「ムジカ」タグアーカイブ

つめたい、あつい、時間のからまり

昨日は「冷茶からムジカティー」で日本の色んな冷茶と老舗紅茶屋さんのムジカティーの話を書きました。

さて、お茶をいれるとき、冷たい水を使いますか?それとも、お湯を使いますか?

たいていの人は、
「何を今更、お湯を使うやん!」
と思っているかも。

でも、冷茶(冷たいお茶)の場合は、水出し、氷出し、お湯出しで冷やすといったやり方があります。

abc5427a-8d1c-4927-9fbc-9fc2c42325bb

それぞれ、氷、冷たい水、常温の水、お湯の順にお茶っ葉から味や香りの成分が出てくる時間が変わります。
水の温度が高い方が、水の分子の動きが活発なので、成分が速く出ます。

冷茶総選挙の冷茶のいれ方講座は、参加者さん自身にやっていただくワークショップ。
茶缶からお茶っ葉をスプーンですくって、急須に入れて、氷水の10分抽出をしていただきました。
面白かったのは、湯飲みのお茶の色がいろいろだったこと。
なんででしょうね?

IMG_8455.JPG

淹れ手によってお茶の味が違うというのも、いろんな要素が絡んでそうです。
でも、氷水の10分抽出でも違うんだから、煎茶だったり、紅茶だったりも、なんだか違ってて当たり前という気もしてきました。

ちょっと、細かいことを書いてみましたが、楽しくおいしくお茶を飲みたいですね!

では、また~

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

やっぱりセレブレーションブレンドの気分になってしまった(*^^*) #種ノ箱 #ムジカティー (Instagram)

やっぱりセレブレーションブレンドの気分になってしまった(*^^*) #種ノ箱 #ムジカティー (Instagram)

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

冷茶からムジカティー

一昨日は、日本茶インストラクター協会大阪府支部のイベントでした。
スタッフをしてました。

ac039c27-e076-48b2-b026-a162524208b7

冷茶総選挙と銘打って、冷たい色んな日本茶をガラスのボトルタイプの容れ物に入れて、10種類。
なかなか見てるだけで壮観です。

658283ea-e401-437e-9c39-4c4ed3835e03

役員が変わったので、このメンバーでやる初めてのイベントです。
会議で企画を話し合いながら、みんなで作っていって、実際に実施すると結構楽しかったです。
(今更ですけど、一人ではできない企画だなぁ〜と、しみじみ感じてしまいました)

参加された方に、お好みのお茶へ投票していただきました。
結果は、こちらです。なかなか興味深い結果でした。

さて、会場が自分にとって久々の場所で、かつムジカティーの関係の深い日本茶屋さんの隣だったので、社長さんにご挨拶にいったら、堂島ムジカの面影がたくさん残る棚の写真がバーン!と張ってありました。

0e76dfd3-cd04-422f-a08a-3c4422bccbb7
そのものの写真を撮り忘れ。左下ぐらいに日本茶屋さんの本店の写真が張ってありました。

日本茶屋さんの本店の改装の際に、堂島ムジカの棚を引き取られたそうです。見ていて懐かしくなりました。

と言うわけで。。。
次の日は、もっと久々の芦屋のムジカティーに。

1041fde0-7960-4bef-8306-164e2fe30fbd

お店の中を見回すと、やっぱり堂島ムジカにあった物に、目が留まってしまって、
「あっ、これは、あそこにあったのや」とか
「あぁ、サーメット(野外湯沸かし器)こんなとこにおいてあるんや」とか。

2d0ce5cf-420c-4217-8f7e-da948cf34687
堂島ムジカの窓側にあった椅子。
68d8ecdc-4f32-48e6-be3f-9d5e8bde3816
うす緑の円柱がサーメット。

 

f8b63c16-7c7e-4066-89c5-aa54562d231d
先頃、スリランカに行かれてたそうです!

気になった紅茶を買ってきたので、なんかお茶会やると思います。
よかったら、種ノ箱にお越しください。

まだまだ暑い日が続くので、体調にはお気をつけくださいませ。

では〜

TeaMeeting in 種ノ箱 Vol.2を開催しました!!

紅茶の人、やすえさんが不定期に開催されているTeaMeeting(ざっくりいうと紅茶を飲んでおしゃべりしましょう♪)を種ノ箱でやる会です。
今回で、二回目になります。

朝11:00から始まり、19:00(20:00完全終了)という予定。

前回は、午後のおやつ時ぐらいからピークで最後までなかなか濃ゆい会でした。

今回は、最初から参加者の方がいらっしゃって、お盆だからかなぁと、やすえさん。

一つ目は、奈良月ヶ瀬健康茶園のべにふうきです。

奈良月ヶ瀬健康茶園さんのパッケージ、イラスト、いいですよね。

べにふうきがストレート向きな感じだったので、お次はミルクティー向きなムジカティーのサバラガムワ。

ここで、ミルクピッチャーに牛乳いれて、テーブルに置きました。
サバラガムワは、やすえさんのされているあべのbase240のTEASPOTでも置いてるそうです。スケジュールはこちら

そんな感じで、おしゃべりしつつ、二種類飲んだところで、特殊なルートで入手されたらしいダージリンファーストフラッシュ。
紅茶にしては青い葉っぱで、形状もOP(大きな形)。
いいお茶でしたね~。

そんな感じでスタートして、お菓子の差し入れもあったり。

やわらかめで飲みやすいインドのニルギリ(ムジカティー)。

それならと、ムジカティーのセレブレーションブレンドで、ちょっと華やかに。

ずっと、着香の紅茶がなかったので、変化を付けましょ!で、犬猫紅茶店のアールグレイブレンド(ティーバッグ)。
パッケージのイラストがかわいいよねっという声いただきました。

ふわっと甘い香りのミルクティーにするとおいしいラトナプラ。
丸い缶が、存在感ありますよね。

お次は、ムジカティーのオータムナルダージリン。
ダージリンは、今年紛争が起きてるので、茶畑荒れてるそうな。

シルバーポットのウヴァ。参加者の方の紅茶です。


この会は、紅茶の持ち込みも、お菓子の差し入れも大歓迎です(^^)

ちょっと一休憩的に、日常茶のムジカティー、堂島ブレックファーストを。
丁度、金時まんじゅうの差し入れもあり、ええ感じでした♪

大人も子供も真ん中にちゃぶ台をひとまとめにして集まってるので、なんかくつろいで色んなおしゃべりしてて、いい感じ。

ウヴァももう一つということで、ムジカティーのビンテージウヴァ、アイスラビイ茶園。

ここらで日本の紅茶も、いかが?
ということで、奈良の大和高原、都祁の羽間農園の紅茶を。品種はさやまかおりです。


おいしい(*^^*)、香りがいいねという声ありました。

自分の知っている限りでは、関西スーパーでしか見かけたことのない日東紅茶のロイヤルミルクティーブレンド。今回いれた紅茶の中で、これだけがCTCですね。

そして、ラストは先日届いた手摘みの特製、京都南山城紅茶!!

 

合計14種類。
改めて、紅茶って色んな種類あるんですね。。

ざっと、紅茶だけの紹介記事みたいになっちゃいましたが、参加者の皆さん、とっても銘々色んなおしゃべりされてました。
情報交換あり、これからのイベントの相談事あり、将来は?という流れから最新のプリキュアの設定に感心したり驚いたりやらあり、ほんといろんな話題がありました。

こういう機会もたまには、いいなぁと思います。

当日届いたばかり、出来立てほやほやの紅茶のフリーペーパー「TEASPOT通信Vol.4」もチラシコーナーに配置しました。

次回は、10月14日の予定です。
よろしければ、ご都合合えば、ご参加いただければと思います。

では~

保存

続々々々々関心⇄楽しむ(本なら一人でも出来ます!)

前回の「続々々々関心⇄楽しむ(ゆるいお茶会)」では、自分だけじゃなく、他人と分け分けすることで、広がりが出来るよ!ということを書きました。

他人と一緒になにかやるという話を2,3回続けたにも関わらず、自分が最初にやったのは本を読んだことだったなというのを思い出しました。

これなら一人でも出来ますから。当時は話すのが苦手だったんです。
関心を持った内容、本なら誰彼と話すことなく、とりあえず読めば進めれます。

お茶の本、本屋さんとか図書館とか行けば、色んな種類があって、自分が読めそうな本から手に取ることが出来ますよね。

c986a2cf-b5cd-42eb-9c67-aa48f38d9eb6

お茶そのものじゃなくて周辺のもあったり、

78901697-50c0-4579-9f74-2c020cf2b0f0

お茶の絵本もあるんですよ!

53a6a198-d3f9-4222-a2d9-7150fbbf337e

自分の場合は、ムジカだったり、福寿園に関心があったので、そういうのも読んだりしました。

関心を楽しむに変える方法、あれこれなんかあったかなーと、小出しに書いてます。
意外にいろいろ書けるもんですね。

続々々々関心⇄楽しむ(ゆるいお茶会)

前回の「続々々関心⇄楽しむ(シェアしてみたら)」では、関心から楽しむに変えるのに、これに関心があるんです!と一声あげるだけでも変わるかも、、ということを取り上げてみました。

ここら辺から、既に楽しむの割合が増えていっているような気がします。

ところで、自分がこれにハマってるねん!というのを自分だけで止めていたら、広がりというか、賛同者というか、仲間は増えませんよね。

前回、手揉み緑茶体験をしたと書いたんですけれど、出来上がった緑茶を実家の家族と一緒にいただいたんです。
たまたま、瑞々しくとっても美味しいお茶になってて、「これ、どこで買ったん?!なんぼしたん!」と言われちゃって。

一人だけ楽しんでいれば、そんなびっくりするような反応もなかっただろうし。
たぶん、これに味を占めて、うまいもんをみんなで分け分けしていただくのって、面白いなぁと思うキッカケになったような気がします。

一時期実家で毎週、何かお茶とお菓子を出していました。この写真は、ムジカのラグジュアリーセイロンと地元のケーキ屋さんのモンブラン。

イギリスの上流階級のイメージだと、女主人がコーディネートを考えてセッティングして、紅茶をふるまうのでしょうけれど。ちょっとたいそうで、気後れしちゃいます。

それより、みんなが持ち寄って、わいわいするゆるいお茶会の方が自分は好きです。

地域のマップを使ったお菓子中心の持ち寄り茶会。

色んな楽しみ方ありますけれど、みんなで「せーのっ」と出し合うのは、ちょっとした発表会でワクワクしますね。

そういうやり方もどうかな?ということを書いてみました。

保存

保存

続々関心⇄楽しむ(関心の続く環境)

前回は「続関心⇄楽しむ(機会に恵まれる)」で、関心が楽しみに変わるのに、機会が大切じゃないかな?ということを取り上げました。

自分はどうだっんだろう?を考えていたら、関心を持ち続けていく環境があったなぁ、と思いました。

まず、お茶については、紅茶に関心を持ったので、本屋でムック本「お茶の店」を手に入れました。
この本は、使い勝手が良くて一通りの紅茶の道具やお店を眺めることが出来ました。
今、こういう一揃えに纏まった最新情報の雑誌って、見かけないです。
ちょうど、自分の気持ちと発売タイミングが良かったんだなと。

IMG_8359.JPG

ムック本に載っているお店をいくつか訪ねて、なんとなく自分の興味を広げてくれるお店に居着くようになりました。
老舗紅茶屋さんのティーハウスムジカ堂島店です。

紅茶を淹れるのに関心が高かったので、最初にリーズナブルな日常茶を選択したら、好い選択ですね!と誉められて、気を良くして。
たくさんありすぎて迷うくらいだったけれど、種類が豊富で、クォリティーシーズンものもあって。
ムジカはとっても、紅茶を学ぶのには適した環境だったんだなと、今ではそう思います。
(あくまで、自分とっては…です)

5253B193-B330-456B-A490-0ED0E894FA44.jpg

人によっては、紅茶教室のようなものだったり、日本茶インストラクターのような資格だったり、定期的な勉強会だったり。
お茶好きな友達だったりするのかもしれません。

関心を持ったなら、関心を持ち続ける機会が続くこと、環境って大切だなと思いました。

TeaMeeting in 種ノ箱(1回目)、開催しました〜!

紅茶の人、やすえさん(TEASPOTさん)に種ノ箱にお越しいただいて、TeaMeeting in 種ノ箱を開催しました!

TeaMeetingは、やすえさんが不定期に開催されている、基本的にいろんな紅茶を飲んで、おしゃべりするというゆったりした企画です。
種ノ箱の店主である筆者は、なんどかTeaMeetingに参加していました。
でも、自分のスペースでTeaMeetingを開催するのは初めて。
今回は、初めてなので、とりあえずおしゃべりはやすえさん、お茶淹れは筆者が担当としました。

さて、いざやってみると、人が着始める時間はみんな、なんとなく同じ時間で。
だから、わっと増えて。
人が増えて集うと、色んな話がでました。
新しい参加者が来られたり、出る方もいたり、そういうタイミングで少し話の流れが変わったりして。

出てきた話のキーワードを書き出してみると、お茶会、まちライブラリー、文化、セクシャリティー、ムジカ、元町ムジカ、ピエロハーバー、イベントの準備や広報、建築、文化財保存、お菓子、スリランカ、ひとくくりにすると北摂など。

淹れた紅茶に一言コメントをつけて紹介すると、
“和紅茶いきましょ”で「月ヶ瀬健康茶園、べにひかり」。
あっ、ふくろ。。。「PARCIC、アールグレイ紅茶」。
飲んだことないんです。「ムジカティー、スペシャリティダージリン、D&DEPARTMENT PROJECT」。
ここらいきましょ「ムジカティー、ヌワラエリヤ」。
現地で買ってきたー「Dilmah、RATNAPURA」。
どっちにする?「ムジカティー、杵築紅茶、べにふうき」。
そろそろブレンド(心の声)「ビューリーズ、ゴールドブレンドティー」。
やっぱ「ムジカティー、ラプサンスーチョン」。
香りに負けないのって?「ムジカティー、プライドオブスリランカ」。

D6BF9439-74A8-4B2A-80B5-8B9065AE79FE.jpg

最後は、さわやか「ムジカティー、杵築紅茶、べにさやか」。

IMG_7486.JPG

ご参加ありがとうございました!!

番外編として、みなさんが帰られたあとに、お皿にあけたお菓子をさらおうと、再び紅茶を、写真のロイヤルミルクティーブレンドを淹れました。
実は、おおっ!と思ったのは、福だるま。
お客様のお菓子の持ち込みだったんですけれど、先日京都市内のお店の前を通ったんです、福だるま、買おうとして買いませんでした。
結果的に、買わなくって正解だったようです(苦笑)。

IMG_7494.JPG

次回のTeaMeeting in 種ノ箱は、夏まっただ中の8月13日(日曜日)の予定です。
詳細が決まったら、お知らせする予定です。
ご都合よろしければ、紅茶を飲みに、おしゃべりしに、そのほかの理由でも、お越しくださいね。

では、これにて!

杵築紅茶の「べにさやか」さん

神戸ムジカで購入した杵築紅茶は、べにふうきとべにさやか。
先日べにふうきを開封して、今日べにさやかを開封。

袋からは、すきっと背筋が伸びるような、ピンとした香りがします。

筆者は、堂島ムジカでもらった資料を保管しています。
ふと、杵築紅茶のを出してみると、2011年6月に、べにふうき、べにたちわせ、べにさやか、桜花入りの記載があります。
確かに、べにたちわせ、ありました。
別の年には、そうふうもあったはず。

IMG_7184.JPG

さて、ポット大でべにさやかを入れてみると、カップ一杯目は淡い感じ。
香りがなんとなく南国を思わせます。

IMG_7185.JPG

カップ二杯目は濃くなった感じでお茶だけで楽しめてしまう。

IMG_7186.JPG

カップ三杯目、濃くなってバランスが悪そう。。
飲みづらくなってしまった。
ちょっとお菓子と一緒にしたらどうかな?

IMG_7187.JPG

バームクーヘンと一緒にいただくと、はっきりと香りが浮かんできて美味しくいただきました。

620850d6-fa9a-4fca-add5-ea5959d903c4

ごちそうさま。

IMG_7190.JPG

色んなお茶があるけれど、それぞれで楽しめたらいいなぁと、よさそうな組み合わせを今も探してます。