を用意してもらって、茶こしとスプーンで、抹茶を濾して、濾すのは途中で僕から参加者の方にやってもらって。
濾すのが終わったら、お水をボトルに注ぐ。
ボトルを振るので、お水は8割ぐらいまで。

蓋をしっかり閉めて、シェイク!バシャバシャ。と振ってあげると、泡立ってきて。
ガラスのボトルでやったから、泡立つのが見えてなかなか楽しかったです。

桜の小さいお茶碗に注いで、いただいて。唇に当たるお茶碗の厚みがメッチャ好み!とおっしゃる参加者の方もいらっしゃいました。

fbd33705-7dd9-438b-bf2f-14cf7be16633

e623442d-e95d-4148-8020-fc73077746df

手軽にできていいね!、冷たいお抹茶のむの初めてだけど、こんなやり方でできるなんて知らなかった。というコメントも。

なんだか嬉しいですね。
僕はもう、お茶を淹れるだけじゃ新鮮味がなくなってきていて、昔シャカシャカ抹茶に感動したことがあったなぁ~と遠い記憶になってて、それが目の前で自分じゃない人たちにいいね!と言ってもらえるのは、嬉しいかったです。

最後は、朝宮茶を宝瓶を使って淹れました。
お湯は相当ぬるめ。触ると少し暖かい、お風呂のお湯の温度より少し低いくらいだったかも。
それでも、お茶の水の色を水色(すいしょく)というのですが、それを見ていたら、だいたい味が出たかを判断できるというのを話して、淹れて。

5239b458-d862-4789-a4c4-814c17a6255b

二煎戴いて、終了。

0117b851-6307-4f3f-a5e3-0d5e1385e44d

「今日の感想を…」、一人ずつ振り返って、今日の会の感想をお話しする。

「今日は和な会でしたね。」という感想があって。
「そういえば、そうですね。たまたまですけど。海外の紅茶も持ってきてたんですが、結果的にそうなりました。あと、この三つは隣接してる場所なのもちょっと面白いですね」と僕の感想。

そんな感じで、6月の地元のお茶の勉強会をやったのでした。

199474c3-3bcd-4afc-99a0-e880d6e953b3

では、また。



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

なんだろう、いつもしない、この香りは…

ふだんは、香水の香りなんてしないところから

なぜか香水のような香りが漂ってくる…

強いていえば、アールグレイに近いような

?!合点がいった。

先日の「木曜日にお茶を飲もう」で、アールグレイ紅茶のポットを持ち運ぶのに使ったティーコージー。
今朝の紅茶いれるのに使ってた。

129abfde-21f9-4db2-bd35-4b169c264b17

紅茶あるある話かも知れない。

フレーバーティーがよくでる紅茶屋さんだか、よくフレーバーティーを飲む人だったりすると、茶こしやティーコージーに香りが染み着いていたりする。

生活習慣の香りとでも言うんだろうか?

ここまで読んでくれた人は気付いたかも知れないのだけれども、僕はそれほどフレーバーティーを飲む方ではないなぁ。

そんなことを思った朝でした。



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

実は、知らなかったりする、お抹茶のふるい

一人の分のお茶を準備するのも、大勢のお茶を準備するのも、同じ用で違ったりします。

ここでは、一つ、お抹茶(薄茶)の話を…

7caee688-a282-400f-a35b-8ee6f4cdebd2

写真は、お抹茶のふるい。
下半分が、一人でする場合、茶こしとスプーン。
上が専用のふるい。

一人でする場合だったら、こんな簡単なもので出来るんです。
大勢だったら、専用のふるいを使わないと一度に多くのお抹茶を漉せません。

ところで、なんでふるいをするのかと言えば、ふるいをしないとお抹茶を茶筅で振っても、玉になるから。
玉になってると、苦い塊を口にするので、美味しくないです。
ここは手間を惜しまず、ふるいをします。

こんな感じで。

f9748ab5-35e3-4ef2-82ae-332d63ebf60f

なんとなく、グリーンティーのマネをしたくなって牛乳で割ってみたんですけれど、玉になっちゃいました。

e4bf63c2-c599-41d0-8f78-32abde90243a

あっためたら、ましになりましたが、それでも苦い塊を口にしたので、美味しくなかったです。

売ってるの、どうやってるんでしょうね。
抹茶と砂糖って、原材料かいてたけど。
まぁ、試しなので、気が向いて改良のアイデアが浮かんだら、またやってみたいと思います。

ちなみに、普通に茶筅で振ったら、漉していたらまず玉にならないので、やってみて下さいね!

ではまた。

ワインボトル型の水出し茶ボトルの使用後のメモ(備忘録)

まだ梅雨が明けていませんが、暑い日が多くなってきました。
日本茶屋さんでよく見かけるワインボトル型の水出し茶ボトル(ハリオのフィルターインボトル)のメモです。
購入前の参考に。
購入後の注意点。
と、いった感じ…

説明書をどっかやってしまって、久々に使うと失敗した~(^^;;ということが先日ありました。
同じ失敗をしたくないので、反省を踏まえて、写真にとって解説を付けることにしました。

ワインボトル型の水出し茶ボトルというのは、こんなのです。(2013-8-17、袋布向春園本店にて)

08 - 1

僕が持っているのは、「HARIO FIB-75」の上の部分が紅いの。
お茶に興味を持ったのが紅茶からなので、そういう理由。

内部の茶こし代わりのフィルターを上の部分にセットするのですが、上手くセットしていないとフィルターが内部に落ちてしまうんです。

最初に書いた失敗というのは、フィルターが取れちゃって、お茶を注ぐと茶っ葉も入ってしまうというもの。また同じ失敗すると、残念なことになるので、メモ代わりに写真を撮っておくことにしました。

全部のパーツを分けた状態。

08 - 1

下の方の彫り込み印刷には熱湯用(!?)って書いてあるんですよね。

08 - 1

右側の大きな蓋に相当する部分には、ポッチが一つついています。
内側にフィルターをひっかけるための切り込みがあります。

08 - 1

フィルターの持ち手の部分をポッチの真横(90度)になるようにハメて

08 - 1

ポッチと同じ方向を向くように垂直に、立てます。
これで大きな蓋に引っかかるので、ポッチ持って持ち上げても、大きな蓋は落ちません。
傾いていたり、落ちゃったりしたら、きちんと引っかかっていないですね。

08 - 1

小さな蓋もセットした状態。

08 - 1

これを本体のガラスに、そのままセットすると内部の空気の圧力がかかるので、蓋をはずして本体にセット。

08 - 1

小さな蓋をして、おしまい。

08 - 1

ボトルは深いので、きちんと洗うには、長い柄が付いた水筒用のスポンジがあると便利。

とりあえず、ここまで書いていたら、来年は同じ失敗はしないと思います。
たぶん。

中国の方を意識した黒い漆の器で、ダージリン紅茶を頂きました

先日、久々に大阪難波の高島屋の福寿園に行きました。
目的は、棗(なつめ)シリーズが豊富なので今どんなのがあるのかを知りたかったのと、量り売りのラインナップを見ておきたかったので。

売場の全体を行ったり来たりすると、以前と何かが変わっているみたい?
ブースが大きくなった?

左側にも商品が置かれているので、店員さんに尋ねたところ、中国では、少し前から旧正月だそうで、中国からの観光客を意識した商品を並べている。いつもは別のお店の商品が置かれているところをお借りした特設コーナーとのこと。

見回すと、確かに中国語と思われる簡略化した漢字で書かれているパネルがありました。

抹茶や関連商品が並んでいる中で、手頃な価格の漆のゆがみ椀、赤と黒が並んでいたのが、気になって、黒を頂きました。

IMG_5466.JPG
気分は中国風ダージリン紅茶セット。

 

全体をシックな色合いのセットにして、中国、台湾を意識して、そちらで使われていそうな茶こしを使い、ダージリン紅茶を淹れました。

お茶請けは、器と同じ福寿園の「さくら抹茶クランチチョコレート」。

ところで、茶こしに注目すると、茶殻が茶色いので、発酵していることがわかります。

今まで紅茶を黒い漆の器で飲んだことは、ありませんでした。
今回やってみたら、お椀をおぼんに置いた状態では、見た目で水が入っているのか紅茶が入っているのかが分かりませんでした。
お椀を手にとって、口に近づけると、光が透明な紅茶を通って、底で反射して綺麗な茶色が見えました。
たぶん、緑茶だとキラっと光る薄い緑が見えるんだと思います。

さくらのチョコも、シックな今回の組み合わせに合いました。
甘すぎず適度な歯ごたえ。

折角なので、お椀と茶こし以外のポイントを書いておきます。

全体にシックにする意図から、ポットのマットもコジーも控えめな柄に。
でも、ちょっと光琳菊は、軽くアクセントのあるユーモラスな感じ。

ミルク・ジャグは、牛乳が入っていることが分かる形状。
液切れが悪く、ミルクをお椀に加えた後で、ミルクが垂れてしまって、お盆で白いのが見えるのが苦手。
なので、小皿の上に御懐紙を畳んだものをシートにして敷きました。

三杯目は、濃くなったので、ミルクを加えてミルクティーにしました。
ストレートでは、透明で見えなかった紅茶が、ミルクを加えることで浮かび上がりました。見ていて楽しかったです。

ごちそうさま♪

濃厚、香りが違う、甘い、おいしいチャイ

今朝は、水を使わず牛乳だけで、ケニア紅茶「アフリカン・ジョイ」を煮出してチャイにしました。

手鍋に牛乳を入れて暖めるのですが、牛乳だけだと沸騰したときの膨らみ方が一気に膨れるんですよね。
これだから、手鍋から吹きこぼれないようにシッカリ鍋の中をみとかないといけない。

柄の長いアイスティー用のスプーンで、鍋の底に焦げ付かないようにこすりながら、コトコト、ぐるぐる混ぜながら加熱します。
最初は、さらさら。少しすると滑るようになり、牛乳の厚みからか少し重みを感じるようになります。

牛乳は、しっかり洗ってもなかなか香りがとりにくいので、茶こしはチャイ専用を用意してます。

茶こしで、茶葉を濾しとって、マグに。
砂糖を多めにして、しっかりマドラーで混ぜる。

IMG_5432.JPG

濃厚なチャイには、チョコが似合うので、チョコのスポンジケーキ。

チャイは、濃厚。香りも、ポットの時とは違ってる。砂糖も丁度、甘みをしっかり感じる。
ケーキを食べて、チャイを飲むと、コクが増すようでますます美味しい。

そんな感じで、すぐに食べちゃった。

ごちそうさま!

今朝、いつものお茶を飲んで、気付いたこと

振り返るのではなく、やってみて感じたことを記しています。

僕にとって、いつものお茶「堂島ブレックファースト」をいつものティーマグで淹れました。

ティーマグに湯通しして、お湯を捨てたら「ポコンッ」とステンレスの流し台が鳴りました。
昨晩より、茶葉は少し多め。フタの裏に鼻を近づけてみたら、香りがしました!葉っぱの量は、これくらいが丁度良いみたい。

茶こしを上に引き上げる。少し傾けて、茶葉の紅茶がしたたり落ちるのを待つ。反対方向に傾けて、残りの紅茶が落ちるのを待つ。少し、勢いをつけて、茶こしを振る。そうすると、紅茶がまた少し落ちる。落ちなくなったら、終わり。

マグに鼻を近づける。昨晩より、香りがする。猫舌だし、一度にたくさん飲むと舌がヤケドするから、すするように一口飲む。どうやら前回より、美味しい気がする。

ミルクを加える。また、飲んでみる。うーん、あまり美味しくない。まだミルク足りないみたい。もう少し加える。飲んで、今までで一番美味しいという感じではない。でも、たぶんバター風味のを塗ったトーストと一緒に飲むから、こんなもんでやってみよう!

トーストをガブガブガブガブと食べて、紅茶を飲む。ちょうど、トーストの塩気とミルクティーの合わさり方が、丁度良い。
そいで、この季節寒いから、マグの暖かさと、暖かい紅茶が心地良い。

そんな感じで、食べて飲んで、なくなりました。
ごちそうさま!
IMG_5419.JPG

 

【アクセスランキング】2015年1月(紅茶半分、日本茶半分)

集計が済んでいなかった2015年1月分を集計しました。

2015年1月のTOP10

  1. ほうじ茶の淹れ方説明で思ったこと
  2. 伝統的な玉露や抹茶の覆いで使われる、よしずの作り方
  3. 昨日の茶摩さんでの紅茶で初釜の光景。分かる人には衝撃的な写真かな。豪快にティーキャディーから、そのまま入れてます! from Instagram
  4. お茶と食べ物の相乗効果
  5. 対馬紅茶、紅ふうきの感想
  6. 夜のおやつ。熱湯でサラッと淹れた深蒸し煎茶と一緒に頂く。意外に渋みとコクが合うかも。 #お茶の時間 from Instagram
  7. あると嬉しい。ティーコジーのあれこれ
  8. いろんなお茶入れました
  9. 手軽で場所をとらない紅茶の茶器
  10. 茶こしが無い時の紅茶の入れ方

コメント

1月の記事は、1,3-6,8位。寒い冬の季節に恋しくなるほうじ茶や、初釜の記事がランクインしました。

前回のランキングはこちら。【アクセスランキング】2014年12月.

【アクセスランキング】2014年12月(日本茶AWARD2014多し)

しばらくお休みしていたアクセスランキング、これからは月ごとにやってみます。
集計が済んでいなかった昨年の12月分から。

2014年12月のTOP10

  1. 終わったからいいよね。テイスティングの風景。 #日本茶 #日本茶AWARD2014 #テイスティング from Instagram
  2. 日本茶AWARD2014、サロンのトップバッターは、京都府相楽郡南山城村の中窪さん、かっこいい(^_^) #日本茶 #日本茶AWARD2014 #うまいお茶 from Instagram
  3. お煎茶が甘いっ!
  4. 結果発表(古くて新しい日本茶の品評会 – 日本茶AWARD2014)
  5. 日本茶AWARD2014が終了しました。新しい日本茶の世界が広がったかも知れない。 #日本茶 #日本茶AWARD2014 #イベント #渋谷ヒカリエ from Instagram
  6. 静岡★ブドウの香りがするお茶。高橋達次さんのサロン。(2014-12-7,15:15) #日本茶 #日本茶AWARD2014 #渋谷ヒカリエ #水出し from Instagram
  7. 伝統的な玉露や抹茶の覆いで使われる、よしずの作り方
  8. 茶こしが無い時の紅茶の入れ方
  9. 宮崎茶房、有機紅茶[みなみさやか]と「くるみ餅」。3位入賞、おめでとうございます! #和紅茶 #お茶の時間 #日本茶AWARD2014 from Instagram
  10. ムジカティーの紅茶を売っているところ

コメント

7位,8位以外は、12月の記事。日本茶AWARD2014の記事が多い中、3位の「お煎茶が甘いっ!」(この記事がランクインしているのが嬉しい)、10位の「ムジカティーの紅茶を売っているところ」が入りました。

前回のランキングはこちら。【アクセスランキング】2014年12月25日.

お茶淹れのプロを目指す人に役立つかも知れないテクニック(静岡梅ヶ島の和紅茶合宿編)

静岡県静岡市の梅ヶ島、初回に訪れた和紅茶合宿(かなざわゆうさんのページ梅ヶ島の齋藤さんのページ)では、和紅茶と煎茶を淹れました。

次のミッションに対して、お茶淹れテクニックを駆使しました。

  • 電気ポットで浮いてしまう紅茶の茶葉対策
  • 炊事場で急須を洗って茶殻をボールに集めたけれど、水と茶殻が混ざっているのを茶殻だけまとめたい
  • えぐく感じるほど濃く入ってしまった紅茶を美味しく飲みたい
  • 香りのよい渋みが強めの煎茶を多人数で、美味しく淹れたい

ざっと、シチュエーションとやったことを御紹介します。

電気ポットで浮いてしまう紅茶の茶葉対策

一日目の夕食後、ご歓談タイム&お茶会。
和紅茶を淹れるため、湯通しして暖めた陶器のポットに、紅茶の茶葉を入れて、電気ポットのボタンを押しました。
ボコボコと音がして、お湯がポットに入っていくのですが、茶葉が浮いてしまいます。
茶葉がお湯に浸かってくれないとお茶の美味しい成分が抽出されません。
こんな困った状況は初めて。

ふと、対策が思い浮かんだので、スタッフの平野さんにお願いして、柄の長いスプーンを旅館から借りていただきました。
そのスプーンを使い、中身をゆっくり混ぜて、茶葉がお湯に浸かるようにしました。

この操作の背景は、ムジカの元スタッフさんの試飲を参考にしました。
元スタッフさんは、試飲するときはポットのフタを開け、中身をスプーンでゆっくりかき混ぜ、しっかり茶葉が開いていることを確認されていました。
その情景を覚えていたので、咄嗟に、この操作で対応できると踏んだのです。

炊事場で急須を洗って茶殻をボールに集めたけれど、水と茶殻が混ざっているのを茶殻だけまとめたい

夕食後をした広間を片づけで、炊事場に行きました。
スタッフさんが困っています。
話を伺うと、急須を洗って茶殻をボールに集めたけれど、水と茶殻が混ざっている。茶殻だけをまとめたいが、ネットがない。

そこで、大きめの急須を茶こし代わりに使いました。
ボールをゆっくり傾けて、水と茶殻が混じったものを急須に入れ、急須からは、水だけ出す。
そうすると、茶殻だけを取り出すことが出来ます。
これも、その場で思いついたことです。

えぐく感じるほど濃く入ってしまった紅茶を美味しく飲みたい

二日目の、和紅茶を含むテイスティング。
たくさんの紅茶が並んだのですが、中には、えぐく感じるほど濃く入ってしまった紅茶もありました。
これ、ミルク(牛乳)を入れると美味しそうなんだけど、周りを見回してもミルクがない。
ミルクが欲しい!と訴えて、梅ヶ島にお住まいがある齋藤さんにお家まで取りに行って頂きました。
これで、ミルクを加えて、えぐかった紅茶が美味しく頂くことが出来ました。
後日、このときに、写真家の方と再会したときに、ミルクティーの旨さをこれで知ったと(恨めしそうに?なぜ?)、教えてくれました。

ミルクが欲しい!と一緒に訴えた青木さんに、上記の話をしたら、「嬉しいこと言ってくれるねぇ~」と喜んでくれました。

そんな後日談もある、楽しい思い出です。
斎藤さん、改めて、ありがとうございました!!

香りのよい渋みが強めの煎茶を多人数で、美味しく淹れたい

旅館の「くさぎ里」のオーナーさんが栽培されている煎茶は、香りがよく渋みが強めだと踏んでいたのですが、自分が入れる機会がありませんでした。

そこで、二日目のお昼。梅ヶ島での最後の食事の時に、このお茶を淹れさせてくれっ!と志願して、お茶を淹れました。

実は、前振りがあります。
梅ヶ島での二日間、他人が淹れたこの煎茶を飲み、渋いと感じていました。なんか、香りが良さそうなのに、渋みが強く出過ぎている。
この煎茶が淹れられる度に、急須のフタを開けて、茶殻の状態と香りを確認して、「本当はこの煎茶、こんな味なんだろうか?」と思っていたのです。

なので、食事の準備で、かつ時間も結構押している中、無理言って、時間を貰って、お茶を淹れました。
セオリー通り、お湯の温度を下げることに心を砕きました。

土瓶タイプの大きな急須に、お湯を入れ、第一段階の湯冷ましとする。
次に、別の同じ土瓶タイプの急須に、最初の急須のお湯を入れ、第二段階の湯冷ましとする。
最初の急須に、茶葉を多めに入れ、二番目の急須のお湯を入れていく。
フタを時折開け、茶葉が開くのと、香りを確認しながら、最後はえいっと、回し注ぎをしました。
確か、茶葉がお湯を吸うので、二煎目も入れた筈。(時間が経っていて正確ではないかも知れない)

日本茶インストラクターでもあるスタッフの平野さんから、「美味しいです!」と言っていただけましたし、自分で飲んでも、旨みも渋みも香りもいい感じだったので、ドキドキしましたが成功と言って良いと思いました。

なんで思い出したかというと

先日、手鍋で煮出した茶殻入りの紅茶を分けるのに、大きな急須で紅茶だけ取り出しました。
そういえば似たような操作をしたな。梅ヶ島だったっけ?
他にも色々やった覚えがある。何だったっけ?
と、記憶をたどってみたら、全部思い出しました。

「二日間で、何しとってん>自分」というようなお茶淹れテクニックの御紹介でした。

IMG_0472.JPG
梅ヶ島温泉郷めぐり「券」、ウメケン。

 

おしまい。