「ほうろく」タグアーカイブ

お抹茶とほうじ茶と、お雛様

和室というか、木というか畳というか、そういうところにお抹茶なんだかよくって、陰影が綺麗な気がします。

点てたお抹茶の写真がいい感じで。

続きを読む お抹茶とほうじ茶と、お雛様

筆者個人のイベント予定 筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

いつもの玄米茶がおいしくない、を解決する試み!

「玄米茶がおいしくないんやけど、、」
妹から、年末に相談を受けまして、お正月に実家でその玄米茶をいれて飲んでみました。

どうやら湿気てしまったのか、玄米の香ばしい香りがほとんどしません。いつもの実家の玄米茶なので、本当はもっと玄米の香ばしい香りがするのですが…

さて、なにかおいしく飲む方法はないかな?と思い返してみました。すると、ゴマ炒り器を買ったときの台紙に、お茶の香り付けに!と書いてあったことを思い出しました。

と言うわけで、実験。

玄米茶をゴマ炒り器に入れて、

火で炙ります。

金属製で熱が通りやすいので、火にかけて軽く揺すったら、香りを確認を繰り返し。
香ばしくなったなとおもって、そのあともう一度火にかけて軽く揺すっていたら、白い煙がふわっと出たので、火から離しました。

ほうろくの時のように、急須にそのまま入れようとすると、急須の口から玄米茶がこぼれちゃうので、一旦お皿に。

こんな感じ。

少し緑の部分が茶色くなってます。

急須に、炙った玄米茶を入れて、お湯を注いで。

30秒から45秒くらい待って、湯飲みに注ぎます。

どうやら、ほうじ玄米茶になったみたい。最後の一滴まで、注いで、

黒豆と一緒に戴きました。

玄米の香りがまあまあ戻って、ほうじ茶の軽い香ばしい香りと、元々緑茶に含まれている軽いエグミがちょうどで、ほっこり美味しかったです。
ごちそうさま。

おまけ。
実は、実家でゴマ炒り器を使ってほうじ玄米茶が美味しかったことは検証済みだったのですが、写真を撮ってなかったので、種ノ箱でもう一回やりました。
実家では、とら巻と一緒に(^^)

とら巻も、美味しかったです。

見た目が和風シュトーレンだった「とら巻」。

ごちそうさま!

おしまい。

よかったら、ゴマ炒り器で作るほうじ茶(実験風)をどうぞ。
お茶ないのん?…日常茶について考えてみるもいかがでしょうか。

筆者個人のイベント予定 筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

ほうろくがある時~、ほうろくがない時ー(ほうろくでできるようになったこと)

ほうろくという昔ながらの煎る道具があります。
ゴマとか豆とかを煎っていたそうな。

素焼きのほうろく。購入当初は、内側も白かった。
トロッピカル窯さんのほうろく。素焼きのより少し大きいので、多めにほうじ茶作るときは、これを使ってます。

筆者の関心は、お茶なので、もっぱら緑茶を煎るのに使っています。

さて、ほうろくに出会っていないときは、お茶を煎るということがそもそも頭の中に入っていませんでした。
はい、発想自体がありません。

ほうろくに出会って、緑茶を煎り煎りするようになったら、ほうろくとセットの緑茶を常に使って、炒り立てほうじ茶を楽しんでました。

お茶に関しては、ほうろくだけに関心あったわけじゃないので、産地に行ったり、日本茶屋さんを巡ったり、色んなお茶を買っていれてみたりしてました。

そうこうしているうちに、製造方法にも関心が及ぶようになり。
本から緑茶の製造方法、つまり製茶方法を学びました。

製茶の最終段階である袋詰めの前には、「火入れ」というざっくり言うとお茶を軽く焙って香りをよくする工程があるんです!

ということは、ほうろくがあれば、自分でも香りがそれほどやなぁと思った自分にとっては残念なお茶を焙ったら、香りが出てきたりするということ??

実際にやってみると、うまくいって香りがよくなったお茶もあれば、焦がした香りでウーン残念と思ったお茶も。

ちょっとわき道にそれますけど、茶香炉で緑茶をのせて焙られた香りを楽しんでたら、緑茶の種類変えたら、どうなるかな?という疑問が出てきて。
実際やってみたら、いい香りのするものもあれば、そうでないのもあったり。

と、いろいろやってきたつもりでも、まだ試していないことがあって。

最近は、炒り立てほうじ茶でチャイ(水と牛乳で煮出したお茶)をして、どういうふうな炒り立てほうじ茶を使うと好みのおいしさになるのか、調べ始めてたりします。

炒り立てほうじ茶を水と牛乳で煮出しているところ。
なんとなく黒蜜を準備して、炒り立てほうじ茶のチャイで、ティータイム。

さてさて、ほうろくのない時と、ほうろくのある時、今までの流れをさくっと書き出してみました。

ほうろくをお持ちの皆さんは、どんな風に楽しまれているんでしょうか?
ほうろくを持っていなくて、これからほしいと思っている方は、どんな風に楽しむんでしょうか?

なんか、お茶とほうろくで面白いことあったら、教えてもらえると嬉しかったりします(^^)

そんな感じで「ほうろく」愛について書いてみました。

手前味噌ですが、ほうろくで炒りたてほうじ茶というブログ記事、よく見ていただいています。
よかったら、のぞいてみて下さい。

では、また~

ほうじ茶、煎り煎り(小耳情報)

緑茶を煎るとほうじ茶になるって、知ってました?
そういえば昔は、ほうじ茶って、そもそも飲まないので、どんなものかを知らなかったような。

ここんとこ、ちょっとしたキッカケでほぼ毎日、ほうろくで緑茶を煎ってます。

茶香炉も出してきて、緑茶を二種類載せてみたら、香りが違うことに気づいたんですよね。

じゃぁ、手持ちの緑茶をざっくりいろんな種類を煎って、どういう香りになるのか、お湯を注いで、お茶にしたらどんな味になるのかを楽しんでるんです。

ほうろくっていうたった一つの道具だけれど、ちょっと新鮮な気分にさせてくれます(^^)

あ、ちょっと古くなったお茶は、ほうじ茶まで煎らなくても、軽くあぶるくらいでも香りが少し復活するんですよ!
ほうろくなくても、フライパンでも火加減うまくやれば試せるので、気が向いたら、どうぞ。

では、また〜

お煎茶って、甘いのあるんです。よかったら、お煎茶が甘いっ!(上等なお煎茶のいれ方)をどうぞ。
在来の手炒りほうじ茶物語もいかがでしょうか。

和菓子にふれて、見立てて、たのしむ

9月に入って、朝晩は涼しくなってきました。
種ノ箱にいて出窓を開けていると、露地から気持ちのいい風が吹き込んできます。

秋ですね〜

秋と言えば、なにを思い浮かべますか?

食欲、芸術、スポーツ、レジャー、、でしょうか。

先日、イベントで和菓子を取り上げたのですけれど、上菓子(生菓子の意匠凝ったの)は、いろんな形とか色とかひねりとかあって、見てて楽しいですよね。

白いお饅頭の真ん中にへこみがあって、そこに赤い点が打たれているお菓子をえくぼって言ったりして。

お月さんをみたからかもしれないし、おいしいもんを食べたいと思ったからかも知れないし、両方という気もしなくもないんですけれど。

白い丸い素焼きのほうろくで、炒り立てほうじ茶を。

お茶のおいしくなる季節がやってきましたよ〜♪
皆様、ほどほどにお楽しみください(^^)

では、また〜

よかったら、「うん、お茶のイメージって様々だな~♪」はいかがでしょうか。

明日2/5(日)11:00-19:00、種ノ箱は、ほうじ茶を炒る会をやります。お気軽にどうぞ〜♪#種ノ箱 #露地再生複合施設 #宰 #つかさ #玉造 #大阪 #ほうじ茶 #焙烙 #ほうらく #ほうろく (Instagram)

明日2/5(日)11:00-19:00、種ノ箱は、ほうじ茶を炒る会をやります。お気軽にどうぞ〜♪#種ノ箱 #露地再生複合施設 #宰 #つかさ #玉造 #大阪 #ほうじ茶 #焙烙 #ほうらく #ほうろく (Instagram)

地元のお茶の勉強会~ほうろくでほうじ茶編~

お煎茶からほうじ茶が作れることをご存知ですか?

お煎茶を適度に炒ると、ほうじ茶が作れます。
フライパンでもできるんですけれど、炒るため専用の「ほうろく」でやった方が楽しいです。

というわけで、地元のお茶の勉強会で、参加者の方からほうじ茶やりたい!とのリクエストがあったので、やりましたよ、ほうろくでほうじ茶。

カセットコンロにほうろくを置いて、少し熱した後にほうじ茶のもとになる煎茶を入れて。

IMG_1794.JPG

それぞれで、お煎茶の分量も違う、炒り加減も違う、同じ大きさの急須でお湯を注いで湯呑に注ぐタイミングも違う。

そうすると、作った人のほうじ茶は随分と違った印象のお茶になりました。

それから、別のお煎茶で僕が普段やっている感じで炒って、みんなで飲んで。
これも、他のと違うほうじ茶で。

一息入れる感じで、毛色の違う僕自身が去年の9月にブレンドした玉露を水出しで、いただいて。

お菓子が、ニッキのおせんべい。

これなら紅茶が似合うんじゃないかと、鹿児島産のべにふうきの外連味のないしっかりした国産紅茶を淹れて。

そうして、売り物のほうじ茶はどんな感じかを確認するために、ほうじ茶を淹れて。

都合、6種類。
ちょっと種類は多めだけれども、僕も含めて参加者の感想は「ゆったりとお茶を楽しんだよね」。

IMG_1795.JPG

次回は、地元ではなく僕が新しくオープンする種ノ箱でやってみることになりました。
さて、どんな印象を参加者の方も、僕も持つんだろう。

ちょっと、いや、とっても楽しみです!

焙じ茶をキッカケに〜ふわふわ書き出してみた〜

焙じ茶、あんまり買わないなぁ。
家族が欲しいと言ったときくらいかな。

買わないのは、焙烙(ほうろく、ほうらく)を持っているから。
煎茶を焙烙を使って炒れば、焙じ茶ができる。
炒り加減を調節できるし、ひとまとめに炒って茶筒に入れておけばいいから。

でも、ときたま、珍しいのがあれば買うかな。
在来の焙じ茶とか、食べれる茎の焙じ茶とか、ミルク出し焙じ茶とか。
売り物であんまり自分ができなさそうなものだったら買ってる。

香ばしいところが好き。
紅茶より比較的どれも、あっさりしてるよね。
水色も透き通ってるし。

買ったほうじ茶、下北深炒りブレンドを淹れて飲みました。

38d24e3f-1a5d-4d43-9869-884e38f704f3

あ、言い忘れ。
自分で炒った焙じ茶と買ってきた焙じ茶は、たぶん同じにはならない。
元の原料の茶葉が同じであっても。というのは、使う道具や機械が違う、好みの炒り加減が違う。炒ってから経った時間が違う。
それに、淹れるときの気分が違う。
たぶん、そういうことなんだろうな…

あと少し残る煎茶 炒ってしまえ 腕が痺れて焙じ茶できた #短歌 #吟遊茶人 #ほうろく#一時間 (Instagram)

あと少し残る煎茶 炒ってしまえ 腕が痺れて焙じ茶できた #短歌 #吟遊茶人 #ほうろく#一時間 (Instagram)

鮮やかに。 #ほうろく で炒った #ほうじ茶 #水出し #おかし は うにチーズ味の #海老せんべい (Instagram)

鮮やかに。 #ほうろく で炒った #ほうじ茶 #水出し #おかし は うにチーズ味の #海老せんべい (Instagram)