手軽で場所をとらない紅茶の茶器

僕が一番愛用している紅茶を淹れる道具(ティーマグ)を紹介します。
色や柄などのデザインの好みは人それぞれですが、形や大きさ、茶こしの形状などのポイントは共通だと思うので、購入時の参考になればと思います。

ティーマグとは?

一人分の紅茶を淹れるマグカップです。
マグ、茶こし、蓋がセットになっています。
茶こしがマグの中に入るので、収納時に場所をとりません。

何を使っているか

ロンドンティールームのティーマグを使っています。
ロンドンティールームのティーマグ

メリット

  • 一人分でたっぷり飲める。
    マグの容量は、8割いれると約240mlです。ティーカップの一杯が120mlくらいなので、約2杯分に相当します。
  • お湯を注いだ後、茶こしがマグの形状にぴったりしているので、マグの中で茶葉やお湯の対流の動きを妨げない。
  • 色が白いので、紅茶の水色が見やすい。
  • 尖ったところがないので、洗いやすい。
  • なぜかミルクティー向きのコクのあるタイプの紅茶が美味しくはいる。
  • ポットのように注ぎ口が詰まることがない。

以下は、僕の手がたまたまフィットした内容です。

  • 内径が、6.7cm。
    自分の人差し指、中指、薬指の合わせた横幅が6cmなので、三つの指が丁度はいる。
  • 口から底までの深さは、9cm。
    自分の中指の長さが丁度9cmなので、スポンジで洗うときにピッタリ。
  • 持ち手の「取って」部分が持ちやすい。
    平たい板を曲げたような形状なので、人差し指と中指を取っての輪の中に入れ、外側から親指で取っての外の上側を押さえると、しっかり固定される。

内径と深さについては、柄の付いたコップ用のスポンジがあれば、特に問題にならないと思います。

デメリット

  • 蓋の取っ手が小さいので、つまみづらい。
    蓋が熱い場合は、ミトンで蓋ごと持って、取るようにしている。
  • ポットのように、一杯目、二杯目というような味の変化を楽しめない。
    ポットで入れる場合は茶葉を入れたままにするので、一杯目と二杯目で蒸らし時間が異なるため香味が変化する。
    ティーマグでは茶葉を引き上げるので、香味は変化しない。

使い方

  1. 蓋と茶こしをとって、マグにお湯を注いで温める。
  2. マグが温まったら、マグのお湯を捨てる。
  3. 茶こしをマグにセットして、茶葉を適量いれる。CTCやBOPだと4-5gが目安。
  4. グツグツに沸騰したお湯をマグに注ぐ。
  5. 蓋をして、ティーコジーをマグにかぶせる。
    以下、コジーの写真。ティーコジー
  6. 適切な蒸らし時間まで待つ。
    ミルクティーにする場合は、加えるミルクの量で濃度を調節できるので、蒸らし時間を正確に計る必要はない。
    むしろ蒸らし時間が長い方が良いくらい。
  7. ティーコジーを外す。
  8. 蓋をはずす。
    つまみが小さいので、しっかりつまむこと。
    蓋が熱すぎて持ちづらい場合は、鍋つかみやミトンで蓋全体をつかんで、蓋を取る。
  9. 茶こしを垂直に引き上げる。
    横にずれたまま引き上げると、茶こしがマグに引っかかるので注意。
  10. 茶こしから紅茶がしたたり落ちるので、茶こしを傾けて茶葉に含まれる紅茶をマグに入れる。
  11. 茶こしから紅茶が落ちなくなったら、茶こしを皿などに置く。
  12. マグの紅茶を頂く。
    マグ本体をつかむと熱いので、本体から離すように取っ手に指を入れる。
  13. ミルクや砂糖は、お好みで。

まとめ

ティーマグは一人でたっぷり紅茶を楽しむのに、便利な道具です。
デザイン、形状などの好みはあると思いますが、ご自身の指の長さや太さによっても使い勝手が違います。
購入時のポイントに含めては、いかがでしょうか。

ここまで読んで、「でも、やっぱりポットがいい!!」という方は、ポットでの紅茶のいれ方、よければご覧ください。

おまけ

僕が使っているのは、マグ本体にロンドン市の紋章と「London Tea Room」の刻印、蓋にイギリス国旗がプリントされています。

同じ物がないか、見てみたのですが、見つけられませんでした。
似たものとして、商品紹介ページを載せます。

茶漉し付ティーマグ(茶漉し付陶器製マグカップ・オリジナルロゴ入り)

新品価格
¥2,700から
(2014/10/12 17:58時点)