紅茶を美味しく淹れれるようになるまでやったこと

どうやったら紅茶をおいしく淹れられるようになるんでしょう?

たまに質問されることがあります。自分が実際にやった方法を紹介します。

僕が紅茶を葉っぱから淹れるようになったのは、2008年頃から。

そのころは、まだ紅茶の種類なんて丸でわかりません。

なんとなくストレートティーよりミルクティーの方が飲みやすいみたい。
そんな印象を持っていました。

紅茶の種類がたくさんあり、店員さんがきちんと説明してくれるところがよいと思ったので、堂島ムジカに行きました。

いろいろある紅茶を見ながら、次の条件を満たすものを探しました。

  • 選択に失敗しても、痛手を感じ難い安価なお茶
  • ミルクティー向き

それで選んだのは、ミルクティー向きの日常茶、堂島ブレックファースト。(ブレックファーストティーについては、こちら)

当時、安価な日常茶に100gアルミ袋がなく、あったのは次の二種類。

  • 226gの缶(ティーキャディー)
  • 350gのアルミ袋

初めてのお茶っ葉購入で、どっちにするか悩みました。

キャディーは中身がなくなったら葉っぱを補充して継続して使うもの。もし、味が気に入らなかったら困るな。

そう思って、キャディーではなく350gのアルミ袋を買いました。

さて、楽しみにして自宅に持って帰り、いざ淹れて飲んでみました。

すると、、ぜんぜん美味しくありません!!でも、まだ350g近く、残っています!

「うーん、困った。せっかく買ったし。葉っぱがなくなるまで、とにかく淹れて飲んでみよう」

最初美味しくなかったのは、葉っぱが少なかったようで、量を増やしました。

蒸らし時間は、3分だったのをもっと長くしたほうが美味しいと感じました。

どうやら、これが美味しく紅茶を淹れられるようになるコツだったようです。同じ種類の葉っぱを自分が美味しいと思うようになるまで小さな工夫を繰り返すこと。

すぐに美味しく淹れられる手軽な方法が書いてあるのかな?と期待して、ここまで読まれた方、ご期待に添えずすみません。

美味しい紅茶を淹れられる道は、1日にしてならず、、ということで(^^;;

よかったら、まずは試しに紅茶をいれてみませんか。「ポットで、お茶っ葉から紅茶を淹れる方法」はいかがでしょうか。

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定