お茶は飲んでみないと、分かりませんよ

いつもブログを読んでいただき、有り難うございます。
ここ数日、ブログの更新をお休みしました。
理由は、この記事の最後の方に書いています。
どんなことを考えて、何をしていたからについて、書きます。
ちょっと長いです。

ウチのブログでは

お茶の情報を提供して、お茶を淹れる人を増やしたいと思って、記事や写真を増やしています。
でも、お茶の情報はキッカケにはなっても、お茶を飲んだり、淹れたりする体験がないとお茶の知識が身につくという効果は少ないと思うんです。

自分の場合は

紅茶を淹れてみたいと思って最初にやったのが、本の購入。
京阪神エルマガジン社の「京阪神 お茶の店」というムック本でした。

「京阪神 お茶の店」を読んで思ったのは、あんまりにもたくさんの店がある。紅茶の淹れ方が書いてあるけど、やろうとしても道具がない。

一人暮らしの自分がうまく取り組めそうな道具は何だろう?と思って、入手したのがロンドンティールームのティーマグでした。

で、ロンドンティールームの堂島の本店でティーマグを購入したまでは、良かったのですが…。お茶を飲むには良い雰囲気のお店です。
でも僕の性格によるところが大きいと思うのですが、お茶の淹れ方や葉っぱについて、尋ねやすい雰囲気じゃなかったんですよね。

それで、次に行ったのが「京阪神 お茶の店」で大きく取り上げられていた堂島ムジカ。
店構えは、エレベーターの扉が開くと倉庫!みたいで、余りに個性的。
異国にいるような雰囲気にも関わらず、ショップのスタッフさんに話を伺うと、紅茶に関しての質問は「どうぞ、どうぞ」という感じ。
兎に角、質問しても全く問題ないという雰囲気が、僕にとっては取っつきやすかった。

マスターの本を読んで、それから堂島ムジカの喫茶も利用するようになり、新旧いろいろな紅茶関連の本を買って読み、堂島ムジカに展示されていたポットやティーキャディー、パッケージなどの紅茶関連の資料なども見るようになって、どんどん紅茶の知識は増えていきました。

それでも、振り返ると

「お茶は飲まないと分からない」に尽きると思うんです。
ムジカのマスターの言葉だと、「お茶は飲んでみないと、分かりませんよ」。

IMG_0756.JPG
11/3朝のティータイムの写真。紅茶は、タンザニア紅茶「アフリカンプライドティー」

いくらお茶の情報を書いたところで、飲むお茶がないと話は通じにくい。
じゃぁ、どんなお茶でも話せるかと言えばそうではありません。

なぜなら、お茶には種類が色々あって、品種もブレンドしたものも、香料を付けたものも、ペットボトルもある。
ホント色々あるんだけれど、自分が「ココがいいなぁ」と思うものでないと話しにくい。

僕の場合は、最低条件リーフ。
葉っぱが見えないと楽しくないんですよね。

リーフかつ気に入ったお茶。もしくは、自分でブレンドしたお茶。
「これがオススメ!」と一つだけ勧めることが出来れば手間はかからないのに、性格的に選択肢というか、この時間ならアレ、この気分の時はコッチ、このお菓子ならコレ、みたいに使うのが好きなので。

その結果、成果物は

11/1,2の京都府和束町のお茶のイベント「茶源郷まつり」で、気に入った紅茶9種類を3タイプに分けて、飲み比べセットを作って販売を開始しました。

  • 国産紅茶(京都府和束町産)
    「そうふう」、「コスモス」、「そよかぜ」
  • 海外紅茶のストレートティー向け
    「ヌワラエリヤ」、「ニルギリ」、「LAST DANCE」
  • 海外紅茶のミルクティー向け
    「ケニヤ」、「インドブレンド」、「アフリカブレンド」

商品情報をちゃあいトップのカテゴリ「商品」に掲載しました。
ここ数日ブログの更新をお休みしていたのは、準備不足でまずいところが沢山あり、修正を優先したのでブログの更新ができなかったのです。

まとめ

ちゃあいブログ(http://blog.chaai.info/以下)は、これまでどおりお茶の情報を提供する予定です。
ちゃあいトップ(http://chaai.info/以下)は、茶葉販売を含めた物で、お茶を淹れる人が増えるような取り組みを目指したいと思います。

ちゃあいは、全体としてお茶を淹れる人を増やす取り組みを目指して活動していく方針です。

ここまで読んでいただき有り難うございます。
宜しければ、今後ともご贔屓にお願いします。



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村