お茶をおいしく飲みたい(1)

先日、イベントで訪れた街は、旧家が建ち並ぶ街道でした。
歩いていると、建物の中を見学している人たちを発見。
覗いてみると樽でお醤油を作っているお醤油屋さんでした。

面白そうだったので、どんなお醤油があるのか店内に入ってみると…
ちょっとした台の上に小皿が数枚、お醤油が小さい水たまりのようにたらされていました。
味見をするためだろう、でもどうやって味見をするんだろう?と考えていたら、お店の方から「小指に付けて、味見してみて下さい」と声を掛けられました。
勧められるままに、小皿のお醤油に小指を付けて舐めてみると、「へぇ~、こんなに味が違うんだ!」と思いました。
一番気に入ったのは、昔ながらのお醤油。
1リットルで少し重たかったのですが、購入して持って帰ってきました。

お醤油は、お料理をする場合に、煮物とかに足します。
お汁を少し口に含んで、濃さとかバランスがよいかなどを確認。
要は、ときおり味見をして、量を調節します。

今回のテーマは「お茶をおいしく飲みたい」。当てはめて、おいしく淹れる場合の味見について、考えたいと思います。

ご家庭でお茶を淹れることを想像すると、だいたい使う湯呑みやコップやカップなんかは、いつものを使うので大きさや形などは一定だと思います。
いれものの大きさが一定なので、そこから急須に入れるお湯の量も一定になります。
また、ライフスタイルによって、急須やポットなどから注ぐまでの待ち時間も、だいたい同じ。

ということは、変更しやすいのは、お茶っ葉の量をどのくらいにするか?と思います。
例えば試しに、お茶っ葉の量をいつもの1.5倍にしてみる。0.7倍(7割)くらいにしてみる。
やってみると、自分がおいしいと感じるお茶っ葉の量が分かると思います。
お料理で使うお醤油の量を味見して調節することと同じ要領です。

11 - 1

初めなので、この記事を書く動機というか、きっかけを書きたいと思います。

最近、少人数でお茶をおいしく飲みたいという方に集まって頂いて、お茶の勉強会を始めました。

僕が急須に、緑茶の葉っぱを計って入れたところ、参加者の方から「お茶っ葉、こんなに入れるんですか?」と驚かれたんです。
淹れたお茶を飲んでいただいて、おいしいと言って貰えたので、お茶っ葉の量は丁度だった訳です。

そのときに思ったのは、お茶のおいしさを知るきっかけは、ちょっとした味見なのじゃないかな?ということ。

今回は、お茶っ葉の量を変えて試すことについて書いてみました。



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村