おいしいがしあわせ

いろんなお茶があって、いろんな人がいて、だから好みが違って。
たぶんその人に似合うお茶があるんじゃないかなぁ?と、そんなことを思ってます。

そういう出会いがあれば、お茶を飲む人が増えるんじゃないかと、そんな妄想を膨らましてます。

日々お茶を飲んでいる人がいて、
でもおいしくないなぁと思って飲んでいるとしたら、
それは、たぶんちょっと不幸なんじゃないかと思ったり。。

だから、日々おいしいお茶を飲んでいる人がいれば、それはきっとしあわせだよな、と。

暑かった夏を越えて、秋になると蔵で寝かされていたお茶が出てきたりします。

お茶がおいしくなる季節です。
いい出会いがあると、いいですね。

では、また〜

よかったら、「寄りそう、お茶」はいかがでしょうか。

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定