「ぜんざい」タグアーカイブ

やわらかい、やさしい、心地

ずいぶん冷え込む日が増えてきました。
もう冬は間近ですね。

ふと冬のお茶って、どんなのだろうと疑問が浮かんで。
冬に飲むとたのしい手持ちのお茶から探そうと思いつきました。

なんとなく、ほうじ茶かな。
そしたら、お茶の供はお餅かな。

ほうじ茶でも、ラテはどうだろう?
沸騰したお湯にお茶っ葉を入れて、少し煮出した後に、ミルクを入れて。
やわらかい、やさしいお味でした。

紅茶で作る煮出し紅茶のミルク割りのチャイより、やさしい感じ。
癒し系というところかな。
より癒されたかったので、干し梅でも。ええ感じでした(^^)

ぜんざいと嬉野茶というのも、善き哉よきかな〜

よかったら、皆さんも冬のお茶探してみませんかー♪

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

2017年がスタートしています!

今日で今年が始まって12日目。
なのに色々手が回っていないなぁと思うことばかり。

それでも、日々何とかしたいなぁと一つずつやってます。
去年の12月の頭に、奈良で地紅茶サミットがあったんです。
そこで、本当に本当にたくさんの友人知人に再会して、こんなに色んな人に出会ってたんだなぁと思って。

それよりも、釜いり茶の柴本さんのブースで、僕がお茶を淹れていたのを見た数人の方から、同じ言葉をいただいたのが嬉しかったです。
「丁寧にお茶をいれてた」って。

年始にインスタグラムに、ちょこっと書いたように、今年は色んなことをやるにしても丁寧に流れを作ってやっていくことを目指したいです。

おっきく出るより一つずつ。

1/9(月)に自分のスペース「種ノ箱」で開催したカルタとぜんざいの会の後に玉造戎神社に行って、福笹っていうのを初めて入手しました(^^)

IMG_3727.JPG

絵馬の酉さんがかわいいです。

さて、週末の1/15(日)は、種ノ箱で「はじめてのお茶会〜お茶席の楽しみ〜」を開催します。茶道のお茶会ですけれど、お気軽に参加できる会なので、お申し込みお待ちしております。

もう一つ、1/21(土)は、これも種ノ箱で「日本茶事始め」と題して、玉露とお抹茶の基礎を学ぶ会を開催します。こちらもよろしくお願いします。

それでは、僕にとっても、皆さんにとってもステキな一年になりますように。
どうぞ、今年もよろしくお願いします。

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

探訪!茶巡りクリッピング

昨日は、茶巡りをしてしまったようなので、駆け足でクリッピング。

28 - 1

京都芸術センターで明倫茶会茶絲道(チャースールー)」に参加。

28 - 2

拡大。初回、10:00。朝早かった。

28 - 4

栞も凝ってます。糸が藍染。
香がたかれてて、鈴が鳴り、竹がデンと置いてあって、竹の子みたいな香りが面白い白茶を頂きました。小さなハープのような楽器の生演奏もあり。贅沢な設えでした。

28 - 5

待合室の暖簾も藍染だったんだろうか?

28 - 6

ひさびさの伊右衛門サロン京都。6月22日で7周年を迎えたそうです。おめでとうございます!

28 - 8

せっかくなので、記念セット。おいしくいただきました。

28 - 7

今回の目当ては、煎茶レモネード。
なんか、ペットボトルの新商品(朝のアイスティー)の元ネタになるんですよね…多分。

28 - 9

やってきました。奥側のテーブルの白い丸痣は、熱い焙烙が置かれた跡でしょう。焙烙は、ここのバージョン

28 - 10

記念セットの冷やしぜんざいと供に。
ぜんざいは、白玉と栗の甘露煮が入っていて、隠し味に焙じ茶が使われてました。おいしかった!

煎茶レモネードは飲んだ後の口で息をした後味に、煎茶がいるような。でもこれ、水出し煎茶かな…

28 - 3

ちおん舎での朝日焼の作品展を見に。
松林佑典さんがバーナード・リーチの工房で作成した作品を中心に解説して貰いました。めっちゃ贅沢!お茶室も、光の取り入れ方が繊細で、器が映えて刺激的な時間でした。京都新聞の記事

28 - 11

大阪に戻ってきて、とある場所で、茶室関連の書籍に視線が釘付け。

28 - 12

最後は玉造の可笑的花で、正山小種のセット。
ラプサンスーチョンの松を燻した香りのしないもの。何というか、黒くないプーアル茶のラプサンスーチョン版みたいな印象でした。

おしまい。

冬と言えば「ぜんざい」

寒い冬に食べたくなるのが、餅入りのぜんざい。

IMG_4809.JPG

お茶屋さんの店先で農家さんがついたお餅を買ってしまって、その勢いで小豆を炊いてみた。

ちょっと小豆が固い(^^;;
でも、甘さは丁度。グラニュー糖に少しだけ茶色い糖蜜糖を加えたのが良かったみたい。コクがでた。

農家さんのお餅を食べきってしまったので、今回(写真)のお餅は地元の商店街の和菓子屋さんのつきたてのお餅。柔らかで直ぐに焼けちゃった。

お茶は、燻製紅茶。
湯通しなしにして和紅茶の青みを出にくくし、蒸らし時間は普通に約3分。
燻しの香りと紅茶の味が丁度いい感じ。

ぜんざいと燻し系のお茶というと、ぜんざいと燻し強めの京番茶の組み合わせを思い出す。以前食べた、この組み合わせが美味しかった。

今回は、ぜんざいの小豆の赤が何となく燻製紅茶のパッケージの赤と合うような気がしてやってみた。

ぜんざいと燻製紅茶の組み合わせは、ミスマッチではないけどベストマッチでもない・・・
可もなく不可もなく組み合わせとしては、普通。

お餅を含めたぜんざい、燻製紅茶、どちらとも単体で美味しかった。

ごちそうさま!