「ムジカ」タグアーカイブ

すてきだなと、おもうこと(まちライブラリーブックフェスタにいる中で)

まちライブラリー@もりのみやキューズモールで、借りた本『「暮しの手帖」とわたし 大橋鎭子』を読んでます。

長く、とっても長く続けれらている雑誌の最初の立ち上げのキッカケ、動機、背景が丁寧な言葉で綴られています。
続けていく中で大事にしていること、新しい企画を育ててゆく流れ、とっても面白いです。

読んでいて思ったのは、自分の言葉遣いが他人から影響受けてるし、言葉の選び方だけでも時代性があるなぁ、と。

面白い!、おもしろい!、いけてる!、やばい!、などなどが頭をよぎりました。

最後の「やばい!」なんていうのは、自分じゃ使いません。
在りし日の堂島ムジカでスタッフさんから聞いた話から。
マスターが高校生?か専門学校の人に対して紅茶の講座をしたときに、よい、素敵、とっても感動した!という時に使ってた言葉だと紹介してくれました。

さて、件の本でも、掲載当時の文章や画数の多い難しい漢字がそのままで出てきます。
本から浮かび上がる時代性があるんですよね!

ちょっと話は飛びますけれども、物語する芸術祭in空堀、終了しました。
スタッフなので広報で色んな所にマップ付きパンフレットを置いてもらいに行きました。
その一つが、大阪市の北側にある中崎町、葉ね文庫さん。
マップ付きパンフレットを届けた日は、たまたま雑誌を編集した関東にお住まいの詩人の方が来られるイベント日で。

もったいないから参加したんです。
その時、その場のやり取りの詳細は書きませんが、とってもとっても白熱したイベントになってしまって。
でも、実は一番感じたことは「ここに集まった人たちが発する言葉は、少し貯めがある。」「ことばをとっても大切にする人たちだな」って。

実は、物語する芸術祭in空堀のたぶん一番大きなきっかけは、まちライブラリーブックフェスタ2017in関西で大阪市中央区エリアで、何かエリアを見せる企画をしてもらえないかと打診があったというところから。
だから、自分じゃ違う話をしてるつもりはないんです。

ここらで、まとめに入りたいと思います。

まちライブラリーは、人によっていろんな面を切り取れると思います。
今回のこのブログ記事で表したいのは、まちライブラリーのイベントって、世代間とかジャンルとか興味の違った人たちのやり取りが生まれる場所じゃないかな?というところ。
たぶん、二回目のまちライブラリー@もりのみやキューズモールの植本祭だったと思う。
イベントに参加してくれた小学生高学年の女の子と小さなお子さんのいる女性が一緒の会に参加してました。
自分がお世話人をやってるだいたい新月の会でも、世代が違っていたり。性別も違うことも多いけれど。

僕は、そういうところがとっても面白いし、素敵じゃないかなと思ってます。
本って、そんなに即効性のあるツールじゃないのに、イベントたくさんやってるまちライブラリーブックフェスタってヘンっとも思ってますけれど(笑)

IMG_6721.JPG

ところで、この文章を書くのにかけているBGMは「確かめに行こう」。
3人組のロックバンド、ピロウズのシングルにもなっていない名曲。

僕の記憶だと雑誌に「ピロウズの曲は、辛い人に刺さるんですよね。」という書き方されてたと思ってた。
で、実際に確かめると違ってた(笑)

「心に染みる」とか「心に忍びこむ」とか(Talking Rock!10 OCTOBER 2009 No.016 P.47)
というわけで、まだまだ続くまちライブラリーブックフェスタの中にいる気分を書き表してみました。

大衆紅茶屋とティーハウスムジカ堂島店は謳っていました。

大衆紅茶屋とティーハウスムジカ堂島店は謳っていました。日常的に紅茶を飲んでほしいという想いが込められていたように思います。 スターオブベンガル、アッサムCTCと同じく日常使いにできるリーズナブルなミルクティー向きの紅茶。ティーコージーは、堂島店で使い込まれたお下がり。最初はたぶん綿がしっかりして少し固かったろうに、今じゃめちゃふにゃふにゃです。 あなたのティーハウスムジカ堂島店との思い出は、何ですか?よかったら聞かせてください。 大阪の伝説の老舗紅茶屋さん「ティーハウスムジカ堂島店」について、おしゃべりする茶話会を開きます!ムジカの紅茶飲んだことあるけれど、どういうとこだったの?とか一回しか行ったことないけれど、何があったの?とかを話すゆる~いお茶会です。4/30(日)午前午後の2部制、どちらも同じ内容です。2013年まで大阪堂島にあったティーハウスムジカ。今は、芦屋に移転されて茶葉販売を中心にムジカティーとして営業を続けておられます。ムジカの紅茶を飲みながら、元店員(アルバイト)と元常連を中心に参加者の皆さんでティーハウスムジカのことを語りたいと思います。場所: 大阪市天王寺区空堀町11-8、露地再生複合施設 宰(つかさ)、2F 「種ノ箱」日時: 4/30(日) 10:00-12:00(午前の部)、 14:30-16:30(午後の部)。参加費:2000円。※ムジカのティーコージー(ポットカバー、保温帽)を持ってきていただいた方は、100円割引。募集人数:8名限定(主催者のぞく)お申込みはメールで、takiho@chaai.info までお送り下さい。#ティーハウスムジカ #堂島 #紅茶 #ティーコージー #大衆紅茶屋 (Instagram)

大衆紅茶屋とティーハウスムジカ堂島店は謳っていました。
日常的に紅茶を飲んでほしいという想いが込められていたように思います。
スターオブベンガル、アッサムCTCと同じく日常使いにできるリーズナブルなミルクティー向きの紅茶。
ティーコージーは、堂島店で使い込まれたお下がり。
最初はたぶん綿がしっかりして少し固かったろうに、今じゃめちゃふにゃふにゃです。
あなたのティーハウスムジカ堂島店との思い出は、何ですか?
よかったら聞かせてください。
大阪の伝説の老舗紅茶屋さん「ティーハウスムジカ堂島店」について、
おしゃべりする茶話会を開きます!

ムジカの紅茶飲んだことあるけれど、どういうとこだったの?
とか
一回しか行ったことないけれど、何があったの?
とかを話すゆる~いお茶会です。

4/30(日)午前午後の2部制、どちらも同じ内容です。

2013年まで大阪堂島にあったティーハウスムジカ。
今は、芦屋に移転されて茶葉販売を中心にムジカティーとして営業を続けておられます。

ムジカの紅茶を飲みながら、元店員(アルバイト)と元常連を中心に参加者の皆さんでティーハウスムジカのことを語りたいと思います。

場所: 大阪市天王寺区空堀町11-8、露地再生複合施設 宰(つかさ)、2F 「種ノ箱」
日時: 4/30(日) 10:00-12:00(午前の部)、 14:30-16:30(午後の部)。
参加費:2000円。
※ムジカのティーコージー(ポットカバー、保温帽)を持ってきていただいた方は、100円割引。
募集人数:8名限定(主催者のぞく)

お申込みはメールで、takiho@chaai.info までお送り下さい。

#ティーハウスムジカ #堂島 #紅茶 #ティーコージー #大衆紅茶屋

ミルクティー、三段活用

愛用しているムジカティーのポット大は、これもムジカティーのティーカップで3杯分がちょうど注ぎ口の一番下にあたります。

ミルクティー向きのタンザニアの紅茶「アフリカンブライドティー」を飲むのに、meijiのチョコをブラック、ミルク、ハイミルクを用意。

IMG_5465.JPG

ムジカのポットを使うときは、基本的に茶葉をいれたままにしてます。
そうすると、一杯目の比較的薄めのときは、ブラックチョコで。
それほど濃くないので、エグミがほとんどなく、ちょうど。

二杯目の少し濃くなったときは、ミルクチョコで。アフリカンブライドティーは、ほとんどエグミのない軽めの紅茶なんですけれど、このときは少し多めに茶っ葉を入れてしまって、ミルクチョコで、ちょうどいい感じ。

そして、三杯目の濃いのは、ハイミルクチョコで。エグミを感じてしまったので、ミルクも紅茶に投入して、ミルクティーに。ええ感じにチョコとミルクティーを楽しめました。

というわけで、チョコのミルク感とミルクティー向きの紅茶との楽しみ方のご提案。

いかがでしょうか。そんなに大変なことはないと思うので一度お試しを〜

今更ながら

作っているメーカーの色というか個性というのがありますよね。
車とか、有名メーカーの住宅の工法とか、服、コップにしても。

お茶でも同じです。
多くの場合、作ってる、正確に言うとブレンドしてるところの狙いというかクセというか、個性というかそういうのが出てきます。

僕自身は紅茶はムジカティーのを飲むことが多いのですけれど、今朝堂島ブレックファーストを飲んで、そのあとにビューリーズのゴールドブレンドを飲むとどっちもミルクティー向きだけど、ずいぶん違う印象でした。

先日、釜炒り茶を飲む会という飲みくらべの会を種ノ箱で開催したんですけれど、これもやっぱり作り手さんの違いで随分違う印象。

image.jpeg

楽しくもあり、お茶をいれる方からすると違いを把握して特徴をつかまないとおいしくはいらない面もあって、まぁ研究というか調査のし甲斐があるってもんです。

お茶だけなら単純な話でも、お菓子と一緒にとか、食事の後だとか、そういう組み合わせが出てくると、また違ってきたり。

あと、場所だとか、一緒にいる人とかで違ったり。

そんなこんなで楽しみ方はいろいろあるもんです。

最近は写真を撮って、SNSにアップする楽しみというのも増えたんじゃないかな。

インスタグラムの画像ばかりだったので、ちょっとは文章を書いてみました。

では、また~♪

10年前の記念紅茶の缶とその10年後の記念紅茶の缶と。うん、やっぱりハッピーバースデーってのが似合う言葉なんだろうか。開けて飲む時に美味しく入れっ!と気合を入れますかね〜 #セイロンティー #ムジカティー #セレブレーションブレンド (Instagram)

10年前の記念紅茶の缶とその10年後の記念紅茶の缶と。うん、やっぱりハッピーバースデーってのが似合う言葉なんだろうか。開けて飲む時に美味しく入れっ!と気合を入れますかね〜 #セイロンティー #ムジカティー #セレブレーションブレンド (Instagram)