茶こしなしで紅茶を頂く(OP編)

以前、茶こしが無い時の紅茶の入れ方という記事を書きました。
前回はBOP相当だったので、今回は葉っぱの大きいOPで実施してみました。

使ったのは、D&Departmentのスペシャリティーダージリン。

 

image.jpg

一杯目。
紅茶でも、茶柱が立つんです!
小さな茎が一本出てきて、立って漂っていました。

 

image.jpg

二杯目。
運良く、葉っぱは入りませんでした。

 

image.jpg

三杯目。暗くてわからないかもしれませんが、葉っぱが大量に入ってしまいました。

image.jpg

三杯目の拡大画像処理後。沢山、葉っぱが入っています。
飲みづらいので、箸でつまんで全部取ってからいただきました。

最後の三杯目は、葉っぱが入りやすいのが分かったので、ポットの蓋を取って中をみながら淹れれば、葉っぱのはいる量を少なくできるのではないかと思ったのでした。

ごちそうさまでした。

よかったら、無かったら困る紅茶の茶こしについて、考えるをどうぞ。
紅茶の産地で一番有名なダージリンもいかがでしょうか。

筆者個人のイベント予定 筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定