「急須」タグアーカイブ

和紅茶、淹れよっ!

日本で製造された紅茶を和紅茶と言います。
今じゃ、ずいぶん増えました。
けれど、数年前と比べても、淹れ方自体は変わらないです。
ざくっと、昔と今について、書いてみました。

昔むかし

といっても、数年前。和紅茶をいくつか淹れてみて、海外紅茶と比べて、香りも味も出方が緩やかすぎると感じていました。

あるとき、旅先で和紅茶を紅茶がメインの喫茶店でポットで淹れて貰いました。
普通の蒸らし時間を待って、試しにカップに少しだけ注ぎ、飲んでみると、
「薄い・・・」
店主さんも同じ感想でした。

少し店主さんとお茶やお店のことなど、雑談して時間が経ったんです。
なにげにポットに残っている和紅茶をカップに注ぐと、
「?。さっきより、だいぶん香りも味も良くなっているなぁ」

つい今しがた、2時間ほど前

封を開けていた和紅茶の袋に鼻を近づけました。
青みもあるけれど、香りの要素が複雑で芳醇。
これをそのまま紅茶として淹れることが出来たら、美味しいのに。
でも、前飲んだときは、このイメージでは入らなかったんだよなぁ。

とりあえず青みのある和紅茶は、朱泥焼の急須で淹れると青みが和らぐので、湯通しなしでお茶っ葉を入れ、熱湯を注いで、堂島ムジカの柔らかくなったティーコジーで保温しました。

つい、さっき

和紅茶を淹れたことをすっかり忘れて、急須からコップに注いで飲んでみると。。
さめてぬるくなっているけれど、茶葉の香り味が十分抽出されて、味に深みが出ていました。
でも、この季節、ぬるいお茶より、温かいお茶が飲みたいんです。

というわけで、一工夫。
急須の和紅茶の残りを手鍋に注いで、ガスで加熱。
暖かくしました。
香りがたって、すごく美味しくなったんです。
香味の深みも、だんぜん沢山感じます。

IMG_3844.JPG
冷めた和紅茶、温めた和紅茶

まとめ

だいたい、昔々も今もどうやったら美味しい状態になるかという点で同じ様なことを考えています。
和紅茶にかぎらず、お茶の香味の出方は、抽出時間にとっても左右されます。

特に和紅茶の香味が引き出せていないと感じるときは、長く蒸らせば改善するというのは、経験済み。
でも、かる~く30分以上蒸らさないと、その効果を実感できないのが残念。
実感して貰いたくて、茶淹で昔、第一回目の「和紅茶の茶話会」を企画したんです。

和紅茶の淹れ方を工夫していて、昔と今を考えつつ、そんなことを思ったのでした。

おしまい。

よかったら、つめたい、あつい、時間のからまりをどうぞ。
ポットで、お茶っ葉から紅茶を淹れる方法もいかがでしょうか。

筆者個人のイベント予定 筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

新しくやってきたポットや急須でしていること

急須やポットをたくさん持っている理由を先日、記事(新しくウィンドウまたはタブが開きます)にしました。
今回はこれらの道具の使い始めに自分が何をしているのかを、振り返って書き出してみました。

新しい道具がきた!

まず、梱包の荷ほどきをするために、箱などから取り出します。
ポットや急須は、蓋と本体が分かれているので、蓋をしてきちんと閉まるか、蓋の方向がどれが一番正しそうかを確認します。
たいてい、ニヤニヤしてカッコいいなぁとか、エエなぁと思いながら、ちょっと眺めます。

その後、洗って、濡れているのを拭いて、さあ使おう!

…と、大体こんな感じです。
要は、ウキウキしています。

使ってみる

ポットにしろ、急須にしろ、その道具を使うのに適切だと思われる茶葉で、お茶を淹れてみます。
たいがい、他のポットや急須で試しているお茶で淹れます。

理由は、道具の特性を判断するのに、以前淹れたお茶でやる方が分かりやすいからです。

持ち手の感触や手触りを確認し、手や腕を比較的ゆっくり動かします。
注ぎ口からお茶がどのように出てくるのかを観察して、カップやコップ、湯飲みに注ぎます。

淹れたお茶を飲んでみる

初めて使った道具で、いきなり美味しくお茶が入ることは少ないです。
初回は、どのような傾向が以前使った道具と違うのかが分かれば十分。

繰り返し使って、美味しく入るポイントを探します。

お茶を淹れる道具と日本茶について思ったこと

少し話は変わりますが、先日、お茶友達の主催するお茶会を手伝いました。
それがキッカケになって、おぼろげに考えていることがあります。

紅茶って美味しく淹れる為のポイントは多くないし、比較的楽に淹れられるよなぁ。
でも、日本茶って、よくよく考えたら、番茶、ほうじ茶、煎茶、玉露、今回はなかったけれど抹茶とか、お茶の種類ごとに淹れ方が違う。

これって、お茶の文化の豊かさを物語っているのかも知れないけれど、お茶を淹れる人の立場になると、実にややこしい。
どのお茶を、どの道具を使って、どのように淹れるのかを知らないといけないから。

お茶の淹れ方って、家庭で受け継がれるというより、実は学ぶもの?だったりするのかな…

ウチの家は、お茶を淹れていなかったので、僕自身はお茶の淹れ方を学んだ口です。

まとめ

話を戻します。
さらっと、お茶を淹れる道具を新しく購入したときの作業を書き出してみました。
振り返ってみましたが、あんまり優雅なものではありません。

自分のテンションを少し上げるためと、記念撮影に写真をとってモチベーションを挙げているような気がしました。

IMG_2888.JPG
左は、いつも使っているポット大。 右は、2014年版のポット小、おろしたて。

おしまい

器から誘発されるモノ〜海外デザイナーの風〜は、いかがでしょうか。
四種類の宝瓶紹介をまとめてます!もどうぞ。

筆者個人のイベント予定 筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

急須やらポットやらを沢山持っているワケ

先日書いた普段使いの急須についての記事、ウチの妹(新しくウィンドウまたはタブが開きます)からツッコミが入りました。
「どんだけ持ってんねん!」と。
白状すると、先日のブログに掲載した急須以外にも急須を持っています。

上の流れから、どんなことを考えて増やしてしまったか、その理由(ワケ)を書きたいと思います。今回こそ、一般的ではないと思います。

最初は

一人暮らしをしている自分の部屋に、まずポットや急須がありませんでした。
今だったら、茶こし又はお茶パックがあればお茶を淹れることが出来ると思います。でも、お茶を淹れようと思い始めた当時は本に書いてある通り、ポットなどがないと淹れられないと思っていました。

お茶を淹れる始めたのは、紅茶からです。
最初に購入したのがティーマグ
ロゴのデザインが好みで、マグの容量を考えると、自分にピッタリでした。
この時点では、最初なので、デザインと機能性重視です。

その次に

購入したのが、ムジカのポット小です。

妹が友人からお土産にヌワラエリヤを貰ってきて、それを淹れるのに手頃なポットが欲しくなりました。

京阪神のお茶の店が掲載されたムック本で、特集されていたムジカ。
素人目から見ても、なんかシッカリしていそうだった。
結局、身近なスーパーや通勤経路上の百貨店などではなく、ムジカでの購入になった一番の理由は、「老舗の紅茶専門店」の安心と安定感だと思います。

まぁ、今振り返ると、シッカリして「いそう」じゃなくて、シッカリし「すぎ」ているお店だったんですけど。

それから

次にムジカのポット大を購入します。
堂島ムジカの喫茶で飲む紅茶と、自分が淹れた紅茶の味や香りの違い。
これを確認するために、同じポットを使うことで、できるだけ認識しやすくしたかった。
ポット大の購入動機は、そんなところでした。

それから、それから

一つ一つ上げるとキリがないので、もっと増やしていきます。
今度は、使う材質や形状によって、どう変わるかが知りたくなり…
で、現在に至るという感じでしょうか。

この流れは、たぶん一般的ではない。
うん、恐らくそうだと思います。

まとめ

う~ん、振り返るとイベントに参加する度に、増やしているところもあったりして…
すみません。まとめになりません。

IMG_3626.JPG
直火可能なガラスのポット。写真はイメージです!

でも、いろんなのを使って、写真取ったりして、それで楽しいと思うんだったらいいですよね。

…と思うことにします。

おしまい

いろいろある普段使いの急須たち

そんなに高くない壊れてしまっても購入しやすい普段使いの急須のことを書こう書こうと思って、なかなか書けず。
とりあえず、どんなことを考えていたのかを書いてみます。

使っている急須たち(使っていた急須を含む)

自分で最初に買ったのは、ハリオのガラス急須の後ろ手持ち。

ハリオ アジアン急須 丸型 QSM-1

新品価格
¥1,522から
(2014/11/10 09:48時点)

コレは、紅茶以外のお茶を淹れようとして、購入。
見た目がきれいで、お茶の葉っぱが開いていくのを見るのが好きだった。
ガラスだから、香りも付きにくい。
器が熱い方が良い紅茶で使うことは少なかった。
ある時、注ぎ口をしっかり洗おうとして、注ぎ口を破損させてしまい使えなくなっちゃった。
同じ物を買っても良かったけど、違う形のガラスのポットも使ってみたくなって、今はない。
今あるのは、こんなの。

ガラスポット、二代目。

 

一番よく使うのは、右手用の横手持ちの朱泥の急須。

横手持ちの朱泥の急須(大)

京都府南山城村のイベントでの頂き物。めちゃ重宝してる。
もともと、ガブガブ飲むタイプなので、マグに一杯分がちょうどいい。
主に、浅蒸し煎茶、ほうじ茶で使ってる。
深蒸しの場合は、ちょっと気を付けないと、美味しく入るタイミングがずれる。
基本的に緑茶を入れるのに淹れやすい。
使うにつれて、中に茶渋が付いてきたけれど、それもなんかいい感じ。

 

一つ上の、ちっちゃい版も持ってる。

横手持ちの朱泥の急須(小)

普通の湯飲み、一杯分くらい。
小さくなった分、蓋を取った後の口径が小さいので、ちょっと洗いづらい。基本は上と同じ。
少な目に飲みたいときに使っている。

 

宝瓶は、たまに上等な煎茶、玉露を淹れるのに使うのが多い。

宝瓶

蓋を取った後の口径が大きいので、氷だしするときは、よく宝瓶を使う。
後ろ手、横手の急須と手や腕の動かし方が違うので、久々に使うときは体の動かし方が、ぎこちない。
使用頻度が、ティーマグ、ポット、横手持ちの急須、宝瓶の順番なのが影響してそう。

 

実家だと、土瓶型の蓋の上にツルのある急須を使う。
一人分の小さいのと、それの4倍ほどの容量の。

土瓶タイプの急須(小)

これで、上等な煎茶も、普通の煎茶も、ほうじ茶も、玄米茶も、時には深蒸し煎茶も淹れる。
中の陶器の丸い網の穴が比較的大きく、茶葉がでてくるので、別途茶こしを使うことが多い。
たまに茎茶を淹れるときは、茶柱をみたいから茶こしを使わないこともある。

写真を撮って気が付いたこと

横手持ちの急須は、右手用と左手用があります。
僕は右利きなので、右手用を使っています。
左手用の急須は、日本茶の専門店でないと置いているところが少ないかも。

後ろ手の急須と、宝瓶と、土瓶タイプは、右手用、左手用がないので、家族と一緒に住んでいて、右利きと左利きの人が同居している場合は、横手持ちより、こちらの方がいいかも知れません。
宝瓶の使い方は、「わたくし宝(たから)の瓶(びん)と書いて、宝瓶(ほうひん)と申します」をご覧ください。
宝瓶の比較記事は、「[最終回]宝瓶紹介、まとめ」です。

ブログの記事にしようとして困ったこと

それで、どれがいいとか、オススメとか、初めて急須を手に入れようとしてる人を想定して書こうとしたんだけど。
何が困ったかというと、イベントで貰ったとか、実家に元からあったとかで、ほとんどが自分で買っていない。
たまたま、手元にきたから使っているだけで、積極的に選んだ訳じゃないので、「選択」する場合を想定して、書けなかったんです。
僕がたまたまなのかも知れないけれど。

まとめ

急須のない御家庭もあるかと思って、書こうとした記事なのですが、僕の場合は参考にならないかも知れません。
それでも、どんな日本茶を飲みたいかで、使う急須が異なります。参考になれば幸いです。

注意点として、最初は余り高いのは買わない方がよいと思います。
普段使うのに高すぎると、使うのに気後れしちゃいますから。

ヘンかな?ヘンだろうな!急須やポットの中をのぞくのは!!

お茶を淹れたら面白いなぁと思うのは、香りが立ったとき。
急須やポットから器に注ぎ始めると、香りが上がってくる。

注ぎ始めた時からいい香りがしてくると…

おいしい期待度がグンと上がります。
逆に、香りがあまりしてこないと、テンションが下がり気味になります。
香りが良いと、たいがい味も良い場合が多いような気がします。

香りが良いと、ついついやってしまうのが、急須やポットの中をのぞき込むこと。

何も入っていないポット。 少し茶渋が残っているのが、ちょっと(^^;;
何も入っていないポット。
少し茶渋が残っているのが、ちょっと(^^;;

どんな葉っぱかなぁ〜、今どうなってるんだろうって。
でも、一歩幽体離脱のように、自分がどのように見えているかを考えると、ミョーな絵なんだと思います。

クンクンって鼻を近づけるし、高さのあるポットだったら底を見るのに焦点が奥になってて、知らない人が見たら、視線どこに行ってるの?と思われてもおかしくない。

たぶん

見たことのある風景にしてしまえば、ヘンに思われずに済むのかな。
だったらSNSとかに、急須やポットをのぞき込んでいる画像を流し続けると効果があるんだろうか…

いや、まじめな話、急須やポットを自分で使う人が多かったら、そもそもヘンに思われることないか…

まとめ

何をしているのかが分かるようになると、ヘンに思われる必要もない。
なので、機会があれば、人に急須やポットをのぞいてみると面白いよ!って言い続けると良いんじゃないかなぁと思ったのでした。

おわり。

よかったら、とりとめもなく、身近な飲み物を考えてみたをどうぞ。
何事もTPOなのかも知れない…もいかがでしょうか。

手軽に熱いお湯で緑茶を淹れる方法

先日、母の日常茶が玄米茶だという記事を書きました。
今回は、お手軽な淹れ方について、書きます。

読まれている方は、たぶん…

上記のような横手持ちの急須とか、そうでなくても土瓶型の急須を想像すると思います。

でも、そうじゃない物を使います

スーパーとかで、蓋付きの湯飲み売ってますよね。
蓋だけじゃなくプラスチックのフィルターの茶こし付きで。
それで、交換用にフィルターだけ売っているところも結構あると思います。

湯飲みと蓋は使わず、フィルターだけを適当なコップにいれて、フィルターの中に、茶筒から乾燥茶葉の玄米茶をいれる。
そこに熱い湯を注ぐ。
蒸らし時間は計らず、適当にいい頃かな?と思ったときにフィルターを皿に上げれば、出来上がりです。

この方法、よくよく考えてみると

合理的。わざわざ、専門の蓋と湯飲みを新たに買う必要がなく、フィルターだけ買えばいいのだから。

湯呑みを新たに買った場合は、収納場所が要りますから。
それに、金網タイプの物より、プラスチックフィルターの方が熱くならないし。

一人で飲むのに、急須はたいそう。
この方法なら手軽だし、お行儀がよいとはお世辞にも思えないけれど、習慣にできそうですよね。

IMG_0753.JPG

写真は上記の記事とは直接関連しませんが、プラスチックのフィルターの写真があるので、載せました。

実は…

母がこの方法で淹れているのを最初見たとき、衝撃でした…
まぁ、日常的にお茶淹れるようになったのは良いけれど、そう来るか…と。
僕が淹れるときは、急須を使っていたので、フィルターだけという発想はありませんでした。

まとめ

お茶を淹れるのに、専用の急須がある方が便利ですけど、手軽とは言い難い面もあります。
比較的入手しやすいプラスチックフィルターの茶こしを使った、お手軽な緑茶の淹れ方を紹介しました。
この方法では熱いお湯で淹れても美味しい茶葉、例えば玄米茶、ほうじ茶、番茶なども必要なので注意して下さい。

紅茶を手軽に飲みたい!と思われている方は、こちらをどうぞ。

おまけ

秋田諸越の秋田杉の写真。
IMG_0754.JPG

フィルタで加工しているので色目が実物と違います。
凹凸の陰影は肉眼だと見えるんですけれど、写真には撮りづらい。
部屋を暗くして、暗いところでも撮影できるコンパクトデジカメで撮りました。
こういう陰影で、きれいな物作る文化っていいなぁと思います。
なので少し手間をかけて撮影してみました。

よかったら、お茶ないのん?…日常茶について考えてみるをどうぞ。

同じお茶を違う方法で淹れる理由

お茶を淹れて、このお茶、今こんな香りや味をしているけど、こうしたいなぁ、あーしたいなぁと想うことがあります。

そんな記録です。

続きを読む 同じお茶を違う方法で淹れる理由

極上かぶせ茶と急須「茶逢」〜実はブログタイトルの由来〜

シンプルに。

奈良の天空大和茶カフェの極上かぶせ茶、家族からの貰い物。

急須は、常滑焼の「茶逢」(ちゃほう)。

続きを読む 極上かぶせ茶と急須「茶逢」〜実はブログタイトルの由来〜

ゴマ炒り器で作るほうじ茶(実験風)

昨日、理科系の研究室仲間が集まって飲み会をやっているような雰囲気のお茶会に参加しました。

お茶会で、ほうじ茶はなかったし、最近自分では淹れてなかったので、実験風に「ゴマ炒り器で作るほうじ茶」を書いてみました。

用意するもの
・ガスコンロ
・ゴマ炒り器(ごま煎り、ゴマ煎り、ゴマイリ、煎りパン)
・煎茶

IMG_2521.JPG

手順
(1)ゴマ炒り器に煎茶を入れます。
(2)ガスコンロに火をつけます。
(3)ゴマ炒り器をガスコンロの上に置いて、加熱します。
(4)火にかけると、すぐに煎茶から香りが出てくるので、火から離して、香りを確認しましょう。
(5)ゴマ炒り器を置いたままだと、ムラができるので、ゴマ炒り器を揺らしながら、加熱し続けます。
(6)緑が茶色になります。火が強すぎると、煙が出てくるので注意しましょう。
(7)緑色がなくなったら、火を消します。

IMG_2523.JPG
茶色の葉っぱができあがりました。淹れて飲んでみましょう。

飲み方
(1)ぐつぐつと沸騰したお湯を用意します。
(2)茶色の葉っぱを急須に入れます。
(3)お湯を急須に注ぎます。

IMG_2524.JPG
(4)一分ぐらいで、急須の液体をコップに注ぎます。
(5)熱いので、ふぅふぅして、飲みましょう。お菓子もあると美味しくいただけます。

IMG_2526.JPG

片づけ
(1)急須の茶色の葉っぱを捨てて、急須を水洗いします。葉っぱをきれいに取りましょう。
残っていると、次に使うときに、新しいお茶の葉っぱと混ざって、美味しくありません。
(2)コップも洗います。
(3)急須とコップの水をしっかり切って、布巾で急須の外側と蓋を拭きます。コップは外も内も拭きましょう。

感想を言い合ったり、書いてみたりすると、もっと気付くことがあるかも知れません。

調べてみよう
・お茶の用語、火香ってなんのことかな。
・火にかける時間を短くして、浅炒りのほうじ茶を作ったら、どうなるかな。

おしまい

ほうろくという昔ながらの道具で、ほうじ茶を作る場合は、こちら
実験的にやりたい人は、「ご家庭で実験!二種類の紅茶を飲み比べる方法」はいかがでしょうか。

がもよんばるの朝

今もまだやっている(2013年4月14日お昼頃にアップしたので)大阪市城東区の「がもよんばる」に行ってきました。

移動は、大阪市営地下鉄谷町線と長堀鶴見緑地線で。
IMG_0628.JPG谷町線の車両はローレル賞のもの。
さて、今日はどうなることやら…

 

 

 

IMG_0629.JPG蒲生4丁目到着。

 

IMG_0630.JPG一つ目は、お茶好きには外せない和菓子屋さんへ。

 

IMG_0631.JPGこれがチケットセットです。

 

IMG_0632.JPG朝なのにお腹が空いて、がっつり系ラーメンへ。

 

IMG_0633.JPG濃厚味噌ラーメンとウーロン茶。
スープまで頂いて、お腹一杯に。

 

IMG_0634.JPG口直しに急須を頭に乗っけた「がもよんばるちゃん」のいる日本茶屋さんへ。

 

IMG_0635.JPGブレスレット二つ目ゲット。

 

IMG_0636.JPGここで和菓子梅屋さんの袋を開けて陳列。

 

IMG_0637.JPGガモウでノミました。
このお酒は協賛品で無料で一杯いただけました。
飲みやすいお酒でした!

 

IMG_0638.JPG

やっとのこと、口直し。鹿児島の新茶を濃厚に淹れてやりました。
美味かったです。

 

IMG_0639.JPG四つ目は、カフェへ。

 

IMG_0640.JPGカプチーノ。

 

IMG_0641.JPGチケットセット。
カボチャのチーズケーキ、クッキー、缶バッチ。

 

IMG_0642.JPG

ただいま、これを書いているBGMは、BLU-SWINGさんの2012年12月12日発売のアルバム「1212」で、Mother’s Song Cafeさんの三周年の缶バッチと四つ目のチケット。
イチニッイチニッ、サンシ^-^;

 

IMG_0643.JPGワタクシ、普段全くコーヒー系の飲料を飲みません。
エスプレッソは、コーヒーの玉露でした。メッチャ濃厚!

 

IMG_0644.JPGそして最後は、ラファン。

と言うわけで、持って帰ってきてティータイム。

 

IMG_0891.JPGお茶はインドネシアの紅茶、ジャワプリマ。

ちなみに、コースターはアタと言う植物の茎を使ったものだそうです。

濃厚な朝からお昼のおやつ時間まででした。
バルなので夜がメインだと思います。

さて、夜はどうなったんだろ…

よかったら、日常のおやつのお茶はいかがでしょうか。
熱いのが冷めないうちに…飲み頃という、たのしみもどうぞ。