新茶の手摘み番茶についてオモウこと

甘い味、華のような香り。
ぽかぽかしたお日さんのような柔らかい雰囲気のお茶。

一口飲んだときの感想です。
中国茶器の蓋碗をつかって、和歌山県伊都郡かつらぎ町花園産の手摘み番茶を淹れました。
image1.jpeg

甘いと言っても、味の素のアミノ酸のような旨みの甘さではなく、水が甘いというときに使うような、ほのかな甘さ。

思ったことをキーボードで入力してたら、蒸らし時間が長くなって、水色が濃くなった。
飲んで口に広がる味や香りが強くなったけれど、心地よい。

なんだろう。
日本茶の一般的な煎茶、それと最近増えてきた和紅茶の比較的はっきりした印象のお茶とは、雰囲気が違って柔らかい。
中国産のジャスミン茶を淹れたときのような、やんわりとした感じ。
image2.jpeg

茶殻の葉っぱを触ってみたら柔らかい。
新茶の葉っぱを使っているからかな。

よかったら、奈良、大和高原、都祁 羽間農園、自然発酵 紅茶を飲みましたをどうぞ。
冬と言えば「ぜんざい」もいかがでしょうか。

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定