どうすれば、このお茶おいしくなるんやろ?

うまみの強い、でも渋みが隠れている煎茶があります。
とあるお菓子とベストマッチな状態、つまり「うまいっ!」を体験したくて。

熱湯でさらっと。

お湯の温度、抽出時間、お湯とお茶っ葉の量を調整して、試しだめし。

そうやって探ってみて、どうすれば、ええ感じかを調べてみる。

ええ感じを体験できたら、めちゃ楽しくなります。
こういう幸せが増えたら、いいなぁ。

同じお茶っ葉で水出し。ずいぶん長めの抽出時間で。

と、そんなことを昨日を思いました。

では、また~

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

筆者個人のイベント予定 筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定