「緑茶」タグアーカイブ

お茶を知ってもらうキッカケとして

自分のできる範囲でいろんな形のイベントをして、お茶に触れてもらう機会を増やそうとしています。

シチュエーションで選ばれるお茶が違うような気がしているんです。

お茶と言っても種類もあるし、飲む人の好みの合う合わないもあるはずだし、こういう時はこれやろっ!というのもあれば、これはちがうな、、というのも。

だから、ゆったりしたいときのお茶、気分を変えたいときのお茶、すっきりしたいときのお茶、癒されたいときのお茶、誰かと一緒に飲みたいお茶、とにかくおいしいお茶なんかがあるはず。

いろんな時と場合と相手とをひっくるめて、お茶に触れる機会が増えれば、知ってもらえるかと。

そんなことを考えてます。

本日の「緑茶を堪能する日」というイベントで準備も含めて、取り上げたお茶たち。

ざくっとコメント。


普通蒸しの煎茶は宝瓶で淹れるのが良さげ。


深蒸しの煎茶は、網の細かい急須で。


ゆず入りのかりがね煎茶は、すっきりしていて気分を変えてくれる。


青い番茶は、鼻の奥から青い香りが抜けるよう。


釜炒り茶は、お茶っ葉っぱの形状を見るのが楽しい。


煎りたてほうじ茶は、香りが部屋いっぱいに広がる!

すこしでも、お裾分けを感じて貰えばうれしいです。

では、また〜

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

ほうろくがある時~、ほうろくがない時ー

ほうろくという昔ながらの煎る道具があります。
ゴマとか豆とかを煎っていたそうな。

素焼きのほうろく。購入当初は、内側も白かった。
トロッピカル窯さんのほうろく。素焼きのより少し大きいので、多めにほうじ茶作るときは、これを使ってます。

筆者の関心は、お茶なので、もっぱら緑茶を煎るのに使っています。

さて、ほうろくに出会っていないときは、お茶を煎るということがそもそも頭の中に入っていませんでした。
はい、発想自体がありません。

ほうろくに出会って、緑茶を煎り煎りするようになったら、ほうろくとセットの緑茶を常に使って、炒り立てほうじ茶を楽しんでました。

お茶に関しては、ほうろくだけに関心あったわけじゃないので、産地に行ったり、日本茶屋さんを巡ったり、色んなお茶を買っていれてみたりしてました。

そうこうしているうちに、製造方法にも関心が及ぶようになり。
本から緑茶の製造方法、つまり製茶方法を学びました。

製茶の最終段階である袋詰めの前には、「火入れ」というざっくり言うとお茶を軽く焙って香りをよくする工程があるんです!

ということは、ほうろくがあれば、自分でも香りがそれほどやなぁと思った自分にとっては残念なお茶を焙ったら、香りが出てきたりするということ??

実際にやってみると、うまくいって香りがよくなったお茶もあれば、焦がした香りでウーン残念と思ったお茶も。

ちょっとわき道にそれますけど、茶香炉で緑茶をのせて焙られた香りを楽しんでたら、緑茶の種類変えたら、どうなるかな?という疑問が出てきて。
実際やってみたら、いい香りのするものもあれば、そうでないのもあったり。

と、いろいろやってきたつもりでも、まだ試していないことがあって。

最近は、炒り立てほうじ茶でチャイ(水と牛乳で煮出したお茶)をして、どういうふうな炒り立てほうじ茶を使うと好みのおいしさになるのか、調べ始めてたりします。

炒り立てほうじ茶を水と牛乳で煮出しているところ。
なんとなく黒蜜を準備して、炒り立てほうじ茶のチャイで、ティータイム。

さてさて、ほうろくのない時と、ほうろくのある時、今までの流れをさくっと書き出してみました。

ほうろくをお持ちの皆さんは、どんな風に楽しまれているんでしょうか?
ほうろくを持っていなくて、これからほしいと思っている方は、どんな風に楽しむんでしょうか?

なんか、お茶とほうろくで面白いことあったら、教えてもらえると嬉しかったりします(^^)

そんな感じで「ほうろく」愛について書いてみました。

手前味噌ですが、ほうろくで炒りたてほうじ茶というブログ記事、よく見ていただいています。
よかったら、のぞいてみて下さい。

では、また~

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

日常のおやつのお茶

ケーキとか、高級な生菓子とかのそんな特別なお菓子じゃなくて、日常のおやつと合わせるお茶って、どんなのかな?

そんなことを思い浮かべながら、焼き芋を準備して。

できあがるまでの、いい香りが漂ってくる待ち時間にクッキーとニルギリ紅茶を準備して。
渋みが少なく、やわらかいイメージ。クセが強くないので、飲みやすい紅茶。
インドの南東、セイロン島に近い地域なので、比較的にセイロンティーに似ていると言われます。
詳しくは、こちらの過去記事をどうぞ。インドの紅茶、ニルギリ

焼き芋とニルギリ紅茶の相性を確かめつつ、日本茶も試したいと、ほうじ茶。香ばしい茶色い日本のお茶、日常的に飲まれますよね。

焼き芋を食べきって、なんとなくもう少し調べたくなって、クッキーと玄米茶。炒った玄米を加えている緑茶。

なんとなく気分を落ち着かせて、お菓子を少しもりたてつつ、ほっこりするお茶という感じが、日常のおやつのお茶の用件かも。
そんなふわっとしたことを思いました。

皆さんは、おやつのお茶、どういうのを思い浮かべますか。
機会があったら、教えてもらえるとうれしいです。

では、またー

ほうじ茶、煎り煎り

緑茶を煎るとほうじ茶になるって、知ってました?
そういえば昔は、ほうじ茶って、そもそも飲まないので、どんなものかを知らなかったような。

ここんとこ、ちょっとしたキッカケでほぼ毎日、ほうろくで緑茶を煎ってます。

茶香炉も出してきて、緑茶を二種類載せてみたら、香りが違うことに気づいたんですよね。

じゃぁ、手持ちの緑茶をざっくりいろんな種類を煎って、どういう香りになるのか、お湯を注いで、お茶にしたらどんな味になるのかを楽しんでるんです。

ほうろくっていうたった一つの道具だけれど、ちょっと新鮮な気分にさせてくれます(^^)

あ、ちょっと古くなったお茶は、ほうじ茶まで煎らなくても、軽くあぶるくらいでも香りが少し復活するんですよ!
ほうろくなくても、フライパンでも火加減うまくやれば試せるので、気が向いたら、どうぞ。

では、また〜

サイズを変えてみたら…

お茶を飲むとき、どんな器でお茶を飲みますか?

手のひらより、大きいのですか?
小さいのですか?
同じくらいというのもありそうですね。。

器の大小で、お茶が入る量が変わります。

いつも使っている湯飲みとかコップを、小さいのや大きいの、サイズを変えるだけでも、感じ方が違って、満足感も変わったりします。

さて、日本茶専門店で、小さな湯飲みを見かけられたことがあるでしょうか?

高級な緑茶になるほど、小さな器で少量、濃い目のお茶を戴きます。
小さな器で頂くから、ほんのちょっと喉を潤すだけ。

それでも、ちょっとずつお茶を、舌の上で転がすように、味や香りや風味を楽しむ飲み方をすれば、味わいが深くなり、満足度が少し上がるような気がします。

ということは、大きな器で飲むときの飲み方と、小さな器で飲むときの飲み方が違うのかも。

大きな器だとグビグビ、小さな器だとチョビチョビ。
たぶん、そんな飲み方、お茶マニアになる前はしてなかった飲み方を今ならしてるような気がします。

今回は小さな器中心で書いてみました。
頭の中で、なぜか大き目のマグでチャイが飲みたいなぁ、早く涼しい季節にならんかなぁとか思ってます。

湯飲みとかコップの大きさを変えるというのは、ちょっとしたことなんだけど、意外に面白い要素が含まれているのかも知れませんね~

では、またー

適度なサイズ

そろそろ、種ノ箱は一年になろうとしています。
畳の部屋は、ほのかな香りが豊かだなぁと、ちょいと早起きして水出し番茶を仕掛けてると、そんなことを思いました。

さて、品種茶というのは、同じ特性をもった茶の木というのは、ここらで書いたと思います。
品種が同じでも味が違うというのは、どこが違うんでしょうか?

たぶん、土、気候、肥料のタイミング、生葉の摘み取りのタイミング、製茶の加工のやり方、乾燥具合、いれ方かな?と思います。

じゃあ品種の味、どういう特性があるかを知るには、どうしたらよいでしょうか?

思いつく答えを書き出してみると、

  • 同じ品種のお茶の産地ちがい
  • 生産者ちがい
  • 一番茶(だいたい初夏、ほぼ春)と二番茶(だいたい初夏の次、ほぼ夏)ちがい
  • 深蒸し茶にするか、普通蒸しの緑茶にするかなどの加工方法ちがい
  • 緑茶、半発酵茶(烏龍茶)、紅茶(強発酵茶)などの発酵度ちがい

かな。

あげてみると色々と比較の内容が変わることが、なんとなくわかると思います。

でも、これ全部をいっぺんに楽しみながらやるのは、ちょっと大変なんですよね。

お茶を同じ品種でそろえて、ちがい別に数を用意すること。
数がありすぎると、いれる道具も数が必要だし、いっぺんに飲んでも、よくわからなくなってしまうこと。
飲み過ぎたら、お腹が茶腹と言って、お茶で満タンになって、しんどくなってしまうこと。

みなみさやかを楽しむ茶会の準備。それ以外も楽しむ予定。

だから、当たり前かも知れないけれど、適度なサイズが大切かなぁと思います。

と、そんなことを思いました。

細かいことをふわふわと最近書き出してます。
では、また〜

紅茶向きの品種があるんです!

一つのお茶の木から、緑茶も紅茶も半発酵茶(烏龍茶)も作ることができます。
あくまで作ることができる、であって、向き不向きはあるようで、品種は緑茶向き、紅茶向きと言われたりします。

今のところ、日本では半発酵茶が少ないからか、半発酵茶向きという記述は見かけたことがないです。

さて、日本の紅茶向き品種には、「べに○○」と付けられるそうです。
たぶん、「べにふうき」をご存じの方はいらっしゃるのではないかと思います。
「べにひかり」、「べにほまれ」、「べにたちわせ」、これらは紅茶向きと言われます。
というか、この三つは紅茶で加工された物しか飲んだことがないです。

日本で一番栽培されている品種の「やぶきた」は、緑茶でも紅茶でも飲んだことがあるんですけれど。

品種でなにが変わるかというと、味や香りが変わります!

日本で作られた紅茶、和紅茶とか国産紅茶という名前で見かけることが増えてきています。
緑茶より、品種の名前が書いてあることが多いように思います。
品種に注目して、入手したり飲んだりして味や香りを楽しむのも、お茶の楽しみ方の一つだと思います。
「わたしは、やっぱり△△(お好きな品種名で)が好みやわ〜」を頭の中とか、心の中で呟いてみてください〜

IMG_2101.JPG

それでは楽しくおいしいお茶ライフを〜
では、またー!

在来と品種茶と製茶と…

お茶の味を決める要素は、いろいろあるような気がします。

いれ方だったり、製法だったり、品種だったり、栽培方法だったり、土地とか土の味だったり、保管状況だったり。
たぶん他にもあるんじゃないかな、と思います。

タイトルにいれた在来とは、その土地で育ったというような意味。お茶の場合だったら、だいたい種から育った一つ一つの株で、味や香り、成長の特性、病害虫に対する耐性が異なる。

品種茶というのは、一つの茶の木から枝を取って、枝分けして苗を作って、同じ特性をもつお茶で茶畑を構成して作った感じ。

栽培したお茶を製茶で、緑茶にしたり、半発酵茶(烏龍茶)にしたり、紅茶(強発酵茶)にしたり。

お茶は、多くの場合ブレンド(合組)して、味や香り、値段を調整して品質を保っています。

でも、品種があったり、栽培方法が違っていたり、製茶の仕方が違っていたり、そんなことをたまには、これどうなっているんだろう?と思うことは、結構頭の中をくすぐるんじゃないかな、と思いました。

冷茶総選挙で、10種類の冷たいお茶が並んで面白いなぁと思って、時間が経って、なんでかな?をキッケケに、さくっと書いてみました。

ee0ca6e8-969a-4443-8ebc-21de1435b67f

おいしくたのしいお茶ライフを送りたいですね(^^)

では、また~

緑茶を飲みたいのは、どういうときですか?

たくさんの種類をお茶を持っているので、それぞれで飲みたい時が違うのですけれど、無性に緑茶、それも上等な煎茶が飲みたいときがあるんです。

それは、どういうときかというと、疲れているとき、気分を落ち着けたい、リラックスしたいときなんです。

春に茶の木の新芽が出てきてから、適切なタイミングで覆いをすると、アミノ酸の一種「テアニン」を多く含むお茶っ葉を作ることができます。

テアニンは、リラックスをもたらす成分だとか。

なので、上等な煎茶飲みたくなるのかも。

水出しすると、お茶っ葉からでる成分が異なります(日本茶インストラクター協会の会報、「茶論」No.63の「お茶屋さんのための水出し緑茶ネタ本より」に書いてありました。)。
そういうことも知っとくと便利かも。

(普通蒸し)煎茶を常温の水、20分で水出し。

それはともかく、たのしいお茶ライフを〜

では、またー

続々々々関心⇄楽しむ(ゆるいお茶会)

前回の「続々々関心⇄楽しむ(シェアしてみたら)」では、関心から楽しむに変えるのに、これに関心があるんです!と一声あげるだけでも変わるかも、、ということを取り上げてみました。

ここら辺から、既に楽しむの割合が増えていっているような気がします。

ところで、自分がこれにハマってるねん!というのを自分だけで止めていたら、広がりというか、賛同者というか、仲間は増えませんよね。

前回、手揉み緑茶体験をしたと書いたんですけれど、出来上がった緑茶を実家の家族と一緒にいただいたんです。
たまたま、瑞々しくとっても美味しいお茶になってて、「これ、どこで買ったん?!なんぼしたん!」と言われちゃって。

一人だけ楽しんでいれば、そんなびっくりするような反応もなかっただろうし。
たぶん、これに味を占めて、うまいもんをみんなで分け分けしていただくのって、面白いなぁと思うキッカケになったような気がします。

一時期実家で毎週、何かお茶とお菓子を出していました。この写真は、ムジカのラグジュアリーセイロンと地元のケーキ屋さんのモンブラン。

イギリスの上流階級のイメージだと、女主人がコーディネートを考えてセッティングして、紅茶をふるまうのでしょうけれど。ちょっとたいそうで、気後れしちゃいます。

それより、みんなが持ち寄って、わいわいするゆるいお茶会の方が自分は好きです。

地域のマップを使ったお菓子中心の持ち寄り茶会。

色んな楽しみ方ありますけれど、みんなで「せーのっ」と出し合うのは、ちょっとした発表会でワクワクしますね。

そういうやり方もどうかな?ということを書いてみました。

保存

保存