「お茶」カテゴリーアーカイブ

手軽に熱いお湯で緑茶を淹れる方法

先日、母の日常茶が玄米茶だという記事を書きました。
今回は、お手軽な淹れ方について、書きます。

読まれている方は、たぶん…

IMG_3379.JPG

上記のような横手持ちの急須とか、そうでなくても土瓶型の急須を想像すると思います。

でも、そうじゃない物を使います

スーパーとかで、蓋付きの湯飲み売ってますよね。
蓋だけじゃなくプラスチックのフィルターの茶こし付きで。
それで、交換用にフィルターだけ売っているところも結構あると思います。

湯飲みと蓋は使わず、フィルターだけを適当なコップにいれて、フィルターの中に、茶筒から乾燥茶葉の玄米茶をいれる。
そこに熱い湯を注ぐ。
蒸らし時間は計らず、適当にいい頃かな?と思ったときにフィルターを皿に上げれば、出来上がりです。

この方法、よくよく考えてみると

合理的。わざわざ、専門の蓋と湯飲みを新たに買う必要がなく、フィルターだけ買えばいいのだから。

湯呑みを新たに買った場合は、収納場所が要りますから。
それに、金網タイプの物より、プラスチックフィルターの方が熱くならないし。

一人で飲むのに、急須はたいそう。
この方法なら手軽だし、お行儀がよいとはお世辞にも思えないけれど、習慣にできそうですよね。

IMG_0753.JPG

写真は上記の記事とは直接関連しませんが、プラスチックのフィルターの写真があるので、載せました。

実は…

母がこの方法で淹れているのを最初見たとき、衝撃でした…
まぁ、日常的にお茶淹れるようになったのは良いけれど、そう来るか…と。
僕が淹れるときは、急須を使っていたので、フィルターだけという発想はありませんでした。

まとめ

お茶を淹れるのに、専用の急須がある方が便利ですけど、手軽とは言い難い面もあります。
比較的入手しやすいプラスチックフィルターの茶こしを使った、お手軽な緑茶の淹れ方を紹介しました。
この方法では熱いお湯で淹れても美味しい茶葉も必要なので注意して下さい。

おまけ

秋田諸越の秋田杉の写真。
IMG_0754.JPG

フィルタで加工しているので色目が実物と違います。
凹凸の陰影は肉眼だと見えるんですけれど、写真には撮りづらい。
部屋を暗くして、暗いところでも撮影できるコンパクトデジカメで撮りました。
こういう陰影で、きれいな物作る文化っていいなぁと思います。
なので少し手間をかけて撮影してみました。



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

インドの紅茶、ニルギリ

インドの紅茶というと、ダージリン、アッサムが有名です。
スーパーの紅茶コーナーを見ても、ダージリンブレンドとかアッサムブレンドを見かけると思います。
でも、インドにはニルギリというのもあるんですよね。

場所は?

ニルギリは、インドの南部のとがった三角形の西の海岸に近い丘陵部になります。ニルギリは、「青い山を意味する」そうです。

ちなみに、ダージリンとアッサムは、インド国土をザクッと「ひし形◇」と考えると右の上(北東)あたり。
ニルギリは、「ひし形」の左下(南西)になります。

どういう紅茶?

乾燥茶葉の見た目がシート形状と分かるオーソドックス製法が多いようです。(いまのところ、ニルギリの小さな丸い形状のCTCを見たことがありません)
インドの南なので、スリランカの紅茶に似た香味を持っています。

なんでこんなことを書いているかというと

単純に、ムジカのニルギルが結構好きなんですよね。
ムジカでは年間を通して販売しているニルギリが、二種類あります。

  • ニルギリ
    葉の形状がBOP(ブロークンオレンジペコー。葉っぱの小さなタイプ)。
  • ニルギリ(OP)。
    葉の形状がOP(オレンジペコー。葉っぱの大きなタイプ)。

IMG_3373.JPG

左がニルギリ(OP)。右がニルギリ。

僕が好きなのは、BOPのニルギリ。
軽く深みのある香ばしさ、控えめな華の香り、飲むと砂糖が入っていないのに、ほのかな甘みを感じる。

昔通っていた紅茶教室で、紅茶を淹れる番にあたって、たまたまムジカのニルギリで、たまたま美味しく淹れることができて、好評だったという美しい思い出もあったりします…

お茶がないと寂しいので。

IMG_3375.JPG

キャディーとのセットで撮影。
お見苦しいラベルで、すみません。

アルミパケットに貼られたラベルを上手に剥がすのに失敗して破れているにも関わらず貼ったんですよね。
で、あるときからラベルの配色が変わってしまって、こっちのオレンジのラベルの方が好きなので、破れているのに貼り替えていません(^^;;

IMG_3403.JPG
新バージョンのニルギリラベル。(2014-10撮影)

まとめ

ダージリン、アッサムは飲んだことがあるけれど、ニルギリを飲んだことがない方。

ものは試し。
ニルギリという紅茶があるので、試されては如何でしょうか。
たぶん…きっと、違いに気づくと思いますよ。

おまけ

この記事を書くのに、荒木安正、松田昌夫著「紅茶の事典」(柴田書店)の「ニルギリ紅茶」の項目を参照しました。
この事典、アイウエオ順に並んでいるんですけれど、ニルギリの次のページが「ヌ」で、一項目だけ。

「ヌワラエリヤ」

ヌワラエリヤはスリランカの紅茶です。



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

もろこしと、春番茶と、よしずづくり 〜玉露が高価なワケ〜

昨晩、秋田県の銘菓、極上こがしもろこしと奈良の日干し春番茶を頂きました。
「もろこし」は、漢字で書くと「諸越」。紙の包みを開いた中身は、八郎潟やいかだ等、何種類か型が違っていました。
春番茶は炒ってあるので香ばしいのに、華のような香りがあって。

なぜ説明したかというと…

昨晩のブログに上げた一枚の写真だけでは分からないところをサクッと書き出しました。
一緒に頂いたウチの家族だと全く説明はなくて良いのですが、ブログで公開したのに説明ないのはマズイかなと。

同じように昨日公開した「よしずづくり」も編むところの説明は写真一枚ずつに書いていても、覆いとは何か、なぜ玉露で覆いをするのかの背景を知らないと、よしずづくりに関心が向かないと思います。

玉露は、どうやって作るの?

日本茶の中で、高級なお茶である玉露。
高価だから何となく手間がかかるのは、想像できると思います。
でも、どのように作っているんでしょう。

お茶の木は、根っこでテアニンという旨味成分を作ります。
テアニンは根から葉っぱに移動します。
葉に移動したテアニンの一部が日光を受けると、渋み成分のカテキンに変わります。
お茶の新芽が出たら、葉を摘む前までの時期に、日光を受けないように覆いをすれば、テアニンからカテキンに変わる量を減らすことができます。
(京都府茶協同組合、発行「宇治茶大好き!」より一部変更)

お茶の木の覆いは、遮光といって日光の光をあまり通さなくするのですが、伝統的な栽培方法では「よしず」と「わら」を使います。

最近では、黒い化学繊維の「寒冷紗(かんれいしゃ)」が使われることが多くなっています。寒冷紗の方が、丈夫で扱いやすいそうです。

昨日の写真のよしずづくりのとき、素人の僕らが体験で編んだのですが、一枚に1時間くらいかかりました。使うときは二枚セット。

IMG_3367.jpg

「よしず」と「わら」の覆いは、こんな風になります。

 

「よしず」と「わら」の場合と、「寒冷紗」の場合で違いがあるの?

IMG_3368.jpg

両方を試飲すると、「よしず」と「わら」(本簾玉露、ほんずぎょくろ)の場合の方が美味しいとおっしゃられた方が多かったです。
僕も、寒冷紗より、よしずとわらの方が香りがよく味も深みというか複雑で、確かに良いなと思いました。

まとめ

諸越と春番茶は、美味しかったです。
玉露が高価になる理由の一部は、手間をかけて栽培されているためですが、その一部として、よしずづくりをご紹介しました。

お茶ないのん?…日常茶について考えてみる

内輪というか家族ネタです。
タイトルの「お茶ないのん?」は先日、実家に行った時に母から言われた言葉。
この場合の「お茶」は、母がいつも淹れている玄米茶を指します。
予備を探したのですが、あいにくなくなっていて買いに行きました。

日頃よく飲んでいるお茶を日常茶と言います。
今回は、日常茶について考えてみたいと思います。

日常茶の条件

お茶を常日頃淹れて飲んでいる人を想定して、思いつく条件を書き出しました。

  • 淹れて、美味しい!
    例としてウチの話を。僕は母とは同居していません。僕が淹れて、母が美味しいと言ったお茶があったのですが、母が淹れると美味しくなかったそうです。つまり「母が」淹れて美味しいお茶が必要です。
  • 生活圏内で入手可能である。
  • 価格が生活水準に対して無理がない。

上記に付け加えて。条件ではないかもしれませんが、淹れる人が習慣にできることも必要だと思います。

  • 生活習慣に沿っている。
    ご飯時、おやつの時間、仕事の休憩時間、はたまた仕事中などの場面に無理なく溶け込んでいる。

日常茶に高級茶は入るんだろうか?

僕は以前、お茶の味も香りも良くなる季節に製造された高級茶は日常茶ではない、と思っていました。

「思っていた」というのは、今は高級茶も日常茶になりうると考えを改めるキッカケがあったからです。

広島旅行で訪ねたあるお茶屋さん。
そこで、お茶話が弾んで。

僕「高級茶は日常茶に入らないですよね」
お茶屋さん「いやいや、ウチで扱っている紅茶はピーククォリティーで高級茶に入るんですけど、できるだけ年間を通して切らさないように仕入れるようにしています。だから、お客さんにとっては日常茶になっている人もいますよ」

これを聞いて、「あっ、そっかー! 条件を満たせば、高級茶でも日常茶になるんだ」と思いました。

image1.jpeg

まとめ

日常茶と言っても、人によって様々。
条件を満たせば、高級茶も日常茶になります。

日常茶は切らすと、切ないですよね。
残りをチェックして、無くならないうちに購入することをお勧めします。

ちゃ、ちゃ、ちゃ、チャイ(牛乳だけの煮出し紅茶)

僕は大阪に住んでます。朝晩、随分冷え込むようになりました。
こんなときは両手で覆うようにマグを持って、ふぅふぅしながら飲むチャイが恋しい。
という訳で、今回はチャイのお話。

今回のチャイは

日本でチャイというと、牛乳の入ったしっかり煮出された紅茶、大抵はスパイス入り。というイメージだと思います。
作り方としては、茶葉を少ないお湯で煮出して、濃い紅茶を作ります。その後に牛乳を入れて、スパイスを入れて煮出す。
牛乳の脂肪分が茶葉を囲んでしまうので、お湯で先に煮出す場合が多いです。

でも今回のチャイは、スパイスなし牛乳だけで煮出しました。

牛乳だけのチャイの作り方

image1.jpeg

使った茶葉は、ムジカのケニア紅茶「アフリカン・ジョイ」。形状はCTCです。
この茶葉だと牛乳だけでも、香りも味もでます。他のアッサムなどのCTCでは、うまく行きませんでした。

牛乳だけの場合、沸騰して鍋からあふれやすいので、しっかり見て作業します。

牛乳260mlとアフリカン・ジョイ8gを用意します。

  1. 手鍋に牛乳をいれます。
    image2.jpeg
  2. 火を付けて、強火にします。
  3. 少し温まったら、茶葉8gを入れます。
  4. 鍋の底に牛乳の膜ができやすいので、柄の長いスプーンで、鍋の底を廻すようにゆっくりかき混ぜます。
    image3.jpeg

     柄が長くないと熱くて、作業できません。また、かき混ぜるのを省くと、牛乳が沸騰するタイミングを見失いやすいので、注意。

  5. スプーンでかき混ぜることを止めず、細かい泡が出てきて、少し膨らんだくらいで鍋を持って、一旦火から離します。
  6. 鍋の泡が少し落ち着いたら、再度火にかけます。細かい泡が膨らんだくらいで火を止めます。
    ちゃんと見ていないと、ふいてしまうので、要注意!
  7. 茶こしで、濾してマグにチャイを入れます。
  8. 砂糖を少し多めに入れて、かき混ぜて、できあがりです。

image4.jpeg

 

折角なので、ちょっと、おまけで遊んでみました。
image5.jpeg

鈴カステラを、むりやり桃にみたてています。
左から、桃(みたて、実は鈴カステラ)、チャイが入ったクリ(という器)、柿。
(鈴カステラとチャイの組み合わせ、メチャあって美味しかったです!)

クリというのは、インドで使われる素焼きの小さな器。
飲んだら、地面に捨てて踏みつけて割ってしまって、土に返すんだそうです。
カースト制度で、クリを作る専門の階級があるとのこと。
(ムジカのマスター堀江敏樹さんの本「カルカッタのチャイ屋さん」の「チャイにはクリがよく似合う」より)

まとめ

寒い季節、チャイを作って、ふぅふぅして飲むのは、いかがでしょうか。

良いところばかり書くのはマズイと思うので、面倒だと思う点も書きます。
実は、牛乳だけだと手鍋の汚れが付きやすいんです。
美味しいけれど、ちょっと手間だなぁと正直思ったりします。

タイトルは、分かる人にしか分からないthe pillowsの「都会のアリス」のイメージです。

・・・日本茶?

このブログではお茶の情報を流しています。
なので読んで下さる方は、お茶に興味を持っている人だと思います。
ところが書いている当人は、子供時代、学生時代を通じて、家ではお茶をほとんど飲んだことがなかったんですよね。

どうしてお茶を飲まなかったのか

答えを先に書くと、お茶のない家庭で育ったから。

お茶を飲まないで何を飲んでいたかと言えば、大体は水か牛乳か牛乳で溶かしたミロか。
直ぐに飲めるものばかりです。飲むのに、ちょっとした手順も必要ない。

家には急須もあったのですが、使うのは専ら家庭訪問などでよっぽどのお客様があった場合のみ。
それも、僕が飲むのではなくお客様が飲むので、やっぱりお茶は飲んでませんでした。

それが紅茶を淹れるようになる

元々がお菓子好きで、和洋どちらかと言えば洋菓子の方が好みだったので、紅茶に興味を持つようになり、自分で紅茶を淹れるようになりました。

さて、本題です

紅茶屋さんの堂島ムジカでもらった小冊子には、ポットでお茶を出すお店が紹介されていました。

二日前のブログに書いた袋布向春園本店(たふこうしゅんえんほんてん)は、小冊子を見て訪ねたお店。
短い紹介文には「日本茶専門店」と書いてありました。

それで、やっと本題です。
image1.jpeg

「日本茶」って、何だと思いますか?

茶業関係者や、大抵のお茶好きさんなら間違えないでしょう。

でも、初めて袋布さんに行った頃の自分だったら、
「炒りたてほうじ茶は日本茶に入りそうだけど、なんと言えば正解なんだろう?」
と思ったに違いありません。

一つひとつ自分の昔を追って書いてきました。
ずいぶん引き延ばしてすみません。答え合わせです。

「日本茶とは、日本で作られた全てのお茶」。

煎茶も、玉露も、抹茶も、ほうじ茶も、地域で受け継がれた製法で製茶された地域茶(碁石茶や阿波晩茶など)も、今では増えてきている紅茶や烏龍茶も、日本で作られたお茶は全て日本茶になります。
上記の定義に従えば、ペットボトル飲料の緑茶も国産茶葉のみであれば、日本茶に入ると思います。

どうでしょうか?

簡単そうで、知らない人には難しかったかも・・・

まとめ

「日本茶とは、日本で作られた全てのお茶」です。

初めて聞いたときに「へぇ~!」と思った記憶があります。今の世の中、どの程度正解する人がいるのか分かりません。
知らなかった自分がいたので振り返ってみて書いてみました。

珍しいかも…、ノッポの紅茶缶たち

先日、大阪の紅茶友達が広島旅行に行かれて、ブログで紅茶のお店をいくつか紹介されていました。
最後に訪問されたお店が、僕も行ったことのあるお店で、そこで紹介されて購入するように飲むようになった紅茶があります。
その紅茶の茶葉を入れる缶(ティーキャディー)がちょっと面白い形をしていたので、その話をします。

多くの紅茶缶は

上から見ると、正方形に近い形。
image2.jpeg

写真は、ムジカの記念紅茶セレブレーションブレンドを上から撮影したもの。これはシンプルです。

今回紹介したいのは

円柱の紅茶缶たち。
image1.jpeg

右から、広島の紅茶メインのお店で紹介して貰ったマレーシア紅茶のボー。
尾道紅茶のディンブラ。
同僚のイギリス旅行みやげで貰った空軍の記念紅茶。
京都のムレスナティーハウスのロイヤルミルク。

全部、縦に長いので、今回のブログ記事のタイトルに「ノッポ」を入れてみました。

四角い缶を見慣れていたので、円柱は珍しく思ってしまいました。
日本茶の場合は茶筒に入れているのをよく見かけますが、紅茶だと円柱タイプは少ない様な気がします。

まとめ

紅茶の茶葉を入れる缶は、各メーカーやお店が工夫されていて独自の意匠や形状があります。
紅茶缶の中身の紅茶を頂くのと一緒に、紅茶缶を眺めるというのも、紅茶を楽しむ一つの方法ではないでしょうか。

ほうろくで炒りたてほうじ茶

お茶に関する様々な情報をブログに書いて、読んだ人にお茶に興味を持って貰えたらいいな。
それで色んなお茶を淹れる人が増えたらいいなぁ、と思ってブログを書いています。

今回は、日本茶を淹れ始めたキッカケ。炒りたてほうじ茶について書きます。
続きを読む ほうろくで炒りたてほうじ茶

手軽で場所をとらない紅茶の茶器

僕が一番愛用している紅茶を淹れる道具(ティーマグ)を紹介します。
色や柄などのデザインの好みは人それぞれですが、形や大きさ、茶こしの形状などのポイントは共通だと思うので、購入時の参考になればと思います。
続きを読む 手軽で場所をとらない紅茶の茶器