「日本茶AWARD2014」タグアーカイブ

【アクセスランキング】2014年12月(日本茶AWARD2014多し)

しばらくお休みしていたアクセスランキング、これからは月ごとにやってみます。
集計が済んでいなかった昨年の12月分から。

2014年12月のTOP10

  1. 終わったからいいよね。テイスティングの風景。 #日本茶 #日本茶AWARD2014 #テイスティング from Instagram
  2. 日本茶AWARD2014、サロンのトップバッターは、京都府相楽郡南山城村の中窪さん、かっこいい(^_^) #日本茶 #日本茶AWARD2014 #うまいお茶 from Instagram
  3. お煎茶が甘いっ!
  4. 結果発表(古くて新しい日本茶の品評会 – 日本茶AWARD2014)
  5. 日本茶AWARD2014が終了しました。新しい日本茶の世界が広がったかも知れない。 #日本茶 #日本茶AWARD2014 #イベント #渋谷ヒカリエ from Instagram
  6. 静岡★ブドウの香りがするお茶。高橋達次さんのサロン。(2014-12-7,15:15) #日本茶 #日本茶AWARD2014 #渋谷ヒカリエ #水出し from Instagram
  7. 伝統的な玉露や抹茶の覆いで使われる、よしずの作り方
  8. 茶こしが無い時の紅茶の入れ方
  9. 宮崎茶房、有機紅茶[みなみさやか]と「くるみ餅」。3位入賞、おめでとうございます! #和紅茶 #お茶の時間 #日本茶AWARD2014 from Instagram
  10. ムジカティーの紅茶を売っているところ

コメント

7位,8位以外は、12月の記事。日本茶AWARD2014の記事が多い中、3位の「お煎茶が甘いっ!」(この記事がランクインしているのが嬉しい)、10位の「ムジカティーの紅茶を売っているところ」が入りました。

前回のランキングはこちら。【アクセスランキング】2014年12月25日.



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

静岡、さすき園の白がなくなりました!振り返ると大事な話だと気が付いた。

少し前になくなりました。深蒸し煎茶のティーバッグ。
僕の好みとしては、ティーバッグを入れた深めのコップに、熱めのお湯を注いで、30秒ほどで、5回ほど上下させて頂くのがいい感じでした。

IMG_5275.JPG

入手したのは、東京の渋谷ヒカリエのD&Departmentにて。
日本茶AWARD2014のTOKYO TEA PARTYのときに、D&Departmentで、ムジカティーのコーナーをちょくちょく見に行っていました。
そこで知り合った方と色々お話する内に、さすき園の方だとわかりました。
ムジカティーのコーナーから少し離れたところに、商品が置いてあると伺ったので、移動して説明して貰いました。

さて、どのお店でも、力を入れている商品というのがあります。
この商品を手にとってもらったり、買って貰ったりするとお店の人が喜ぶというような。
さすき園の方とお話ししてたら、そういう話になり、ふと、数年前の尾道の日本茶屋さんで、帰りがけに購入した煎茶のことを思い出しました。

日本茶屋さんが目指すよいお茶のイメージがそれぞれ異なるので、ブレンド(合組といいます)や火入れ(簡単にいうと熱をかけることによる香りづけ)の仕上げが違います。
初めて伺ったお店で特徴は分かりません。そこで、煎茶のラインナップの違いを尋ねたところ、上級になるほど、青さが強くなるとのこと。
4種ある中で、下から2つ目を選んで、これ下さいとお願いしました。
そうしたら、お店の方の反応がそれまでの雰囲気と違って、熱が入ったというか、時間が経って、何を話したのかは忘れてしまいましたが、兎に角、雰囲気が変わったことを覚い出しました。

同じようなことが、さすき園の方とお話しているときにもあり。
で、お茶を入れ始めるまでは、食料品にしてもドリンクにしても、ほとんどスーパーで済ませていました。
そう言えば、スーパーで商品買っても、こんな経験はまず無いな。
専門店というか、商品に近い人と話すから、こんな経験があるんだ。

なかなか記事にできなかったのですが、スーパーとの違いを分かるのって、実は大切なことなのじゃないかな?と気付きました。
なので、その方向で記事にしました。

おしまい。ごちそうさまでした!



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

twitterで再掲して少しでも反応のあった過去記事(2015-02-25)

twitterに、コメントをつけて過去の記事を取り上げています。
ひとつでも、クリックがあった記事をコメントつきで紹介します。
なお、重複して取り上げた記事もありますが、コメントが違うので、そのまま載せました。

 

自分が興味を持った内容を記事に書いているので、他の方がどれに関心があるのかを知るためにまとめて見ました。

image.jpg

露地煎茶と思われるスッキリした味わい、天空ノ山茶(川内園)を飲みました!

日本茶AWARD2014のTOKYO TEA PARTY、テイスティングとサロン、エントリーされたお茶の販売ブース以外に、徳島県の天空ノ山茶シリーズのブースがありました。

三つの茶農家さんが、同じブランド名「天空ノ山茶」で販売されているようです。
三種とも試飲して、自分の中で一番「山茶」のイメージに近かったキレイな渋みとしっかりした香りと思った川内園さんのを購入しました。

IMG_5072.JPG

さて、大阪に戻って、淹れてみたのですが、なかなか試飲のイメージになりません。
高温で淹れても、しっかりした渋みではなく、旨みが効いてイメージした渋みと香りではない。なんでか、よく分からない。

 

そこで、煎茶の味を確かめる淹れ方にしてみようと、宝瓶を使いました。
一回目は、三つの小さめの茶碗を使って冷まして70℃のお湯で淹れる。
二回目は、二つの小さめの茶碗を使って冷まして80℃のお湯で淹れる。
三回目は、一つの小さめの茶碗を使って冷まして90℃のお湯で淹れる。
四回目は、沸かしたての100℃のお湯で淹れる。
で、香味を確かめたところ、尻上がりに覆いがされていない露地の煎茶と思われるキリッとした美味しいお茶だと言うことがわかりました。

と書いたのですが、記事に書くのをやらず、時間が経ちました。
そうすると、上記の操作の記憶も少し怪しくなり、レポートするには情報不足。

という訳で、撮影をかねて、もう一度、上記の煎茶の味を確認する淹れ方を行いました。

IMG_5242.JPG
一煎目。お茶うけはチョコまん。

一回目、70℃。抽出時間、約2分。覆いがされていないと思われる旨み成分が控えめな味。でも、渋みは全く感じない。

 

IMG_5243.JPG
二煎目。水色が濃くなりました。葉っぱも膨らみました。

二回目、80℃。抽出時間、約1.5分。キリッとした渋みと香りが出てきました。旨みも、まだ感じます。

 

IMG_5245.JPG
三煎目。水色、二煎目より少し明るいです。お饅頭、齧りました。

三回目、90℃。抽出時間、約1分。スッキリとした香りと適度に刺激的な渋みが良い感じ。

 

IMG_5247.JPG
四煎目。目分量で入れたお湯が少し多かったです。葉っぱも、随分膨らみました。

四回目、100℃。抽出時間、約2分。香りも渋みも良い感じ。でも、もう一煎淹れようとすると、出がらしの味になりそうだったので止めました。

こうやっていただくと、筋のいいお茶だったんだ、贅沢な香味を持つお茶だなぁということが分かりました。

ところで、僕はたいていの場合、上記の方法で、一旦どういう香味が対象の煎茶で出るか分かったら、自分の好みの香味が出そうな温度のお湯で、ザックリ淹れる方法に変えます。

なのですが、このお茶、ザックリ淹れる方法だと美味しく頂けなさそうということも、何となく分かったので、この後、どうしようかなと思いました。

最後に、天空ノ山茶に関するリンクを掲載します。

  • 天空ノ山茶(80g入り)詳細な説明がされています。
  • 「山茶」を商品化 三好ブランド構築委員会、山城の活性化を図る徳島新聞の記事です。商品化の背景などが記載されています。

おしまい。

最近気づいたこと。自分の性格って「フカボリ」というのかも知れない。

withnewsというサイトを見ていたら、フカボリという言葉を知りました。
深く掘り下げるの略のようです。

で、自分のお店訪問って、フカボリ傾向が強いと思った次第。
新しい店より気に入った店とか場所に行き続けてる。

東京渋谷駅から歩いていける青山ファーマーズマーケット。
日本茶AWARD2014のTOKYO TEA PARTYが渋谷ヒカリエで開催されるからといって、別に寄る必要はないのですが、そこはなんかおもしろそうと思ったら、二回三回と行きたくなる性格。(一回目は、こちらを御覧ください。)

朝早めに東京に着いて、TOKYO TEA PARTYが始まる前にマーケットをざっと見て、TOKYO TEA PARTYに行って、お昼の時間を随分すぎて、またマーケットの方に行って、入手したのが、このお茶

和のハーブティー店「お花茶」さんの黒豆ベースの5種類の国産100%のハーブティー、整え茶「ゆったり」。

お店の人にお話を伺ったところ、できるだけ国産のハーブを使うようにしているそうな。
他のハーブティーは一部に海外産がブレンドされていたのだけれど、この「ゆったり」は100%国産だったので、これを購入しました。

話は変わって、チャイ屋さんのカンテグランデ。大阪に何店舗もあるのですが、全部は行っていません。
用事があり、グランフロントに行ったので、少し前にお茶しました。
この写真の写っていないところには、ピーナッツの半分を散りばめたナッツトーストがあって、それを頂いたんですね。
で、数日前のJR鶴橋駅構内のお店で、アーモンドラスクに目がいきました。
おじさんはサーターアンダーギーを揚げてる最中で、「ほら試食!」と揚げたてを一個くれました。
おいしい!
という経緯があり、勢い、どっちとも購入することに。

IMG_5201.JPG

東アフリカの2つの国の紅茶をブレンドしたミルクティーで頂きました。
5枚ほど入っているアーモンドラスクの真ん中の1枚だけにレーズンが入っていました。
こういう遊び心スキです。

で、用意したミルクが半分余ってしまったので、もう一杯、紅茶を淹れることに。

IMG_5202.JPG

今度はムジカティーの堂島ブレックファースト。朝の紅茶の名前が付いていますが、夜でも飲みます。
レーズンがたくさん入ってる地元のパン屋さん、coccoyaさんのレーズンのラスクと一緒に頂きました。(なんと、このお店オリジナルの玄米茶、煎茶、コーヒーがありました。)
一個のレーズンをいいなぁと思った後で、たくさんのに出会って妙な感じです。

堂島といえば、最近あるイベントに参加したときのこと。
そこでお話しした方から、
「今まで飲んだお茶の中で、これは!というお茶は、どんなのですか?」
と尋ねられました。
僕の答えは、そのままの回答ではなく
「いつものお茶が一番だと思います。僕のいつものお茶は、堂島ブレックファースト」
「堂島というと、北新地のムジカですか?」
「はい、残念ながら堂島の店は閉めて、芦屋に移りましたが」
「えっ、そうなんですか?」
堂島ムジカが閉店したのを知らない人はまだいらっしゃるのですね。

飲んだお茶から、ツラツラと書いてみました。
フカボリから、遠くなってしまったので、ここらで、お開きにしたいと思います。

福寿園、玉露 金閣

手元に手頃な玉露がなく日本茶インストラクターの2次試験対策で、この玉露を購入した。
銀閣というのもあったが、そちらは煎茶と書いてあった。

試飲の内容は、こっちに書いたのでここでは書かない。
(試飲にカテゴリ入れているけれど、他のカテゴリに入れたくないので、すみません)

あべのハルカスで少量の玉露を探したところ、八女かこちらの二択だった。
八女は、日本茶AWARD2014のTOKYO TEA PARTYで購入した高木さんの本ず玉露があるので、この福寿園の金閣にした。

ざぁ~っと見てみたけれど、見落としがあったのかな?
ハルカスには少量の玉露は、あまり種類が無さそうだった。

京都だと、もっと多くあったような気がするけれど、イメージかな。
そもそも滅多に百貨店で購入しないから。

IMG_4976.JPG
40g入り。

あっ、昔の真似っこ等ゞ。いろんなお茶入れました!

ティーハウスムジカの最初の紅茶の提供方法を実際やってみました。
手鍋で沸騰させたお湯に、火を止め、そのまま紅茶葉を入れて葉っぱを開かせます。
手鍋から茶こしで濾して、予め温めたポットに、紅茶液を注ぎます。
ティーコジーをして、完成。
緩やかに冷めてしまいますが、時間が経っても、紅茶自体は濃くなりません。
ティーハウスムジカが紅茶専門店として紅茶を提供し始めた時期に、茶こしに茶葉を入れ、お湯で注いで、色付きの紅茶を提供している喫茶店が多かったそうです。
それで、ちゃんと紅茶の香味を味わって欲しいということから、ティーハウスムジカでは、ポットの中に茶葉を入れたままの提供に変えたそうな。
見た目は、ポットに茶葉が入っているときとは変わらない写真ですが、上記の方法で淹れました。

IMG_4970.JPG
地元ケーキ屋さんのロールケーキと尾道紅茶のキャンディ。細かく切り過ぎかも。

 

天日干しの番茶を入手したのですが、うっかり期限がすぐ切れるものを購入してしまいました。
淹れても、なんだか油っぽい苦手な香りがします。
でも、美味しく飲みたいので、金属製の鍋で少し炒ってやりました。
釜炒り茶の最後の乾燥のイメージ?かな。
香りが改善されたので、これを宝瓶にいれて、100℃の熱湯を注ぎました。
お猪口と小さな茶碗を合計3つ、用意して、廻しつぎをせず、1つ目がいっぱいになったら、2つ目、その次。
そうして飲むと、1つ目のふんわりした感じ、2つ目の濃さが丁度な感じ、3つ目の濃すぎてイヤな感じを受けました。
まぁ、これはいつものティーハウスムジカの紅茶の飲み方を時間を短縮して、やってみたイメージ。

玉露を急須「茶逢」にいれて、部屋にある一番小さな茶碗を用意して淹れました。
玉露は高級なお茶で、沢山飲むタイプのお茶ではありません。
マグで飲むことは、まずありません。
ちょびちょび頂く。
湯冷ましに先ほどの天日干しの番茶で使ったお猪口と小さな茶碗を使いました。
乾燥茶葉は、味の付いていない上等な海苔のような香り。
淹れて飲むと、アミノ酸類のテアニンたっぷりのダシっぽい旨みとホンの少しの軽く爽やかな青み。
6煎くらい飲んだ後、茶殻を見ていたら、日本茶AWARD2014のTOKYO TEA PARTYで淹れた後の玉露の茶殻を食べたことを思い出しました。
だし醤油などは部屋にはないので、小さめのお椀に鰹節入れ、醤油をたらす。
鰹節を箸で押さえながら、液体だけを一番小さな茶碗にいれて、茶逢から箸で茶殻を摘み、即席だし醤油に付けて頂きました。

口直しに、宮崎県五ヶ瀬町の赤藤さんの釜炒り茶を小さめの朱泥焼の急須を使って飲みました。
今度は、小さめの茶碗一つ。急須の中には3杯分入って、葉っぱが入ったまま。
1杯目、いい感じ。2杯目、少し濃い。3杯目、渋くなっちゃった。

で、玉露の茶殻の細かいのが入った一番小さな茶碗に即席だし醤油が残っている。
そのまま捨てるのは勿体ない。
というわけで、お餅を電子レンジで温め、細かい玉露の茶殻入り即席だし醤油をかけて、とろろ昆布を少し巻いて頂きました。
なかなかイケて、美味しかったです

IMG_4973.JPG
お餅with玉露茶殻入りだし醤油&とろろ昆布。

 

と、まぁ色んな方法でお茶は楽しめます。

おしまい。

ティーキャディーの封

久々にムジカティーの紅茶をティーキャディーで購入しました。
で、写真です。

IMG_4760.JPG

左、封なし。右、封あり。

 

IMG_4761.JPG

ちょっと残ってしまったけれど、まあまあ上手く剥がせた。
日本茶AWARD2014 TOKYO TEA PARTYの時期に東京、渋谷ヒカリエ8FのD&DEPARTMENTにて購入。

 

IMG_4762.JPG

 すっかり忘れていましたが、OPだと葉っぱが大きいので満タンです!

リズム♪〜お茶を淹れ始めて変わったこと〜

車で移動したり、電車で移動したり。
ルートが違うけれど、行くところは同じ。

手段が違うと、気持ちが変わる。
車は運転してたから、わちゃわちゃ。
電車は風景を楽しめる。

お茶を淹れ始めると、生活のリズムに変化が生まれた。
わちゃわちゃばかりの日常に、葉っぱが開くまでの割り込みの待ち時間。

大したことではないけれど、ちょっとの変化が面白い。

IMG_4633.JPG
静岡県富士市秋山園の普通煎茶、蒼風。自然仕立、手摘。日本茶AWARD2014の通し番号No.1。