お茶をおいしく飲みたい(2)~渋みとの付き合い方~

前回は、お醤油の味見を皮切りに、お茶の味見とお茶っ葉の量について書きました。
今回は、渋みとの上手な付き合い方について考えたいと思います。

よく聞くお茶に関する話題で困ったというのが、紅茶や緑茶の淹れ方で「抽出時間が長すぎて渋かった!」ではないかと思います。

12 - 1

そもそも、お茶っ葉の中には渋みの成分が多い種類とそうでないものがあります。
緑茶でいうなら、渋みが多いのが煎茶、渋みが少ないのが玉露、その中間が冠茶(かぶせちゃ)です。
紅茶も、ストレートティー向きとミルクティー向きの種類があって、多くの場合ストレートティー向きの方が渋みが多い傾向にあるようです。

渋みの成分が少ないお茶っ葉で淹れると、抽出時間が長くても、元々の渋み成分が少ないので飲んでもあまり渋くない。
逆に渋みの成分が多いお茶っ葉で淹れると、少しでも抽出時間が長すぎてしまうと、渋すぎになってしまいます。

ここまでの話をまとめると、お茶は渋くって苦手だなぁ~と仰られる方は、お茶を淹れる時のポイントとして、渋くないお茶の種類を選ぶか、抽出時間を短くするか、だと思います。

次に、淹れたお茶が渋すぎる場合の対処として、緑茶でも紅茶でもできることは、お湯を加えて薄くすることです。

また、甘いお菓子と一緒に頂くと、嫌な渋みが心地よく感じられる場合もあります。
手軽な方法として、甘さ控えめのクッキーと一緒にいただいてみてはどうでしょうか?
随分と渋みが軽くなったことを感じていただけると思います。

緑茶ではあまりしませんが、紅茶ならミルク(牛乳)やお砂糖を加えると、渋みが消えたり緩和されたりして、飲み心地が円やかになります。

お茶の渋みを美味しくいただく応用編として、焼肉や油脂成分の多い食後の口直しに、渋みのあるお茶を頂くと、口の中の油脂分を洗い流して、爽やかな心地に変化します。

さて、渋みとうまく付き合ってゆく方法を紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。

渋みもお茶の要素の一つです。
渋みとの付き合い方を覚えてしまえば、よりお茶をおいしく楽しめる様になると思います。

前回取り上げた味見をして、自分が心地よく感じる渋みの強さを確認してみてください。
どこを変えると渋みが変わるのかといえば、お茶っ葉の量、お茶の種類、抽出時間になります。
たぶん、今までと少し違ったお茶のおいしさを感じてもらえる様になると思います。

なお、今回は書きませんでしたが、お湯の温度や飲むときのお茶の温度も渋みに影響します。
次回は、お湯やお茶の温度について書きたいと思います。

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。