インドネシアの紅茶ジャワ・プリマを飲んで、淹れ方について語る

日本でよく知られている海外紅茶の産地は、インド、スリランカ、中国だと思います。
世界で最も飲まれているお茶の種類は紅茶なのですが、上記の3つの国だけで需要を賄えるわけもなく、他の国でも作られています。

IMG_5395.JPG
インドネシアの紅茶、ジャワ・プリマの一杯目。

インドネシアの紅茶、ジャワ・プリマをポットでティーカップ三杯分淹れました。お茶の色を専門用語で「水色(すいしょく)」と言いますが、比較的しっかりした色になっています。

ジャワ・プリマを初めて飲んだのは、堂島ムジカの喫茶で。
そのとき、お茶の味がどんなのだろうと3杯ともミルクを入れず、頂きました。
スタッフのNさんに、
「どうだった?」
と尋ねられたので、
「ミルクを入れず、最後まで飲んだけど、美味しくなかった」
と答えたところ、
「そりゃ、そうだわ(笑)」
えぇ、そりゃ、そうなんです。
メニューには、ミルクティー向きでミルクを加えて飲んでね、みたいに書いてあるんですから。

「お茶の味がどんなのだろう」を最後まで確認したかった。だから、ミルクを入れずにした場合、自分がどんな風に感じるかを知りたかったんだと思います。
というわけで、今回も、同じように最後までミルクを加えず、頂きました。少し渋いですね。軽く口に残ります。

自分のお茶を淹れるテーマとして、そのお茶がどんな香味の幅を持っているかを確かめて、ある瞬間の香味を切り出すというか取り出すと言うようなことを考えています。
そうすると、その紅茶を淹れたときに、飲む前に、どんな風な香りだから水色だから、飲んだときにこんな香味なんだという内容が気になります。
それを覚えるための方法として、上記の内容をやっていたんだと今では思います。

当時は、振り返ったことはなく兎に角、試す~!みたいな感じで飲んで、淹れて、味わってを繰り返していました。
そうして香味を体験して覚えて、紅茶の淹れるタイミングを再現できるように、経験に変えたんだと思います。

同じことを違う言葉で記載されているのを思い出したので、御紹介します。

紅茶の本をたくさん記述されている荒木安正さんの「新訂、紅茶の世界」に以下の記載があります。

まずはOrdinary Teasの中から一品を択んで「正しい淹れ方」にしたがって、毎度自分で淹れ方を工夫しながら、ひたすら多くの杯数を飲むことが総てなのである。

(230ページ、この文章の前の部分も、すごく面白い文章なので、ぜひこの本を手にとって確かめて下さい。)

本当にそうだなぁと思ったのでした。
「択んで」が珍しいと思ったので、pomera(DM100)の辞書(明鏡国語事典MX)で調べてみたら、以下の意味だそうです。

えらぶ【選ぶ】
[他五]
(1)二つ以上のものの中から、基準や好みに合ったものを取り出す。選択する。
「選挙で役員を選ぶ」
◇よしあしを区別して取り出す意では「択ぶ」とも書くが(「手段を択ばない」)、現在は一般に「選ぶ」を使う。
(2)よいものを取り集めて書物を作る。編集する。

今回は淹れ方を語ってみました(^-^)
それでは、楽しいティータイムをお過ごし下さい。



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村