「計り」タグアーカイブ

ポットで、お茶っ葉から紅茶を淹れる方法

お茶を淹れて、みんなでお茶を飲む人が増えたらいいなぁと思っております。
紅茶を紹介するということをやってみようと思ったら、何を書くのがよいかなぁと、ふと立ち止まってみたんです。

そうしたら、普段のポットでお茶っ葉から紅茶を淹れるを段階を追って書いてみたら、紅茶を淹れる人の参考になるかも。

ということで、書いてみたいと思います。

水です。

空気を含んだお水の方がポットの淹れたときにお茶っ葉が舞いやすいそうです。なので、水道水をポット型の浄水器にいれて使ってます。

お水をやかんに入れて、火にかけます。

ポットを温めるために、お湯を入れます。
このポットの注ぎ口の下のあたりが、ティーカップ三杯分のお湯の亮になるので、そのあたりまで、お湯を入れます。

お湯を入れたら、冬なので、湯気がよく見えます。

蓋をして、ポット全体が暖まるように。

しばらくしてポットが暖まったら、ポットのお湯をティーカップとミルクジャグに注いで温めます。

ポットのお湯を捨てて、

紅茶のお茶っ葉をティーメジャーで計りとります。

たぶん、日本でよく見かける紅茶のお茶っ葉の形状がBOPだと思います。
それだと、写真は大盛りだけど、小盛りで二杯。
(2-2.5gのティーバッグなら、2袋。ティーバッグの紐が、気になる場合はハサミであらかじめ切ってしまいましょう)

ぐつぐつの沸騰したお湯をポットに注ぎます。
これは、ティーカップ三杯分のお湯を入れた後。

蓋をして。

ティーコジーをして、おいしく出てくれますように。。

ミルクジャグのお湯を捨てて

牛乳をミルクジャグに注ぐ。

おぼんに、回転茶こしとか、みんなを乗せて

テーブルにおいて。
お茶っ葉から、香りや味が出るまで、しばらく3分以上待つ。

今回の紅茶はムジカティーのニルギリのBOP。
渋みがほとんどない紅茶なので、少しぐらい待ち時間が長くなっても、飲みにくくなることは少ない。

回転茶こしの端を押さえて、回転しないようにして、ポットから紅茶を注ぐ。

できあがり!
湯気が立ってます。
熱いので、気を付けて、ふうふうして少しずつ頂きました。

おしまい。

筆者個人のイベント予定 筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

初めて淹れる煎茶は蓋を開けたまま、お茶っ葉の開き具合を見ながら、注ぐタイミングを計ります。 #お茶の時間 #伊勢茶 #二重被覆 #かぶせ茶 #まあまあ #上手 にはいった! from Instagram

初めて淹れる煎茶は蓋を開けたまま、お茶っ葉の開き具合を見ながら、注ぐタイミングを計ります。 #お茶の時間 #伊勢茶 #二重被覆 #かぶせ茶 #まあまあ #上手 にはいった! (from Instagram)
筆者個人のイベント予定 筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

【アクセスランキング】2015年5月(お茶会と茶畑が多め)

2015年5月分を集計しました。

2015年5月のTOP10

  1. 吉田山大茶会にまつわるエトセトラ
  2. 伝統的な玉露や抹茶の覆いで使われる、よしずの作り方
  3. ほうろくで炒りたてほうじ茶
  4. プロフィール
  5. 有志が育てている茶畑で茶摘み!!
  6. 尾道紅茶のキャンディを淹れてみた。
  7. ダージリンと宇治で買ったラムレーズンのスコーン。夜だからって我慢しないで、いい感じ(*^_^*) #teatime #真ん中の豆皿は #朝日焼 from Instagram
  8. ちゃ、ちゃ、ちゃ、チャイ(牛乳だけの煮出し紅茶)
  9. セイロンティーとトースト。 #teatime #ムジカティー #プライドオブスリランカ #ミルクを入れたらコクが深まった #不思議だね〜 #気分は青色 from Instagram
  10. ティーメジャー、紅茶葉の計り

コメント

5月の記事は、5,7,9位。
吉田山大茶会にまつわるエトセトラの関心が高いですね。

前回のランキングはこちら。【アクセスランキング】2015年4月(新しいが多め).

ふとしたキッカケから煎茶が泡立つ条件を考えてみた

ここのところ、喉が調子悪いです。咳が出て、喉がガラガラします。
水でうがいをしていたのですが、そう言えば緑茶の方が効果が高いと聞いたことがあります。

じゃぁ、ということで、やってみました。

宝瓶に屋久島の新茶を適量計りとって、熱湯を注いで、放置。
22 - 1

渋みが効いてる方が殺菌に効果が高そうなので、濃ゆい煎茶にしようと思って。

ぬるくなった煎茶を口に含んで、ガラガラガラガラ。渋いなぁ~。
ガラガラを続けていたら、口の中で泡ができて、ぶくぶく膨らんでいる感触がっ!

そう言えば日本茶インストラクターのテキストに緑茶にはサポニンという成分が含まれていて、これが泡の発生に関係していると書いてあった覚えがあります。
サポニン - Wikipedia
「高温で淹れたお茶の方が泡立ちやすい」というのを何かの話の流れで、福寿園京都本店地下一階「京の茶蔵」(以前の記事「お茶の名前」)のスタッフさんから聞いていたのを思い出しました。

ちょっと実験してみました。
屋久島の新茶を今度は水出しで。

やってみたら、案の定、泡立たない。
この結果から、推測できるのはサポニンは高温でないと茶葉から抽出されないのではないかと思われます。

とりあえず、実験とその記録と言うことで、書き記しておきます。

おしまい。

実験好きな人、ゴマ炒り器で作るほうじ茶(実験風)はいかがでしょうか。
ご家庭で実験!二種類の紅茶を飲み比べる方法もどうぞ。

ティーメジャー、紅茶葉の計り

お茶をリーフ、つまり葉っぱから淹れようとする時、計りがあると便利です。
目分量で、同じ重さにするワザを身に付けるには時間がいるでしょう。

ムジカのティーメジャーは、紅茶の葉っぱを計りとるのに便利です。
柄が長く、お椀型のところに角度が付いているので、袋の奥の葉っぱもすくい取りやすいです。

写真の一番下がムジカのティーメジャー。一番上がカップが付いてるかわいいスプーン(銀メッキなので黒ずんだら、銀磨きや銀専用クリーナーでキレイにしましょう!>自分)。
かわいいスプーンは、「株式会社 青芳製作所」製。ページはこちら(形が色々あり、ポットもあります)。

IMG_1804.JPG
スプーンとティーメジャー達

よかったら、ティーメジャーを使ってる様子も含まれる「ポットで、お茶っ葉から紅茶を淹れる方法」はいかがでしょうか。