和紅茶、淹れよっ!

日本で製造された紅茶を和紅茶と言います。
今じゃ、ずいぶん増えたけれど、数年前と比べても、これこうやって淹れよとか思うやり方自体は変わんない。
ざくっと、昔と今を書いてみた。

昔むかし

といっても、数年前。和紅茶をいくつか淹れてみて、海外紅茶と比べて、香りも味の出方も緩やかすぎると感じていた。

あるとき、旅先で和紅茶を紅茶がメインの喫茶店でポットで淹れて貰った。
普通の蒸らし時間を待って、試しにカップに少しだけ注ぎ、飲んでみた。
「薄い・・・」
店主さんも同じ感想だった。

少し店主さんとお茶やお店のことなど、雑談して時間が経った。
ポットに残っている和紅茶をまた、カップに注ぐ。
「?さっきより、だいぶん香りも味も良くなっている」

2時間ほど前

封を開けていた和紅茶の袋に鼻を近づける。
青みもあるけれど、香りの要素が複雑で芳醇。
これをそのまま紅茶として淹れることが出来たら、美味しいのに。
でも、前飲んだときは、このイメージでは入らなかったなぁ。

とりあえず青みのある和紅茶は、朱泥焼の急須で淹れる方が青みが和らぐので、湯通しなしで葉っぱを入れ、熱湯を注いで、堂島ムジカの柔らかくなったティーコジーで保温する。

さっき

和紅茶を淹れたことをすっかり忘れて、急須からコップに注いで飲んでみる。
さめてぬるくなっているけれど、茶葉の香り味が十分抽出されて、味に深みが出ていた。
でも、この季節、ぬるいお茶より、温かいお茶が飲みたい。

急須の和紅茶の残りを手鍋に注いで、加熱。
暖かくする。
香りがたって、すごく美味しくなった。
香味の深みも、だんぜん沢山感じる。

IMG_3844.JPG
冷めた和紅茶、温めた和紅茶

まとめ

だいたい、昔々も今も同じ様なことを考えてる。
和紅茶にかぎらず、お茶の味の出し方は時間にメチャクチャ依存する。

特に和紅茶の香味が引き出せていないと感じるときは、長く蒸らせばいいというのは、経験済み。
でも、かる~く30分以上蒸らさないと、その効果を実感できないのが残念。
実感して貰いたくて、茶淹で昔、第一回目の「和紅茶の茶話会」を実施したんだ。

そんなことを思ったのでした。

おしまい。



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村