いろいろある普段使いの急須たち

普段使いの急須のことを書こう書こうと思って、なかなか書けず。
とりあえず、どんなことを考えていたのかを書いてみます。

使っている急須たち(使っていた急須を含む)

自分で最初に買ったのは、ハリオのガラス急須の後ろ手持ち。

ハリオ アジアン急須 丸型 QSM-1

新品価格
¥1,522から
(2014/11/10 09:48時点)

コレは、紅茶以外のお茶を淹れようとして、購入。
見た目がきれいで、お茶の葉っぱが開いていくのを見るのが好きだった。
ガラスだから、香りも付きにくい。
器が熱い方が良い紅茶で使うことは少なかった。
ある時、注ぎ口をしっかり洗おうとして、注ぎ口を破損させてしまい使えなくなっちゃった。
同じ物を買っても良かったけど、違う形のガラスのポットも使ってみたくなって、今はない。
今あるのは、こんなの。

ガラスポット、二代目。

 

一番よく使うのは、右手用の横手持ちの朱泥の急須。

横手持ちの朱泥の急須(大)

京都府南山城村のイベントでの頂き物。めちゃ重宝してる。
もともと、ガブガブ飲むタイプなので、マグに一杯分がちょうどいい。
主に、浅蒸し煎茶、ほうじ茶で使ってる。
深蒸しの場合は、ちょっと気を付けないと、美味しく入るタイミングがずれる。
基本的に緑茶を入れるのに淹れやすい。
使うにつれて、中に茶渋が付いてきたけれど、それもなんかいい感じ。

 

一つ上の、ちっちゃい版も持ってる。

横手持ちの朱泥の急須(小)

普通の湯飲み、一杯分くらい。
小さくなった分、蓋を取った後の口径が小さいので、ちょっと洗いづらい。基本は上と同じ。
少な目に飲みたいときに使っている。

 

宝瓶は、たまに上等な煎茶、玉露を淹れるのに使うのが多い。

宝瓶

蓋を取った後の口径が大きいので、氷だしするときは、よく宝瓶を使う。
後ろ手、横手の急須と手や腕の動かし方が違うので、久々に使うときは体の動かし方が、ぎこちない。
使用頻度が、ティーマグ、ポット、横手持ちの急須、宝瓶の順番なのが影響してそう。

 

実家だと、土瓶型の蓋の上にツルのある急須を使う。
一人分の小さいのと、それの4倍ほどの容量の。

土瓶タイプの急須(小)

これで、上等な煎茶も、普通の煎茶も、ほうじ茶も、玄米茶も、時には深蒸し煎茶も淹れる。
中の陶器の丸い網の穴が比較的大きく、茶葉がでてくるので、別途茶こしを使うことが多い。
たまに茎茶を淹れるときは、茶柱をみたいから茶こしを使わないこともある。

写真を撮って気が付いたこと

横手持ちの急須は、右手用と左手用があります。
僕は右利きなので、右手用を使っています。
左手用の急須は、日本茶の専門店でないと置いているところが少ないかも。

後ろ手の急須と、宝瓶と、土瓶タイプは、右手用、左手用がないので、家族と一緒に住んでいて、右利きと左利きの人が同居している場合は、横手持ちより、こちらの方がいいかも知れません。

ブログの記事にしようとして困ったこと

それで、どれがいいとか、オススメとか、初めて急須を手に入れようとしてる人を想定して書こうとしたんだけど。
何が困ったかというと、イベントで貰ったとか、実家に元からあったとかで、ほとんどが自分で買っていない。
たまたま、手元にきたから使っているだけで、積極的に選んだ訳じゃないので、「選択」する場合を想定して、書けなかったんです。
僕がたまたまなのかも知れないけれど。

まとめ

急須のない御家庭もあるかと思って、書こうとした記事なのですが、僕の場合は参考にならないかも知れません。
それでも、どんな日本茶を飲みたいかで、使う急須が異なります。参考になれば幸いです。

注意点として、最初は余り高いのは買わない方がよいと思います。
普段使うのに高すぎると、使うのに気後れしちゃいますから。



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村